コレナレ!お役立ち情報!
生活

バスタオルの臭いは重曹で落とす!手順や効果を解説

Towels

放置したバスタオルから発せられる嫌な臭いは、ただ洗剤を使って洗濯しても取れない事もあります。実は重曹がこの臭いを落とすために効果的だという事をご存知ですか。

タオルを洗う際に適切な用法で重曹を使う事により、あの嫌な臭いを落とすことが出来るのです。洗濯は洗濯機頼みで他の方法を知らない人でも、これから紹介する方法なら誰でも手軽に臭い取りが可能になります。

今回は、重曹によってバスタオルの嫌な臭いが取れる理由と、洗濯の仕方について紹介していきます。なかなか取れない臭いに悩まされている人はぜひ参考にしてみてください。

 

重曹がバスタオルの臭いに効く理由

そもそもタオルから嫌な臭いがする理由は、タオルについた皮脂や油などが原因です。特にバスタオルは体中を直接拭くために用いるため、その際に体中の皮脂などがつきます。

これらは油性の汚れの為、水洗いである洗濯をしただけでは完全に取り切る事はできません。そして残った皮脂汚れに雑菌等が繁殖してしまい、臭いを発してしまいます。

汚れは、クリーニング店で油での洗いであるドライクリーニングを行う事で完全にとる方法もあります。とはいえ毎日洗うタオルをその都度クリーニングに出すわけにもいきません。

そこで役に立つのが重曹です。重曹はアルカリ性の性質をもっていて汚れを洗い流せるので、臭いを発する雑菌を繁殖元から絶つことが出来るのです。

このような理由から、重曹を利用した臭い取りが効果的と言えます。では、具体的にどういったメリットがあるのか見てきましょう。

 

重曹でバスタオルの臭いを落とすメリット

重曹には以下のメリットがあります。

アルカリ性は体に優しい

基本的に重曹は人や自然環境にも優しい成分となっています。例えば肌の弱い人でも安心して使う事ができるという訳です。

安価で手に入りコストパフォーマンスが良い

重曹は一般家庭なら誰でも持っているもので、また漂白剤等に比べコスト面でも安価な場合が多いです。何度も繰り返し利用する場合には、長期的に見るとこの差が大きく響いてきます。

生地に優しい

滅菌には、他に熱湯消毒等の方法がありますが、これらは風合いを損ねてしまいます。その点重曹を使った臭い取りは生地を痛めないので長く使う事ができます。

 

これらのメリットを重視する人は重曹を使った臭い取りを実践してみるといいでしょう。ただし、勿論デメリットも存在します。

 

重曹でバスタオルの臭いを落とすデメリット

重曹を使った際のデメリットとしては以下のものが挙げられます。安易に使う前に一度確認しておきましょう。

重曹に除菌効果があるわけではない

重曹の役割はあくまで雑菌の繁殖元である垢汚れなどを落とすことです。殺菌除菌の効果があるわけではないので、臭い消しに即効性がないのが欠点です。

熱湯消毒に比べると効果が薄い

重曹は生地を傷めにくい分、効果も控えめです。あまりに臭いがきついバスタオルなどには、重曹を使っても十分な効果が見込めない可能性がありますので注意です。

 

これらの特徴を考えると、重曹は臭いが定着しないうちに定期的に使った方が効果的と言えます。既に臭いのきついものをどうにかしたい場合は熱湯消毒に頼ったほうがいいでしょう。

 

重曹を使ったバスタオルの臭いの落とし方

では、実際に重曹を使った臭い取りの方法を紹介します。具体的には以下の二通りの方法があります。

①洗濯機を使う場合

重曹が溶け出すのは30℃前後からなので、洗濯には少しぬるめのお湯を使います。重曹を大さじ2~3杯程投入し、あとはいつも通りに洗濯するだけで大丈夫です。

臭いがきついものは、洗濯の前に付け置きで下処理をしておくと効果的です。

②直接つけ置きする場合

洗面器に60℃前後のお湯を張り重曹0.5カップ程度を溶かします。あとはそこにタオルを一定時間漬けこんでから洗濯することで、より効果的に臭いを取る事ができます。

漬け込む時間は3分程度でもいいですが、時間に余裕があるなら一晩漬け込んでも問題ありません。

 

洗濯機で重曹を使ってバスタオルの臭いを落とす場合の注意

ただし、臭い取りで洗濯機を使う際には以下の点に気を付けてください。場合によっては何度やっても効果が無かったり、大きな損失につながる事もあります。

お湯は必ずぬるま湯を使う

前述の通り、重曹が溶け出すのが30℃前後からです。冷たい水で洗濯をしてしまうと、重曹が完全に溶け切らず固まったままで、洗濯機が故障してしまう原因にもなるのです。

タオルをきれいにしようと思って洗濯機を買い替える羽目になっては目も当てられません。重曹を使う際は必ずぬるま湯を使って洗濯をしましょう。

洗濯槽の汚れ

もし何度試しても全く臭いが落ちないのであればそもそも洗濯槽自体が雑菌だらけになっている可能性があります。ここを掃除しないと、いくら洗濯しても効果が見込めません。

洗濯槽の掃除には、洗濯物と一緒に入れる事で洗濯槽の除菌を行ってくれるグッズを使うのが手軽です。まずは大本をしっかり除菌して、雑菌の繁殖を抑えましょう。

 

まとめ

バスタオルの臭いの原因は、体からでる皮脂汚れや油が付着したものに雑菌が繁殖するからです。重曹はこれらの付着した皮脂や油を落とすことができるので、臭い取りに効果的なのです。

通常の洗濯にぬるま湯を使って重曹を溶け込ませる事で簡単に臭い取りが可能です。ただし、冷たい水を使うと重曹が溶けずに故障の原因にもなるため、必ずぬるま湯で洗濯をしてください。

また、洗濯だけでは取り切れない臭いに関しては、事前に漬け置きをすることでより強力な臭い取りができます。しつこい臭いには、両者を併用してみるとよいでしょう。

バスタオルの臭いを取る方法はいくつかありますが、中でも一番安価で手軽に実行できるのが重曹を使った方法です。普段から臭いに悩まされている人はぜひ今回紹介した方法を試してください。

 

 

 

関連記事