コレナレ!お役立ち情報!
健康

妊娠中にナチュラルチーズがダメな訳!徹底解説!

Praegnancy

妊娠中に食べてはいけない食材として有名なナチュラルチーズ。しかし実際の所どんな悪影響があり、なぜ食べるのがNGなのか熟知している方は少ないのではないでしょうか。

ナチュラルチーズは絶対食べられないのか?他のチーズは大丈夫なのか?ダメな原因を知らなければ他の食材が大丈夫なのかも分からずに疑心暗鬼に陥ってしまいます。

今回はナチュラルチーズが妊婦に与える影響を紹介するとともに、他のチーズは大丈夫なのかも見ていきます。胎児への影響が怖くてチーズに手を出せないという妊婦の方はぜひ目を通してください。

妊娠中にナチュラルチーズがNGな理由とは?

ナチュラルチーズには「リステリア菌」という食中毒を引き起こす菌が含まれており、これが妊娠中にナチュラルチーズを食べてはならない一番の原因に当たります。

リステリア菌自体はそこまで強力な菌ではないので平時に食べてもほとんど影響はありません。しかし妊娠中は体の免疫力が低下しているので、リステリア菌を摂取することで重症化する可能性が高まります。

リステリア菌に感染してしまうと、発熱、吐き気、下痢など食中毒と同様の症状がでます。そして一番恐ろしいのは、リステリア菌は胎盤を通じて胎児にも感染するという事です。

結果として妊娠初期の流産や死産の可能性が高まるため、胎児にとってとても危険な菌と言えます。このような理由から妊娠中にナチュラルチーズを食べるのはNGと言われているのです。

では万が一妊娠中にナチュラルチーズを食べてしまった場合にはどうしたらよいのでしょうか。

万が一妊娠中にナチュラルチーズを食べてしまったら?

基本的にはすぐに産婦人科医に相談するのがよいでしょう。症状を早期発見することが出来れば重症化する前に対処することができます。

特にのどの痛みや発熱、リンパ節の痛み等はリステリア菌に感染した際に発症しやすい症状として挙げられます。これらの症状がでた際には早急に病院に行きましょう。

勿論ナチュラルチーズを食べたからといって100%感染するわけではありません。しかし早く発見できる程胎児への影響も少なくなるので、万が一食べてしまった際はすぐに病院に行くことをおススメします。

このように非常に危険性の高いナチュラルチーズですが、調理方法や条件次第で少量であれば摂取できる場合もあります。

妊娠中でもナチュラルチーズを食べる方法!

妊娠中は我慢するのが一番いいのですが、我慢しすぎてストレスが溜まっては本末転倒というもの。以下の方法をとる事で、妊婦であっても少量であればナチュラルチーズを摂取することができます。

チーズを加熱する

ナチュラルチーズに含まれるリステリア菌は加熱によって死滅します。外食ではどの程度加熱されているか分からないので、必ず自宅で十分に加熱したものを食べるようにしましょう。

国産メーカーのものを食べる

日本で製造されているナチュラルチーズは管理が徹底されているのでリステリア菌に感染するリスクはほとんどありません。外国産は処理工程が不明瞭なので必ず国産チーズを選んでください。

勿論上記手順を踏んでも100%感染しないという事はありませんし、チーズの食べ過ぎは塩分過多や体重増加等別の問題を発生させます。ですから我慢できないときだけ少量摂取に留めるのが賢明です。

ちなみに他のチーズで代用したいという場合にはどうなのでしょうか。

ナチュラルチーズ以外のチーズは妊娠中でも大丈夫?

前述の通りナチュラルチーズでも加熱すればokです。したがって製造過程で加熱処理がなされているチーズは安全と言えます。

市販されているチーズで加熱処理がされているチーズには、主にクリームチーズやプロセスチーズが挙げられます。これらは製造過程でリステリア菌が死滅しているので妊婦でも安心して摂取できます。

チーズの種類は商品表示で確認することができるので、購入の際は間違えないよう気を付けてください。

妊婦の方は気を付けて!ナチュラルチーズを含む食べ物

原料にチーズを含む料理は、一目見ただけだとそれと分からず気づかない内に摂取してしまう事があります。外食や販売品などは製造工程が不明瞭なのでチーズに関連した製品は避けたほうが良いでしょう。

中でも特に注意しなければいけないのが、生のケーキや菓子パンなどです。これらは原料に輸入品の加熱されていないナチュラルチーズが使われている可能性があり、妊婦にとっては非常に危険な食べ物です。

成分表示で分からない場合はメーカー等の製造元に問い合わせて確認するしかありません。妊娠時には可能な限り食べないようにするのが無難でしょう。

(カエレバ)

関連記事