コレナレ!お役立ち情報!
健康

枕に抜け毛が!枕に抜け毛がついている場合の注意点

太陽の中の男性

朝、目が覚めてふと枕に目をやると抜け毛が!これまで気がつかなかったがこれはハゲる前の前兆なのかとても気になります。

今回は枕につく抜け毛を解説していきます。この記事があなたの抜け毛のお悩みの解決になれれば幸いです。

関連記事▶︎薄毛に効果あり?噂のランブットとは何なのか?|口コミ・評判のリサーチ結果報告

枕に抜け毛が!もしかしてハゲてしまうのでは!

早ければ30代くらいから抜け毛に敏感になってきて、枕に抜け毛を発見!もしかしてハゲてしまうのだろうか、aga(男性形脱毛症)の症状が出てきたのかなどと不安になることがあります。

まず、髪の毛は一定の周期で生え変わりますので、抜け毛があることは普通のことです。だいたい一日平均一日50本~100本程度は抜け毛があります。

特にシャンプーの時や睡眠中は髪の毛に摩擦が起こりますので、抜け毛が目立ちます。抜け毛が気になる方は年齢的なところも気になるのではないでしょうか?

早ければ20代後半、普通30代になってくると、抜け毛が気になってしまう方も多いようです。確かに年齢とともに薄毛になる可能性は上がっていく傾向があります。

では、その気になる抜け毛のサインはどんなものがあるのでしょうか?

枕についた抜け毛が以下の場合は要注意!!

抜け毛がつくのは普通のことですが、以下の場合は普通でない場合がありますので手遅れになる前に注意しましょう。

急な抜け毛の増加

「あれ、最近、枕につく抜け毛の量が増えた」と思ったら要注意のサインです。では、何本から危険なの?という疑問もありますが、何本が基準となるかを判断することはとても難しいです。

なぜならば、ヘアサイクル・髪の毛の量など、個人差があるので基準はありません。過度の心配は必要ありませんが、抜け毛が増えた、増えたような気がするならば、抜け毛を心配して対策をした方がよいでしょう。

抜け毛の髪の毛の質にも注意

髪の毛には一定の周期で生え変わることはご説明したとおりですが、生え変わるわけですから、成長が終わり次に新しい髪の毛が生えてくるために抜けるので髪の毛は太いはずです。

なのに細い髪の毛だと成長できずに抜けてしまっているので、髪の毛がトラブルになっている可能性があります。

抜け落ちた髪の毛が細かったり、産毛だったりする場合は要注意です。

睡眠時の抜け毛の理由

抜け毛の理由は、不規則な生活・AGA(男性形脱毛症)・ストレスなど様々な理由がありますが、睡眠時の抜け毛にはどのような理由があるのかを見ていきましょう。

睡眠不足

髪の毛の元となるタンパク質の合成させるために必要な成長ホルモンが分泌されるのが睡眠中になります。よって、睡眠不足は抜け毛、そして薄毛の原因となります。

頭皮の脂・汚れ

頭皮が汚れたままだと皮脂が酸化して、菌が繁殖し、頭皮の炎症の原因となっていまいます。

これは、シャンプーをすれば解決できますが、次に枕カバーが汚れていると、同じく雑菌が頭に付着して同じ原因となってしまいます。

頭を清潔にすること、そして枕カバーも清潔にしておきましょう。

関連記事▶︎薄毛に効果あり?噂のランブットとは何なのか?|口コミ・評判のリサーチ結果報告

ドライヤーの使いすぎ

ドライヤーで髪を乾かさないのもいけませんが、髪の毛の乾かしすぎも抜け毛の原因となります。

ドライヤーの熱は頭皮を傷つけますし、乾かしすぎも髪の毛の水分並びに頭皮の水分を飛ばしてしまい痒みやフケの原因となってしまいます。

髪の毛の乾かしすぎには注意しましょう。

睡眠と育毛の関係

育毛対策には、食生活など生活スタイルを健康的に保つことや、ストレスを減らすことも大切です。

睡眠には成長ホルモンの分泌を促す効果の他に、ストレスの解消や不安を取り除く効果もあり育毛には欠かせないことです。

よい睡眠で髪の毛を育てよう

それでは育毛の為の良い睡眠のとり方についてご説明しましょう。

眠る前の準備をしよう

眠る90分〜120分ほど前に、入浴すると良い眠りを得るには効果的です。体が温まると眠くなったりしますよね?

人間は深部の体温が下がる時に眠くなるというメカニズムがあるので、一度入浴により体温をあげると、その後90分から120分後に体温が下がり入眠しやすくなります。

入浴するときのお湯の温度は38度から40度の間で、ゆっくりと浸かりましょう。そうすることで良い睡眠に結びつく上に頭皮をマッサージするのも効果的です。

また、眠る前にパソコンやスマホを見るのはやめましょう。ブルーライトの影響で脳が覚醒してしまったり、脳に情報が送られることで脳が興奮状態になり入眠の妨げになってしまいます。

22時~2時の間のゴールデンタイムを大事にする

成長ホルモンが分泌される時間は22時~2時の間と言われています。

そのゴールデンタイムを有効活用するには、その時間帯に眠りにつくのではなく、成長ホルモンは眠りについてから約1時間後から分泌され始めるので、最低でも22時の1時間前には眠りにつかなければなりません。

まとめ

枕に抜け毛がついていることはほとんどが普通のことですが、抜け毛の質によっては注意が必要です。

抜け毛が枕に多くつくようになったら早期に薄毛対策を実行されることをおすすめします。

健康管理や日々の習慣で気をつけることもできますので毎日の生活に抜け毛対策、育毛習慣を取り入れましょう!

また抜け毛の種類を見極め専門家に相談されることもおすすめです。

今日はじめる抜け毛対策で10年後のあなたの姿は大きく変わるかもしれません。

※それでも薄毛が気になるという場合、自毛植毛という方法が一番の簡単な解決策かもしれません!今はこんな簡単な方法で薄毛を解決できるんですね?!
⬇︎
自毛植毛

関連記事
▶︎薄毛に効果あり?噂のランブットとは何なのか?|口コミ・評判のリサーチ結果報告
▶︎薄毛の原因はストレス!関連性や対策まとめ!
▶︎前髪の薄毛が気になる人に贈るその原因と対策4選
▶︎抜け毛は毛根をチェック!これで変わる抜け毛対策!
▶︎抜け毛が増える季節っていつ?季節別抜け毛対策!

関連記事