コレナレ!お役立ち情報!
生活

湿気で髪がチリチリ!効果的な対策をご紹介

Curly hair couple

湿気の多い季節では髪がチリチリになって大変ですが、正しいヘアケア方法を知れば対策は可能です。

良いへケア方法を知ることで、湿気の多い季節でも朝のセットに悩まされない生活を送ることができます。

ここでは、この悩みに効果的な対策方法について解説します。

すぐに読める内容なので、湿気の多い季節のセットで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

あなたは湿気の多い時になぜ髪がチリチリになるのか知っていますか?

湿気によって髪の毛がチリチリになる理由は、キューティクルが関係しています。

キューティクルは髪を外からの刺激から守ってくれ、髪のツヤやしなやかさもこのキューティクルが関係しています。

キューティクルが損傷してしまうと、これらの働きが失われることとなり、チリチリの髪になりやすくなります。

またキューティクルが損傷している髪は水分を吸収しやすく髪がボサボサにもなりやすいです。

このことで湿気が多いと髪の悩みも増えることになります。

湿気で髪がチリチリになりやすい人のヘアケア・セットの方法

髪がボサボサにならない方法として、ヘアオイルやヘアオイルを使うのも良い方法です。誰でもご存知のように油は水をはじくことから、髪への余分な水分の吸収を抑えることができます。

長くヘアスタイルを保ちたい人はハードタイプのスプレーを活用しましょう。

キューティクルが損傷している人は、外出先でも流さないトリートメントを利用することで髪の状態を整えることができます。

洗髪時のシャンプーやトリートメントでは、キューティクルを修復してくれる、頭皮に栄養を与えられるような商品を選びましょう。

どうしても治らない時には、ヘアアレンジに挑戦してみてはいかがでしょうか。

三つ編みや編み込みなどをすることで、いつもとは違う自分を演出することができます。

ドライヤーやヘアアイロンの使い方のポイントを知って湿気での髪のチリチリ対策をしよう

湿気で髪がチリチリになりやすい人は、ドライヤーを使う時には乾燥し過ぎに注意をしましょう。

原因の一つが湿気であることから、しっかりと乾燥させたいところですが、乾燥のし過ぎは髪を傷める原因となります。

完全に乾くまでトライヤーを使うのではなく、乾き切る前でドライヤーを使うのをやめましょう。

仕上げに冷風を使うことでキューティクルを引き締める効果が期待できます。

ヘアアイロンを使う時には、根元にかけるのをやめる、多くの髪を一度にセットせずに少しずつかけるのがポイントです。

同じ部分に長時間あてると髪を傷める原因となるので注意をしましょう。

湿気で髪がチリチリになった時にはプロの力も借りてみよう

セルフケアでは難しい時でも、サロンで適切なケアを受けることですぐに悩みを解消させることもできます。

キューティクルは十分に髪に栄養が届いていないことでも損傷してしまいます。

そんな栄養不足の髪に、サロンでトリートメントをしてもらうだけでキューティクルを修復できるので悩みを解消することができるでしょう。

すぐにでも解消したい時には縮毛矯正やストレートパーマなどの施術を受けるのも良い方法です。

あなたはチリチリになる髪の原因は、湿気だけでなく硬くなった頭皮にもあることを知っていましたか?

頭皮が硬くなると毛穴の形まで変わってしまい、髪がチリチリになったりくせ毛になったりします。

毛穴の形が変わるのは、加齢が原因のこともありますが、血行不良によって頭皮が硬くなることで毛穴の形まで変わってしまうことも原因です。

この頭皮の硬さを解消するにはマッサージが有効です。

マッサージをするときには、

  • 頭皮を冷やさないように手を温めてから行う
  • 力を入れ過ぎない
  • 指の腹で優しくマッサージをする

などの点に注意をしながら行います。

まずは耳の上に両手を置いてサイドをマッサージしていき、額の生え際、後頭部の順にマッサージしていきましょう。

シャンプーをするときなど、頭皮のマッサージをして血流を良くすることでチリチリの髪の改善にもつながります。

まとめ

髪がチリチリになる原因は、キューティクルの損傷、湿気、毛穴の形にあります。

キューティクルのケア、頭皮の血流を改善させることで、効果的な対策をすることができます。

効果的な治し方、改善方法をすることで髪のことで悩まされることがなくなって、楽しい生活を送ることができるでしょう。

 

 

関連記事