コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

it企業の偏差値を確認して良い企業選びをしよう

IT company

多くのit企業の中から就職先を選ぶのは大変ですが、そんな大変さを解消してくれるのが就職偏差値です。

就職偏差値で企業選びをすれば簡単なのですが、本当にそれでいいのかと不安を感じている人もいるでしょう。

自分に合った企業選びをすることができれば、充実した人生を送ることもできます。

ここでは、就職偏差値とはどんなものなのか、就職偏差値で企業選びをしても本当にいいのか、it企業選びでは何が大切なのかについて紹介します。

すぐに読み切れる記事なので、就職偏差率でit企業選びを考えている人はぜひ参考にしてください。


あなたはit企業の偏差値を知っていますか?

it企業への就職を考えている人は、就職偏差値を企業選びの参考にしている人もいるのではないでしょうか。

大学の入試では偏差値によって難易度を判断するため、企業の難易度も偏差値で知ることができれば一目で把握しやすくなるというメリットがあります。

it企業の就職偏差値はどのように掲載されているの?

この偏差値を初めて聞いた人は、どのように掲載されているのかと気になるところでしょう。

it業界ランキングでは、

75 Google

71 IBM

70 NTT研究所

69 Microsoft

68 accenture

68 野村総研

  ・

  ・

  ・

といった具合に掲載されています。

このように偏差値によってランキングを見れば、今どこの企業が人気なのか、難易度が高いのかも一目で分かるため、就職先選びで活用している人もいます。

it企業の偏差値に頼り過ぎない

就職先を手軽に選ぶ方法の一つとしてこの偏差値を参考にするのも良いのですが、そもそもこの偏差値の信ぴょう性に疑問を感じる人もいるかもしれません。

ネットでは、某掲示板のユーザーによってランキングされた偏差値が掲載されて活用されているようです。

この掲示板では、

・複数の内定をもらった人が最終的に選ぶ企業

・内定者の学歴が高い企業

・入社倍率が高い企業

を基準にして偏差値をつけているようです。

掲示板の利用ユーザーの中には、確かな情報を持っている人も多いのですが、そうでない人もいます。そんなユーザーで作られたランキングはあくまでも噂の範疇でしかないでしょう。

就職偏差値ランキングでは大手企業ばかりが名前を連ねていますが、it企業では知名度が低い、規模が小さい会社でも優良企業が多くあります。

it企業への就職を考えている人は、この偏差値で判断するのではなく、自分の手で集めた確かな情報から企業選びをすることが大切です。


it企業への就職では偏差値だけでなく自分が何をしたいかを考える

it企業は将来性もあり、このit業界の職業なら安定して仕事ができると考えている人もいます。

確かにit企業は安定感がありますが、その仕事は企業によっても様々で、まずはどのような仕事をしているのか、自分に合っている仕事はどんなことなのかをよく考える必要があります。

it企業の中には、システム開発やWebアプリケーションを開発するソフトウェア系企業、パソコンやスマートフォンなどの機械を開発するハードウェア系、Webサイトの企画や製作するWeb系企業など様々です。

そこで働くエンジニアにも、Webエンジニアやゲームエンジニア、テレビや車などの機械のシステムやマイコン開発を行う組み込み系のエンジニアもあります。

その他にもサーバーやネットワークのエンジニア、ユーザーの要望から仕様や設計をしてシステム開発を行うシステムエンジニアなどもあり、自分がどのような仕事に携わりたいかを明確にすることが大切です。

itの仕事は興味がない人には続けるのは難しい仕事で、この偏差値だけではどのような仕事をしているかを把握しにくいですし、自分に合った仕事なのかもわかりません。

就職偏差値だけでなく、あなたが長く興味を持って続けられる仕事なのかをよく考えて企業選びをするようにしましょう。

偏差値のよいit企業だけでなく幅広く情報収集をしよう

就職偏差値ランキングに掲載される企業の中には、ブラック企業とも呼ばれる過酷な労働を強いられるような企業も含まれることもあり、偏差値が高いからといって働きやすい企業というわけではありません。

就職するなら誰もが認める知名度の高い企業に勤めることができれば自慢にもなりますし、大手企業であれば体力があるので価格競争でも強く安定感があります。

しかし仕事は何十年も続ける必要があり、働きやすさはとても重要で、知名度が低くても、it企業の中には将来性があって働きやすい環境を整え、さらには給料も高い企業もあります。

長く仕事を続けるためには知名度や規模だけでなく、働きやすい環境か、将来性はあるかを自分の目で確かめて選ぶことも大切です。

そのためには就職偏差値や知名度の高い企業だけでなく、中小企業も含めた幅広い情報収集が重要です。

itのことに知識が不足していて企業選びが難しい人は、it勉強会に参加するのも良いでしょう。「it勉強会」で検索すると、全国の勉強会をまとめたカレンダーを見れるサイトもあり、どんな勉強会をしているのかも簡単に知ることができます。

勉強会で知識を深めることで、どんな仕事をするのかも把握しやすくなります。


まとめ

就職偏差値は企業選びの参考にはなりますが、それだけで企業選びをすると後悔することもあるでしょう。

特にit企業の仕事内容は多岐にわたるため、しっかりとした情報収集をして、企業がどのような仕事をしているのかを把握することが大切です。

就職偏差値はあくまでも参考程度にして、自分で情報収集をして企業選びをすることで、あなたにやりがいや夢をあたえてくれる仕事に就くことも可能になるでしょう。

関連記事