コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

商社の営業の仕事内容とは?

Business meeting

売り手と買い手の間に入って取引を成立させ、売上を上げる会社である商社。

商社に就職したいと思っている方にとって、その仕事内容は気になりますよね。そこで、商社の仕事内容や向いてる人の特徴、メーカーの営業との違いなどについてまとめてみました。

 

商社の営業とは?

商社とは、売り手と買い手の間に入って取引を成立させ、売上を上げる会社のことを言います。

メーカーの営業とは違い、自社の製品を売ることで利益を得るのではなく、ニーズに合った商品を探して取引をします。

では、商社の営業とは具体的にどのような仕事内容なのでしょうか。

 

商社の営業の仕事内容

商社とは商品を仕入れて企業や個人に営業、販売することが主な仕事内容になります。実際に会社を訪問し営業することが多いため、コミュニケーション能力が必要になります。

トレーディング、事業投資、商業商社と専門商社など、商社の仕事には種類があります。

中でも事業投資のようなハイリスクハイリターンな仕事や、専門商社のような専門的な知識とスキルが必要になる仕事は、業界の中でも向き不向きがはっきりと別れます。

 

商社の営業に向いてる人とは?

商社の営業に向いている人とは、コミュニケーションが得意、好奇心、意欲がある、体力、精神共にタフである、といった人です。

協調性があることも大事ですが、自分の意見を言えるような自我が強いところが、営業には非常に役に立つという意見もあります。

 

商社の営業のメリット

商社の営業に就職する際には、給料面でのメリットがあります。中小企業ではなく、大手の商社に就職すると、年収の差は数百万円にも及びます。

そのため、大手の商社への就職が成功したら、給料が安定するというメリットがあります。理想としては、1000万を超える年収がいいという意見が多くみられます。

 

商社の営業とメーカーはどっちがいい?

商社の営業とメーカーを比較すると、どちらがいいかという意見は人によって異なります。

いい商品を仕入れて売ることが出来る商社の方が身軽でいい、という意見や、市場価格が高い商品を持つメーカーの方が営業で優位、という意見など、様々な意見があります。

そのため、自分に合うのはどちらかを知るためにも、それぞれの仕事内容をリサーチすることが重要になります。

まとめ

商社の営業に興味があるという方にとって、具体的な仕事内容を知ることは非常に重要になります。

商社の営業には人によって向き不向きがありますが、給料面でのメリットなどもあるので、就職、転職の際に視野に入れている方も多くみられます。

仕事内容やメーカーとの違いなどといった知識を活かし、就職の際に役立てましょう。

 

 

 

関連記事