コレナレ!お役立ち情報!
生活

大吉のおみくじを結ぶ理由!結ぶ以外の方法も紹介!

Fortune

神社の風物詩ともいえるおみくじ、大吉のおみくじは木に結ぶ人も多いでしょう。このおみくじを木に結ぶのはいったいどんな理由があるのでしょうか?

勿論木に結び付けるのにはきちんとした理由があります。さらにいうなら、手放したくない人のために、持ち帰った際の扱い方も勿論存在しています。

今回はおみくじを結ぶ理由の解説と、持ち帰った際の扱い方のおススメ方法、NG方法を紹介します。ご利益に少しでもあやかりたい人はぜひ参考にしてください。

 

大吉のおみくじを結ぶ意味

元々結ぶ行為自体に意味があり、「神様や神聖なものと縁を結ぶ」所から来ています。おみくじを通じて縁を結び、内容が無事に叶うよう願掛けをするのです。

また、木に結ぶことにも理由があります。長い間生きている木には神聖なものが宿るとされ、おみくじを結ぶことでその強大な生命力にあやかろうという所以もあるのです。

木に直接結びつけると木を傷めるという事から、最近では神社側が結ぶ専用のスペースを用意している場合も多いです。スペースを無視してそこら辺の木に結ぶことの無いよう気を付けてください。

因みに結ぶ際には、ひもを結ぶ時のような縦結びはNGです。縦結びは死装束などに使われる結び方であり、縁起が悪いので気を付けてください。

こういった理由から、おみくじは木に結び付ける事が多いのです。では、持ち帰ってしまうのは縁起が悪いのでしょうか。

 

大吉のおみくじを結ぶ以外の手法

結んで帰るの他にも、引いた後持ち帰っても問題ありません。縁起という面では持ち帰る事にも意味がありますので、自分の好きな方法を選んで大丈夫です。

元々おみくじの言葉は神様からの啓示で、神様から頂いた言葉は肌身離さず持っていたほうが良いとされます。よって結ばずに手元に置いておくのも十分に縁結びの効果があるといえます。

ちなみに神社によっては結んでも持ち帰りしてもいいところもあれば、必ず持ち帰らなければいけない所もあるようです。事前にサイト等で取り扱い方はよく確認しておきましょう。

続いて、持ち帰ったものの扱い方について解説してきます。

 

結ぶ以外での大吉のおみくじの扱い方(お勧め編)

持って帰るものに関しては、その後に以下の扱い方をすると縁起がいいとされています。

肌身離さず持っておく

前述の通り、神様からの言葉は常に持ち歩いておいた方が縁起がいいです。なのでおみくじを財布やバッグ等に入れて常に持ち歩く事で、ご利益を得る事ができます。

時間があるときに、内容を反芻するとさらに良い効果があるといわれています。すぐに見返せるという意味でも、手の届く所に保管して持ち歩く事が効果的と言えます。

大事に保管しておき来年古いおみくじを結ぶ

不要になったおみくじは、神社に納める方法をとってもいいです。一年間大切に所持し、新しいものを引いたタイミングで前のものを納める事で引き続きご利益を得る事ができるのです。

この時返納する神社は元々引いた所でなくても大丈夫なので、行きたい所に行って大丈夫です。家に保管する際には、一年の間になくさないよう気を付けてください。

 

結ぶ以外での大吉のおみくじの扱い方(NG編)

続いて、おみくじの扱い方でNGなものを紹介します。ご利益のありそうな大吉で変な扱いをするのは罰当たりなので気を付けましょう。

他の開運グッズと一緒に保管する

基本的に開運グッズは複数あると効果が高まるどころか、相殺しあって運気が低迷します。おみくじも扱いとしては開運グッズに近いので、財布などで他の開運グッズと一緒にするのは危険です。

雑に扱う

当然ながら、くしゃくしゃにしてしまったり破ってしまったりするのは縁起が良くありません。また、おみくじを捨てる際は神社に納めるのが習わしなので、ゴミとして捨てるのも控えましょう。

せっかくの縁担ぎも、罰当たりな管理方法ではご利益は得られません。目に見えないものとはいえ、そういった縁は大事に扱う事が大切と言えます。

 

結局大吉のおみくじは結んだほうがいいの?

結論から言えば、持ち帰っても結んできてもどっちでも大丈夫と言えます。結ぶか持ち帰るかは個人の考え方次第なので、その後の扱いを考えて決めると良いでしょう。

例えば、大吉はいい内容だからたまに見返したい、というのであれば持ち帰ッタ法が良いといえます。逆に大凶だったとしても、気を付けるべき点を見直せるからという理由で持ち帰る人も多いようです。

一方、持ち帰ったおみくじは地味に管理が大変です。自分にそこまで徹底する力がなくずさんに扱ってしまいそうだと思うのであれば、いっそ最初から結んできたほうがいいです。

つまりは引いた運勢によるのではなく、今後の扱い方によって決定したほうがいいといえます。別に手間のかからない方法を選んだとしても罰当たりにはならないので安心してください。

 

まとめ

大吉のおみくじを結ぶ理由は、「結ぶことで神様との縁結びをする」という部分からご利益をあやかるという意味があるからです。結ぶ際には、縦結びは不吉なので控えましょう。

結ぶ以外にも、持って帰っても大丈夫です。持ち帰ったおみくじは肌身離さず持っているか、一年大切に保管して新しいおみくじを引くときに神社に納めると良いでしょう。

結んでも持って帰ってもご利益の効果はあります。おみくじの内容次第で決めるとよりもその後の対応によってどちらにするのかを考えたほうが良い結果になるはずです。

大吉を引くと気分も良くなりますが、ずさんな扱いをするとせっかくのご利益も台無しです。今回紹介した方法を参考に正しい扱い方をし、神様にお祈りをしましょう。

関連記事