コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

公務員試験では面接対策が筆記試験より重要?!

Meeting

公務員試験の面接が不安な人もいるでしょうが、そんな不安を解消できる面接対策が必要です。

しっかりと面接対策をすることで、不安もなく挑めるので印象を高めることにもつながります。

ここでは、公務員試験での面接の重要性、対策方法について紹介します。短時間で読めて、不安を解消できる対策方法やヒントが見つかります。

 

公務員試験では面接対策が重要であることを知ろう

公務員試験を受けることを考えている人は、しっかりと面接対策をする必要があります。

公務員といっても中央省庁で働く国家公務員と、県庁や市役所などで働く地方公務員がありますが、地方公務員では面接に配点比率を高くしているところが増え、筆記試験同様に面接対策も十分に行うことが大切です。

筆記試験で多少点数が悪くても、配転比率の高い面接で挽回して合格ラインに達することも可能になります。

 

あなたは民間企業での対策ではなく公務員試験の面接対策が必要なことを知っていましたか?

公務員試験の面接対策では、民間企業の対策を活用したいと考えている人もいるでしょう。

しかし、地方公務員の面接と民間企業の面接とでは違いがあると考えておきましょう。

企業では自分がどれだけ会社の役に立つのか、魅力ある人材なのかを伝える必要がありますが、地方公務員での面接試験ではミスなく答弁ができるのかが問われると言われています。

この違いは面接官の経験の差で、企業では専門に何十年も面接官を担当している人によって判断されますが、公務員の面接官はそれほどの経験がないためにマニュアル通りの審査方法となります。

企業と公務員との面接は異なると考えて、公務員の面接対策をすることが大切です。

 

公務員試験での面接は自治体で異なるので効果的な面接対策が必要

マニュアル化されているケースが多い公務員の面接試験ですが、面接の仕方は各自治体で工夫がされているようです。

一般的にはマニュアル通りの質問をする個別面接や集団面接が行われますが、自治体によってはグループディスカッションのような面接方法を取り入れているところもあります。

グループディスカッションでは、協調性や積極性、自分の考えを相手に伝えるための理論性が問われます。

公務員の面接試験の傾向をつかんで効果的な対策をすることが必要です。

 

公務員試験の面接対策ではスクールの活用も有効

マニュアル通りの試験でもどのような質問をされるのかの傾向を知っておく必要がありますし、グループディスカッションでは慣れも必要になるでしょう。

この公務員試験の面接対策ではスクールの活用も考えてみましょう。近くにスクールがない人でも学べる通信講座を用意しているところもあります。

スクールを活用することで試験対策だけでなく面接シミュレーションなどを行っているところもあるので、本番と同じようなスタイルで面接の練習をすることができます。

 

公務員試験の面接対策でのアドバイス

一般的な面接方法ならマニュアル通りの質問をしてどのように返答するかで採点されます。

この場合では、無理に自分をアピールすることを考えるのではなく、一般的な答えを考えておくだけで十分に対策をすることができるでしょう。

グループディスカッションでは、まずテーマやディスカッションの時間などの説明があるので、聞き漏らさないようにしっかりと聞いておきましょう。

ディスカッションが始まったら自己紹介をします。討論を始める前に進行役や書記などの役割分担をしておくとスムーズに進みます。

この面接試験では協調性や積極性、理論性の他にも他の人への配慮も見られています。

発言をしないことはもちろん、他の人の意見に対して批判をしたり進行を妨げたりするような行為は避けましょう。

 

まとめ

公務員試験では筆記試験だけでなく、面接も重要視されるようになっています。

最近ではマニュアル通りの面接だけではなく、グループディスカッションなどの面接方法も取り入れているところもあるのでしっかりと対策をすることが大切です。

筆記試験の対策だけでなく面接対策もすることで採用される可能性を大きく高めることができるでしょう。

 

 

 

関連記事