コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

面接の自己紹介と自己prの違い:簡潔さについて

Interview

自己紹介では、自分のことを簡潔に紹介することを求められます。趣味や特技などを簡潔に紹介し、その中で自己prとなる活動なども紹介します。

自己紹介では、聞く側の印象に残るようなことを話すことで、もっと知りたいと思わせることが重要になります。

では、自己prとはどのようなことを意味するのでしょうか。

面接の自己紹介と自己prの違い:強みについて

自己prとは、自分の強みをアピールすることを意味します。自分の経験などを含め、短い時間でどれだけ会社の役に立つ人材かをアピールすることが重要になります。

履歴書を書く際に志望動機という欄がありますが、書き方として注意すべき点があります。

履歴書や面接時に聞かれる志望動機は、自己prは似通った内容になりがちです。しかし実際その内容は区別する必要があります。

志望動機は「なぜそこの企業を選んだのか」、自己prは「自分の強みをアピールする」というように、内容をしっかり分けましょう。

転職の場合には面接官からの質問に素早く答えるために、なぜそこの企業の求人に惹かれたのか、などということも説明出来るようにしておきましょう。

では、面接時に注意すべきマナーについてみていきましょう。

面接の自己紹介と自己prの注意点

面接の際には、受付時からしっかりと受け答えが出来るようにすることが大事です。面接が始まったら、姿勢を正し、ハキハキとした口調で簡潔に自己紹介をしましょう。

プロフィールなどを紹介する際には、明るい表情で大きめの声で話すよう心がけましょう。


面接の自己紹介と自己prのポイント

プロフィールなどの自己紹介が済んだら、志望動機や自己prを伝えます。その際にも、長くなり過ぎないよう注意が必要になります。

自分の強みを最初に伝え、経験をどのように活かすのか、などを簡潔にアピールしましょう。その際には、印象に残るような内容を意識することを心がけましょう。


面接の自己紹介と自己prの目的

自己紹介や自己prは、面接の際に必ず求められます。それには企業の目的があるため、間違えた内容を伝えては意味がありません。

そのため、履歴書を書く前に、自己紹介と自己PRの違いをしっかりと知ることで、目的に沿った内容を考えることが大事です。


まとめ

就職、転職の際に必ず求められる自己紹介と自己prには、大きな違いがあります。

そのため、面接の際にはその違いを活かし、より好印象に繋がるアピールをするよう心がけましょう。

関連記事