コレナレ!お役立ち情報!
健康

とろけるチーズはそのまま食べても大丈夫?

Tacos

皆さん大好きなとろけるチーズ、加熱してたべる人もいればそのまま食べる人もいるでしょう。しかし、実はチーズにはそのまま食べてはいけないものがある事はご存知ですか?

チーズは様々な料理に使われていますが、そのほとんどが加熱されているものです。その理由は、チーズの種類によっては体に悪影響を及ぼすものがあるからなのです。

今回は、そのまま食べる事の出来ないチーズの種類を紹介するとともに、チーズの調理例についても少し紹介します。チーズが好きな人は、万が一にも間違った食べ方をしていないか確認するためにも目を通してください。

 

とろけるチーズはそのまま食べても大丈夫?

とろけるチーズはその名の通り、加熱して溶かしたチーズを楽しむ商品です。加熱用に作られてはいるものの、基本的には加熱せずとも食べる事は可能な成分になっています。

勿論元々が加熱用に作られているため、どうしても生食用に比べて味や風味が落ちてしまいます。それでもおつまみなどで食べる分には申し分ない味と言えるでしょう。

ですが、全てのとろけるチーズがそのまま食べられるかというと、中には食べる事の出来ないものもあります。では生で食べられないチーズの区別はどうつければいいのでしょうか。

 

そのまま食べられないとろけるチーズの種類

チーズには、大きく分けて二つの種類があります。作成の過程で調理されている「プロセスチーズ」と、発酵させたものをそのまま食べる「ナチュラルチーズ」です。

生で食べてはいけないチーズがナチュラルチーズであり、必ず調理して食さなければなりません。とろけるチーズはほとんどがプロセスチーズではありますが、中にはナチュラルチーズを使用したものもあります。

チーズの種類は品質表示の部分に記載されているため、食べる前にはよく確認しておいて下さい。特にピザのトッピングなどに使うチーズはナチュラルチーズである可能性が高いので、注意して下さい。

では、それらのチーズを生で食べるとどんな害があるのでしょうか?

 

とろけるチーズをそのまま食べない方がいい訳

生食用でないチーズを生で食べた際のリスクは以下の点です。

食中毒になる

ナチュラルチーズの中には「リステリア菌」と呼ばれる食中毒の原因となる菌が潜んでいる可能性があります。この菌を摂取すると食中毒の他、痙攣や筋肉痛などの症状を引き起こすのです。

この菌は加熱により死滅するので、どんなチーズでも加熱さえしてしまえば安心と言えます。ですから大丈夫か心配な場合は生食は避け、加熱して食べるようにしましょう。

本来の風味が活かされない

とろけるチーズと普通のチーズは成分が違います。とろけるチーズは加工によってチーズ内の脂肪や水分が溶け出しやすい造りになっているので、熱を加えると綺麗に解けるという訳です。

その分生食用に作ってはおらず、そのまま食べると脂っ気の味や旨味の薄さが目立ちます。チーズのおいしさを十分堪能しているとは言えないので、加熱調理をお勧めします。

特に食中毒を引き起こす菌は場合によっては重症になる事もあるので、必ず加熱して食べるようにしてください。では続いて、とろけるチーズの用途について解説します。

 

そのまま食べられないとろけるチーズの用途

単純に加熱と言っても、様々な用途が考えられます。一例を紹介するので、迷ったら試してみてください。

そのまま焼く

一番シンプルな方法で、火の通りもわかりやすいので失敗にしくいのが特徴です。加熱の際に料理の上に乗せて焼いてもいいですし、そのまま焼いて溶かしてディップとして利用してもおいしいです。

煮込む

スープなどの中に入れて一緒に煮込む事でチーズの風味を足すことができます。食感もきちんと残るので、具が無くてさみしいスープになりそうな時は試してみるといいでしょう。

揚げる

肉料理等と一緒に衣で包んで揚げると衣の中で溶け出して味の変化を楽しめます。ワンタンや春巻きに包んでもいいですが、加熱不足にだけはくれぐれも気を付けてください。

 

そのまま食べられないとろけるチーズを使ったレシピ byクックパッド

最後に、とろけるチーズを使った料理レシピをいくつか紹介します。ご家庭で調理する参考にしてください。

チーズせんべい

チーズ以外は何もいらない、チーズ100%のおせんべいです。作り方も簡単で、チーズを細かくしたものを分けてまとめて、レンジで一分強加熱するだけです。

味付けに塩コショウなどを振りかけるとなお味が引き立ちます。おつまみにも最適なので、家でチーズが余っていたらぜひ作ってみてください。

チーズタッカルビ

最近流行りの韓国料理で、チーズと鶏の相性が抜群です。時間も手間もかからないので、晩御飯のおかずに悩んだ時にはぜひ試してください。

作り方は鶏と玉葱を炒めたものに、チーズを後入れしてどろどろに溶かすだけです。食べる時は周りのチーズをディップソース代わりにして頂くのが良い食べ方です。

ピザトースト

パンとチーズで気軽にピザの味が楽しめる料理です。パンを焼くのとほとんど変わらない手間で作れるので朝食にも便利です。

作り方は、チーズと玉葱、ケチャップやソーセージなどをパンに乗せてトースターで焼くだけです。トッピングの自由度も高いので、気分でレシピを変えてみるのもお勧めです。

今回は特に作るのが簡単な料理をピックアップしました。因みに今回参考にした食べログにはプレミアムサービスもあり、登録すればよりレシピの検索がしやすくなるので一考してみて下さい。

 

まとめ

とろけるチーズにはそのまま食べられるものと食べられないものがあります。ナチュラルチーズを使っているものは食中毒の危険性があるので、生で食べないよう気を付けてください。

また、生で食べられるとろけるチーズに関しても、とろけやすくするために通常のチーズとは成分が違うのです。そのまま食べても味に違和感を感じる事もあるので、なるべく加熱して食べたほうがよりおいしく頂けます。

とろけるチーズを調理する際は、そのまま焼く他にもスープに混ぜて煮込んだり、揚げ物の具として揚げたりと言った調理方法があります。いずれの場合でも加熱不足には注意して下さい。

チーズはおつまみとしても重宝する食べ物なので、つい生で食べたくなる気持ちもわかります。ですがチーズの選択を誤ると、食中毒などの大きなリスクもついて回るのです。

今回紹介した事を参考にチーズを食べる時はなるべく加熱を、そうでないなら生でも大丈夫なチーズを選んで食べるようにしましょう。適切な食べ方をすれば、今までよりおいしくチーズを頂けるようになるはずです。

関連記事