コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

商社が激務と言われる理由と仕事内容

Business discussion

商社といえば激務というイメージが強いですよね。ブラック企業が多い、離職率が高いなどといったマイナスなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

外資系コンサルタントと商社マンはよく似ていると思われがちですが、仕事内容や給料などに大きな違いがあります。

そこで、商社の仕事内容と激務と言われる理由についてご紹介します。

 

商社が激務と言われる理由

商社は年収がいいこともあり、激務な仕事内容に納得してしまう方が多いことから、激務と言われる社風になってしまっていることがあります。

五大商社と言われる大手企業ですら離職率が高いことも、激務が原因なのでは、という意見が多くみられます。

総合商社を退職するほどの激務とは、実際どんな仕事内容なのでしょうか。

 

商社が激務な理由、出張

商社マンは出張が多く、なかなかゆっくり家にいる時間が設けられない、という方が多くみられます。その場合、結婚後家族から不満が出るというデメリットがあります。

出張が多いと誰でも疲れが溜まりますし、激務と言われる理由としても出張の多さは大きく影響しています。

 

商社が激務と言われる理由、飲み会

商社は飲み会が多いというイメージがありますが、実際部署によって多い、少ないは異なります。多い部署の場合、繁忙期以外の月は週の半分は飲み会をしているとのことです。

社員によっては飲み会が楽しいという意見もありますが、実際頻度が多いと疲れるということから、激務の印象に繋がっています。

 

商社が激務な理由、労働時間

商社の労働時間は会社や部署によって異なりますが、深夜まで残業をすることは当たり前で、24時間誰かが常に勤務しているという会社もあります。

さらに、休日夜間問わず会社の用意した携帯に電話やメールが来るため、ゆっくり休むことは出来ないという意見もあります。

年収がいいとはいえ、そこまで激務を強いられということを知ると、離職率が高いことにも納得がいきます。

 

商社は激務な理由、年収

商社マンといえば激務という印象がありますが、年収がいいことから仕事内容に納得している方も多い傾向にあります。

そのため、離職率が高いとは言われていますが、激務でいい年収がもらえることもあり、やりがいを感じている方も多くみられます。

商社の営業が激務な理由としては、やはり年収がいいということが大きく影響していることが伺えます。

 

まとめ

商社が激務と言われる理由は様々ですが、その分年収がいいというメリットもあります。

そのため、商社マンを目指すなら仕事内容や激務と言われる理由、社風といった情報をあらかじめ知っておくことをおすすめします。

 

 

関連記事