コレナレ!お役立ち情報!
生活

自宅で溶けにくい氷は作れる!上手く作って便利に活用しよう

Ice

自宅でも溶けにくい氷ができるのかと気になりますが、正しい手順で作れば可能です。

作り方を知ることで、様々な場面で便利に氷を活用できます。

ここでは、長持ちをする氷の作り方を紹介していますので、悩みや疑問もすぐに解消できます。

 

溶けにくい氷を作るポイント

コンビニなどで売られているモノは、溶けにくい氷で透明なのに、自宅で作った氷はすぐに溶けて白いと感じている人もいるでしょう。

自宅で作ると溶けやすく白っぽくなる原因が、水に含まれる空気やミネラル成分、塩素です。

これらの色々な成分が購入したままで凍ってしまうと白く見える原因となります。

また、氷の中に空気が含まれていると氷に熱を伝えやすくなるため氷を早く溶かす原因となります。

自宅で長持ちをして透明な氷を作るためには、水の中に含まれている空気やミネラル成分、塩素などの不純物をできるだけ取り除くことが必要です。

 

正しい手順で作れば溶けにくい氷が作れる!

長持ちをして透明な氷を作るためのポイントが、空気やミネラルなどの不純物を出来る限り取り除くことです。

空気は水を沸騰させると取り除けます。空気を取り除くだけでも溶けにくくなると思いがちですが、沸騰させるとミネラルなどの濃度は高まり、逆に溶けやすい状態となります。

そのため、水を沸騰させるだけでは効果がなく、空気とミネラル成分もしっかりと取り除く必要があります。

ミネラル成分を含んだ氷は溶けやすいですが、凍らせる時には凍りにくいのも特徴です。

この特徴を活用してミネラル成分を取り除きます。この時には、冷凍庫の設定を「弱」にして水をゆっくりと凍らせることが大切です。

氷を作る冷蔵庫の冷蔵室は、通常-18℃~-20℃くらいに設定されていますが、この温度では周りから急激に冷やされるので、中心にミネラル成分が閉じ込められてしまいます。

沸騰した水をゆっくりと凍らせて、ある程度凍ってきたら、まだ固まっていない水を捨てます。捨てる目安としては、半分程度凍ったタイミングで良いでしょう。

ミネラル成分を多く含んでいる水は凍りにくいため、冷凍庫に入れると不純物を含んでいないところから凍るので、まだ凍っていない水はミネラル成分を多く含んでいます。

この水さえ捨ててしまえばミネラル成分のない部分だけで作れるので、長持ちして透明な氷ができるでしょう。

設定を弱にすると他の食品に影響を与えてしまう場合には、容器をタオルで巻く、製氷皿を使う場合にはラップなどで蓋をするなどして、熱伝導率を下げて急激に冷やすことを防ぎます。

 

溶けにくい氷を作るのが面倒なら便利なアイテムを活用しよう

ウイスキーなどを飲む時には、少しずつ溶けていく氷を使った方が徐々にお酒が薄まって美味しく飲めるのですが、飲み物によっては氷を使うと水っぽくなってしまうのが嫌だと感じるものもあります。

そんな飲み物を冷やすときには、溶けない氷のアイスキューブやアイスボールを活用してみましょう。

このようなアイテムは、何度でも繰り返し使えて、氷のように溶けてしまう心配もないので飲み物の濃度を変えることもありません。

氷のように無料というわけにはいきませんが、一度購入すれば何度も使え、ただ冷やすだけなので、氷を作る面倒な手間も必要なく手軽に飲み物を冷やすことができます。

 

溶けにくい氷を早く作る方法

長持ちをする氷を作るためには、ゆっくりと冷やすことが基本なのですが、この方法では、通常の氷を作る時より何倍も時間がかかります。

通常の氷を作る時と同じような時間で、長持ちする氷を作る方法はないのかと思う人もいるでしょう。

そんな人は、冷凍室の設定温度をそのままの状態にして、 完全に凍る前に取り出してアイスピックで氷を割って中の水を取り出しましょう。

通常の冷やし方では、中心に不純物が集まることになりますが、中心に集まった段階でその水を取り出してしまえば長持ちをする氷を作ることができます。

これなら、ゆっくり冷やして氷を作るよりも短時間で活用しやすい氷ができます。

 

物を冷やすための溶けにくい氷なら簡単に作れる

長持ちする氷を作るのは意外に大変だと感じた人も多いかもしれません。

しかしこの氷を必要とするのは、飲み物に入れるためではなくて、屋外でモノを冷やすためにこのような氷を作りたい人もいるでしょう。

釣りをよくする人なら釣った魚をクーラーボックスに氷を入れて冷やしたい人もいるでしょうし、キャンプをするときには、飲み物や食材をクーラーボックスで冷やすこともあります。

そんな時に使う氷であれば、水の中に塩を少々入れて凍らせるだけで簡単に長持ちする氷が作れます。

飲み物に使わない場合には、この方法で手軽に作ってみましょう。

 

まとめ

お店で売られているような氷を作るポイントは、空気や水に含まれる不純物を取り除くことです。

水を沸騰させれば空気を取り除くことができますし、ミネラル成分などはゆっくり冷やして途中で固まっていない水を捨てることで取り除くことが可能です。

このような氷を作るのが面倒と感じる時には、アイスキューブやアイスボールなどを活用するのも良いでしょう。

ゆっくり冷やすと時間がかかりますが、通常の温度設定でも周りが固まってからアイスピックなどで氷を割って中の水を取り出せば長持ちをする氷を作ることが可能です。

物を冷やすための氷であれば塩を入れるだけで簡単に作ることができます。

長持ちする氷を作ることで様々な場面で活用できるでしょう。

関連記事