コレナレ!お役立ち情報!
生活

ウォーターサーバーのデメリットを徹底解説!

コップいっぱいの水

ウォーターサーバーとはオフィスや病院などでよく見かけるボトル式冷温水器です。常に冷たいお水を飲むことができる便利なアイテムです!最近ではご家庭でも設置される方が増えてきています。

しかし便利な反面、ウォーターサーバーにはデメリットも存在します。そのデメリットを知らずに設置してしまうと後から想定外のことが起きる可能性もあります。

今回はそのウォーターサーバーのデメリットをご紹介しますので、ウォーターサーバーの設置をご検討されている方の参考になれば幸いです。

ウォーターサーバーのデメリットは何があるの?

まずウォーターサーバーのデメリットとしてあげられるのは設置スペースです。キッチン付近に設置することが多いと思いますが、キッチンには既に冷蔵庫や食洗機など大型の家電が設置されていると思います。

ウォーターサーバー自体が高さが大体1mほどありますので床置きの必要があります。その設置スペースを確保するために苦労される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

設置後もボトルの交換が定期的に必要になります。ボトルは12Lタイプが一般的ですが正直かなり重たいです。ご高齢や女性の方などには大変な作業になるのではないでしょうか?

そして宅配水会社によっては年間契約などの縛りも発生します。月々の最低購入量であるノルマを設けられることもあります。

一ヶ月間の宅配停止などはできる会社が多いですが、二ヶ月以上になると手数料をとられるケースがほとんどです。

契約期間中の解約ともなれば違約金が発生する場合もあるのでご検討中の宅配水会社の契約条件をしっかりと確認して下さい。

気になる月々のランニングコストも決して安くはありません。次はその維持費用についてご紹介します。

ウォーターサーバーは電気代が高いというデメリットが!

ウォーターサーバーは常に冷水とお湯を利用できるという最大のメリットがあります。しかしこれは裏を返すと常に電気を消費して温度を維持しているということです。

その温度維持のための電気代は大体月1,000円程度になります。それに加えてボトルが12Lで1,500円前後となるため合わせて月々のお支払いは2,500円前後になります。

年間で30,000円ほどのランニングコストになります。設置した場合の利用頻度などを想定して年間30,000円ほどをかけてもメリットがあるか検討してみましょう。

例えば電気ポットを使う場合でも月の電気代は大体1,000円前後になります。

お湯だけでなく冷水も常に使えること、水のボトルを定期的に自宅に届けてくれることなどを考慮するとウォーターサーバーの方がメリットがあると言えるかもしれません。

ウォーターサーバーは電気代が高いというデメリットがあるため、検討中の月々の利用料金とご自身の利用頻度を想定してぜひ検討して下さい。

ウォーターサーバーの最大のデメリット!?火傷に注意

常にお湯が使えるウォーターサーバーですが、これには思わぬ落とし穴があります。レバーやボタンを押せば誰でも簡単にお湯を出せるため、子供でも取り扱いができるということです。

最近ではチャイルドロック機能を搭載しているためそのon操作をしておけば大丈夫ですが、操作は手動のためon操作を忘れていた時に赤ちゃんが触って火傷をしたというケースもあります。

お子さんがいらっしゃるご家庭はレバーが高い位置にあったり転倒防止機能がついているサーバーなどを選んでお子さんの安全面も考慮して下さい。

メンテナンスはウォーターサーバーのデメリットになる?

ウォーターサーバーは衛生面も気になるところですよね?定期的にメンテナンスが必要になりますが基本的には宅配水会社によってメンテナンスが実施されます。

1〜2年ごとに業者よりメンテナンスの連絡が入りますので、空いている日に本体を回収してもらい洗浄したものが返ってきます。もしくはメンテナンス済みのサーバーと交換をしてくれます。

また、最近ではサーバー内にクリーニング機能が搭載されている機種もあります。そういった機種には抗菌加工されたクリーンフィルターなどがついてますので内部をきれいに保ってくれます。

安全を保つためのメンテナンスは必要ですが業者側が実施してくれます。1〜2年ごとというのは少々面倒に思うこともあるかもしれませんが、日々の中でデメリットに感じることはないかと思います。

しかし利用する中でカビやビニールなどの臭いが気になることもあるかもしれません。そういった場合はすぐに業者に連絡して見てもらいましょう。

デメリットはあるけど、それでも使いたいウォーターサーバー

ウォーターサーバーにはデメリットも存在することを紹介してきました。しかしデメリットがある反面、便利なのも確かです。

常に冷水やお湯を利用できるというのは忙しい現代人には嬉しいメリットです。っまた、水をきれいに保つためのクリーン機能やメンテナンスも充実しているためそこまで気にする必要はないかと思います。

実際に私の友人は自宅にウォーターサーバーを設置していますが、朝の出勤前、すぐにホットコーヒーを用意できるためそれだけでも助かっていると言っていました。

人それぞれウォーターサーバーに求めるメリットは違うかと思いますが、ご紹介したデメリットを念頭に置きながら本当に必要であれば契約するのは大いにいいと思います!

関連記事ピックアップ:レンタル料、送料無料、ガロンボトルが下から簡単交換できるウォーターサーバー

まとめ

ウォーターサーバーには設置スペースの確保が必要なこと、電気代が高いこと、お子さんが火傷をしてしまうケースもあることなどデメリットをご紹介してきました。

しかしもちろんデメリットばかりではなく常に安全な冷水とお湯を利用できることなどメリットも十分にあります。

契約をご検討の方はデメリットをしっかりと理解し、各社の料金体系などを見比べた上で後で後悔をしないように検討を重ねましょう!

 
関連記事