コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

webデザイナーの職務経歴書の制作法をご紹介

Web deign

webデザイナーになるために職務経歴書の書き方で悩んでいる人は、この職務経歴書でもアピールすることを考えてみましょう。

上手くアピールができれば採用される可能性を高めることができます。

ここではあなたの実力をアピールできる職務経歴書の制作法を紹介しています。短時間で読み切れる内容ですが、職務経歴書を製作するためのヒントをつかむことができるでしょう。

webデザイナーの面接では求められていなくても職務経歴書を提出しよう

webデザイナーの面接では過去の職歴も重要であることから職務経歴書の提出を求められるケースが多いです。

しかし会社によっては履歴書の提示しか明記されていないケースもあります。

このような場合では履歴書だけ持っていけばいいと考える人もいるでしょうが、面接ではしっかりと自己prする必要があります。

そのためには提出を求められていなくても職務経歴書も持参して履歴書と一緒に提出します。

あなたをアピールできる場ですから、しっかりとした職務経歴書を作成して自分の実力を全て見てもらった上で判断してもらいましょう。

職務経歴書でwebデザイナーの実力をアピールするポイントをお教えします

面接では自分の言葉でアピールをすることも大切ですが、職務経歴書を提出することで面接官があなたの実力を把握しやすくなります。しかしこのアピールも会社が納得できるような内容でなければいけません。

面接では、パソコンスキルとしてIllustratorやPhotoshopなどのソフトが使えることをアピールポイントとしたいと考えてる人もいるでしょう。

これらのソフトを使いこなすためには一定の経験も必要になりますが、現場ではこのようなソフトは使えて当たり前です。

アピールするのであればこのようなソフトを使ってどのような作品を作ったのか実績を伝えることが大切です。

またwebデザイナーでもコーディングの知識や技術があると印象も良いです。

アピールする時には実戦で役立つことを心がけて伝えるようにしましょう。

webデザイナーを希望する人の職務経歴書の書き方のポイントをお教えします

職務経歴書を書くときに、職歴だけを羅列するような書き方をする人もいるでしょう。

webデザイナーの仕事は分担作業を行うことが多く、その作業内容も多岐にわたります。

職務経歴書を書く時にはどのような作品でどんな作業に携わったのかを書くようにしましょう。

さらにその作業でどの点にこだわったのかも付け加えることでわかりやすい職務経歴書を書くことができます。

詳しく書くことで会社側もあなたがどのようなスキルを身につけているのかが分かりやすくなり、どのような仕事を任せられるのかが把握できるので採用される可能性も高まるでしょう。

webデザイナーの実力を知ってもらうには職務経歴書だけでなく作品も見てもらおう

面接で職務経歴書を詳しく書いて体験談を話すことであなたの実力を知ってもらうことができるでしょう。

しかし会社側は、職務経歴書だけでは本当にこれだけの実力があるのかと疑問を感じることもあるかもしれません。

このような場合でも自分が実際に作成した作品を見てもらうことで、会社側の疑問や不安を解消することができて採用される可能性を高めることができるでしょう。

履歴書と職務経歴書以外にも、イラストレーターなどで作った自分の作品をPDFに変換して提出してみましょう。

あなたの実力を知ってもらうには作品を見てもらうのが一番です。面接前には職務経歴書と作品も一緒に提出してしっかりとあなたの実力をアピールしましょう。

webデザイナーの実力を職務経歴書でアピールしよう

webデザイナーはクリエイティブな仕事でもあることから、クリエイティブ力をアピールしたいところです。

自分の作品を提出するのも良いですが、職務経歴書をwebデザイナーならではの作品に仕上げるのも良い方法です。

職務経歴書を詳しく書くだけでなく、そこに自分が制作したデザインやサイトなどの画像を貼り付けます。

レイアウトやフォントカラーなどにこだわった職務経歴書を作成することで面接官はあなたの実力を把握することができるでしょう。

まとめ

webデザイナーになりたい、転職したいと考えている人は、職務経歴書を提出するようにしましょう。

webデザイナーでの求人は経験者の募集がほとんどで、しっかりと実力を伝えることが大切です。

チームの一員として活躍できることをアピールできれば採用される可能性を高めることができるでしょう。

関連記事