コレナレ!お役立ち情報!
健康

若白髪の原因や対策方法を知って悩みを解消しよう!

Combing hair

若白髪の原因が気になりますが、原因は様々なことが考えられます。

自分の原因を知ることができれば、有効な対策も可能になるでしょう。

ここでは、原因や対策法について紹介していますので、疑問や悩みもすぐに解消できます。

なぜ若白髪になるのか原因が気になる!

なぜ若白髪になるのかと、原因が気になっている人も多いのではないでしょうか。

原因はメラノサイトという色素細胞が関係しています。

色素細胞が髪に黒色を付けるのですが、何らかの原因によって色が付けられなかったのが白髪です。

色が付けられない理由として、一時的にメラニンの生成が行われない休止型、完全に生成が行われない欠失型があります。

若白髪の場合は多くが休止型なので、活動さえ再開すればまた黒い髪が作られます。

若白髪になる原因を知ろう

では実際に若白髪になる原因とはどんなことがあるのでしょう?考えられる原因をリストアップしてみました。

【ストレス】

10代・20代の年代で多いのがストレスです。この年代は、進学や就職によって環境が変わりやすいことからストレスを受けやすく、このことで白髪になる人も多いようです。

小学生でも中学受験をするケースもありますし、中学になれば部活動の厳しい指導を初めて受けることになります。このような環境によってストレスを感じる子も多いです。

進学校に行けば、毎日の学習についていけずにストレスを感じることもあるでしょう。

ストレスを感じると自律神経が乱れやすいですし、筋肉も緊張しやすいので血流が悪化します。

血流が悪くなれば必要な栄養成分が毛母細胞に届きにくくなり、このことで色素細胞の働きも衰えることで白髪が増えることにもなります。

【栄養不足】

栄養が不足していれば白髪の原因となります。

若い人の中には、無理な食事制限によってダイエットをする人も多いです。小学生の女子でも、芸能人やモデルに憧れて無理なダイエットをする子もいるでしょう。

また、偏食の人も髪の毛の生成に必要なタンパク質やミネラルが不足することがあります。

必要な栄養を摂取していないことで、正常に髪の毛が生成されず白髪となってしまいます。

【睡眠不足】

睡眠不足もお髪の毛に大きな影響を与えます。

人は活動している時には交感神経が優位に働き、就寝中は副交感神経が優位に働いてリラックスしている状態です。

交感神経が働いている時は、血管を縮小させて血圧が高い状態です。睡眠不足の人は、この状態が長く続くために毛母細胞に栄養が届きにくくなります。

また、睡眠中は髪の毛の生成に必要な成長ホルモンが分泌されるのですが、睡眠不足によってこのホルモンの分泌量が減ることも原因の一つです。

【眼精疲労】

毎日パソコン作業をしていれば目が疲れますが、その作業をしていない人でもSNSやゲーム、スマホなどによって目を酷使していて、目を酷使すれば眼球付近の筋肉が固まってしまいます。

ここの筋肉が固まると頭部の筋肉も凝り固まりやすくなって血行不良を起こすことも原因です。

【病気】

白髪は、貧血症や慢性的な胃腸病、甲状腺の病気なども原因の一つです。

内臓が弱るとカルシウムの吸収が悪くなって白髪の原因となります。病気が心配な人は内科で一度診察を受けると良いでしょう。

 

原因に有効な対策をして若白髪を予防・改善しよう

それでは実際に原因に有効な対策方法どんなことができるのでしょうか?以下にまとめてみました。

【こまめにストレスを解消する】

ストレスは大きな原因ともなることから、日頃からためない工夫が大切です。

運動にはストレス解消効果がありますし、運動で血流改善にもなります。また、楽しい時間が過ごせる趣味を持つことで、ストレスを解消することにもつながるでしょう。

【睡眠を十分にとる】

睡眠をしっかりと取れば副交感神経が優位になり、体をリラックスさせることができて血流も改善します。

成長ホルモンは22時~2時に多く分泌されると言われているので、夜更かしをせず、この時間帯は十分に良い睡眠がとれるような生活リズムをつくりましょう。

【寝る前のスマホやパソコンの使用は避ける】

寝る前にテレビやスマホ、パソコンなどを使うことで、様々な情報が入ってくるので脳が興奮してしまいます。

また、電子機器の画面から発するブルーライトは、光の中でもとても強い光なので目が覚めてしまいます。

寝る前にこのような電子機器などを使うことで、睡眠不足ともなることから、寝る1時間前には使用を避けると良いでしょう。

【栄養バランスを考えて食事をする】

対策をするためには栄養バランスを考えて食事をすることが大切です。

白髪に有効な栄養成分としては、

  • たんぱく質
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム

があります。これらの栄養成分のバランスを考えた食事は有効な対策となるでしょう。

毎日栄養成分などを調べて料理を作るのは大変と感じてしまいますが、事前にいくつかの料理レシピを用意します。

必要な栄養素を含む食材を調べて、それを使った料理レシピをいくつか用意しておくことで、料理を作る際に何を作ろうかと悩む必要もなくなり、毎日手軽に効果的な食事をすることができるでしょう。

【今すぐに対策をしたい時にはヘアカラーを使う】

体の内側からのケアでは、効果を実感するためにはどうしても時間がかかります。

すぐにでも対策をしたい人は、ヘアカラーで染めてしまいましょう。ヘアカラーなら、翌日に多くの人の目につく場所に出かける時でもすぐに対策ができます。

【ヘッドスパを活用しよう】

白髪の大きな原因が血行不良なので、ヘッドスパをすることで有効な対策になるでしょう。

美容院などではこの施術を用意しているところも多いので、髪を切る時には、このヘッドスパを一緒に利用すると白髪に悩まされない生活が送れるようになるかもしれません。

【対策をする上での注意点】

有効な対策をするためには、頭皮トラブルの原因にもなる毛穴詰まりを解消する必要もあるので、頭皮環境を清潔に保つケアをしましょう。

また、白髪を見つけると抜いてしまう人もいますが、無理やり抜くと毛乳頭や毛母細胞が傷ついてしまう原因になるので、抜くのではなくカットするようにします。

若白髪は体質が原因の場合もある

原因には色々ありましたが、生まれつきの体質によって白髪になりやすい人もいます。

なぜ体質的になりやすいのかは、科学的に分かっていないため、医学的に効果的な対策ができないのが現状です。

しかし、若くして白髪が増えると精神的ストレスも感じやすく、余計に増やす原因ともなってしまうでしょう。

そのため、このような体質の人は、ヘアカラーで染めるのが有効な対策法となります。

染めて精神的な負担を減らすことで、増えにくい状態になるかもしれません。

メラニン色素を作る成分を摂取して若白髪の原因を解消しよう

若白髪を解消するためには、髪の毛を作る細胞を活性化させるだけでなく、黒色の色素を作り出すことが重要です。

そのための成分として有効なのが、チロシンやチロシナーゼです。これらの成分はメラニンを作るのに有効な成分です。

チロシンは、大豆やアジ、卵黄などに多く含まれ、チロシナーゼはエビやカニなどの甲殻類、貝類、ココアなどに含まれています。

日頃から黒色色素に有効な成分を摂取することも心掛けましょう。

まとめ

若白髪は、何らかの理由によって黒色の色素が髪につかないことが原因です。

その原因には、ストレスや睡眠不足、栄養不足など様々な原因があるとされています。

どのような原因で症状を引き起こしているのかを考えて、自分に合った対策します。

ただ、若白髪は体質によって起こるケースもあるので、このような場合では染めることを考えると良いでしょう。

メラニン色素を作る有効な成分を摂取するなどして良い対策をすれば、白髪に悩まされない生活を送ることができるようになります。

関連記事
▶︎薄毛に効果あり?噂のランブットとは何なのか?|口コミ・評判のリサーチ結果報告
▶︎
薄毛の原因はストレス!関連性や対策まとめ!
▶︎前髪の薄毛が気になる人に贈るその原因と対策4選
▶︎抜け毛は毛根をチェック!これで変わる抜け毛対策!
▶︎抜け毛が増える季節っていつ?季節別抜け毛対策!
▶︎枕に抜け毛が!枕に抜け毛がついている場合の注意点

関連記事