コレナレ!お役立ち情報!
学習

受験勉強!やる気を保つ効果的な5つの方法!

ゴール達成

受験勉強をするにあたって最も重要なことは、やる気や集中力の問題です。

勉強頑張れる方法、勉強する気になる方法を知りたいと思っている方、実際やる気を出すにはどのような方法があるのでしょうか。

そんな勉強をやる気がしないという方のために、勉強する気になる方法についてご紹介します。

受験勉強のやる気を出すには|①慣性の法則を使ってみる!

受験勉強をやる気が出ず、やる気をください、と思う時。とりあえず勉強してみると、意外にもやる気が出る場合があります。

これはいわゆる「慣性の法則」と呼ばれるもので、外から他の力が加わらなければ動き始めたものは等速度運動を続けるという法則で、ニュートンの運動の法則の1つです。

勉強を始めるまではやる気が出ない場合でも、一旦始めると勉強モードになるという経験はございませんか?

とりあえずスタートしてみる!そして勉強モードが始まるのに身を委ねる! こんなちょっとしたコツをしっておくだけでも受験勉強のプラスになるのではないでしょうか?

中にはやる気がでるまでに時間がかかる、なかなか学習への集中が出来ない、といったこともありますが、勉強を始めなければやる気が出る可能性はありません。

そのため、慣性の法則を使って、外から力を加え、(ここでは、とりあえず勉強をしてみる)という方法はやる気を出すための第一歩なのです。お試し下さい!

受験勉強のやる気を出すには|②環境を変える

講座を受けている時は集中出来るのに、家での学習に集中出来ない、という方が多くみられます。

そうした場合には、集中出来ない環境であることが考えられます。

そのため、自分で集中しやすい環境を整える、または集中出来る場所を開拓する、という方法がおすすめです。

受験勉強のやる気を出すには|③仮眠をとる

勉強中に眠気に見舞われると、どうしても集中出来なくなってしまいますよね。そうした際には、我慢せず仮眠をとりましょう。

20分~30分仮眠をとるだけで、頭がすっきりして集中することが出来る場合もあるので、我慢は禁物です。

受験勉強のやる気を出すには|④名言を参考にする

偉人達が残した名言の中には、受験勉強のやる気を引き出す効果があるような内容のものが多く存在します。

勉強する気が起きない時や、ネガティブな思考になってしまった際などに、そうした名言に救われたという方は非常に多くみられます。

そのため、やる気が出ない時にはやる気出ることに繋がる名言を参考にすることがおすすめです。

受験勉強のやる気を出すには|⑤気分転換をする

どうしてもやる気が出ない時には、気分転換をすることも大事。

勉強頑張る方法を探すことももちろん大事ですが、体を動かしたり音楽を聴くなど、リフレッシュすることで気持ちを前向きにすることに繋がります。

まとめ

受験勉強をする際には、常にやる気を維持することは難しいことです。しかし、やる気、集中力を少しでも長く維持するには様々な方法があります。

そのため、やる気が出ない時にはそうした方法を参考に、様々な工夫をすることをおすすめします。

上手くやる気を引き出し、受験を成功させるよう頑張りましょう。

関連記事