コレナレ!お役立ち情報!
人間関係

振られた!復縁のための準備やすべきことまとめ

2つの椅子

大好きだった人に振られたら、すぐに復縁の方法を考える人も多いでしょう。しかし一度振られている以上、すぐにやり直すというのは難しいです。

とはいえ相手も人間、振った時は熱くなっていたが冷静になってみると大げさだったと思う人もいます。離れてみたらやっぱり大事な人だったと再確認する人もいるでしょう。

そこで大事になってくるのが、復縁できる関係性や雰囲気を作っておくことです。事前にこちらからそうなるよう仕向けることで、復縁の可能性はぐっと上がります。

今回は、振られてから復縁のためにやっておくべきことや連絡のタイミング等をご紹介します。パートナーとよりを戻したいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

復縁のためには振られた瞬間が大事!

復縁のための下準備は振られた瞬間から始まっています。というよりも振られてからすぐの対応が復縁の成否を決めるといっても過言ではありません。

これには「ピーク・エンドの法則」という心理学的にも立証された理由があります。簡単に説明すると、人の印象はピーク時とエンド時の印象が特に重要だという事です。

エンド時とはまさに別れ際のことです。つまり別れ際の行動が相手にとっては強く印象に残るという事なのです。

ですから別れ際に悪印象を与えてしまうとその印象を引きずってしまい復縁どころではなくなります。最悪連絡すら取れなくなるかもしれません。

振られた直後、復縁のためにすべきこととは?

ではただでさえいい印象を持たれない別れ際に、相手に自分をよく印象付けるためにはどうしたらいいのでしょうか。特に以下の点を意識してください。

① ひとまず別れを受け入れる

前述の通り相手に強く残るあなたの印象は別れ際の姿です。よって別れを告げられた際は無理に食い下がろうとせず、一度潔く終わらせることが大事です。

振られた場面まで来ている以上、今のあなたが縋り付いた所で相手に響くことはありません。それどころか往生際の悪い人と思われ今後の接触すら拒否される危険すらあります。そうなったらもう復縁は絶望的でしょう。

別れを受け入れるのは大変な事ですが、これも復縁のためと割り切る勇気を持ちましょう。綺麗に別れることが出来れば、相手もあなたの印象が悪いイメージで固まらずに済みます。

② 感謝と謝罪を伝える

別れ際には、自分と一緒にいてくれたことへの感謝と別れることになった謝罪を伝えましょう。例え別れの原因が相手に非がある場合でも、相手を責めずにきちんとした感謝と謝罪を伝えてください。

別れを切り出す相手には多少なり罪悪感をもっているものです。別れ際でも自分を責めず、「こんな自分と一緒にいてくれてありがとう」と感謝を述べられれば、そのギャップはとても相手の印象に残る事でしょう。

別れ際にこれらの行動が伴えば、少なくとも悪い印象を持ったまま別れるということはないはずです。そしていい印象をもって別れることができて初めて、振られて復縁、所謂振られ復縁の可能性が生まれてくるのです。

振られた後の復縁のための冷却期間は?

冷却期間が別れた後の二人に必ず必要な時間です。別れる時は多少なり感情的になってしまいますが、少し距離を置いて関係性を一度冷却することで、冷静に考え直せる余裕が生まれてくるのです。

冷却期間は一般的に3か月以上半年程が頃合いです。短すぎるとあなたへの印象が変わらず再度撃沈する羽目になりますし、長すぎてもあなたが過去の存在になってしまいます。別の良縁に恵まれるかもしれません。

別れた原因にもよりますが、最低でも3か月以上は相手と距離を開けるよう心がけてください。

振られた後復縁までの行動

冷却期間は何もしなくていい期間ではありません。関係性を冷却している間にできることもあるのです。

① 極力相手との接触を断つ

人は手に入ったものには執着しなくなりますが、一度手放すと徐々に執着心が芽生える傾向があります。ですから冷却期間中は極力相手との接触を避け、相手にとってあなたを「手放したもの」と印象づけましょう。

② 今までの自分になかった部分を作る

冷却期間を終えて再び顔を合わせたとしても、あなたが別れた頃と同じでは復縁への道は遠いです。復縁のためには昔のあなたとは違う部分を見せる必要があるのです。

まず別れる原因がこちらにあるなら徹底的に改善しましょう。昔はやっていなかった新しい趣味に手を出すというのもよいです。その変化はそのままギャップとして相手に突き刺さります。

一度振られている以上、復縁のためには今までのあなたのままではいけません。以前の付き合いを参考にし、より相手にとって魅力的なあなたを目指しましょう。

言い方は大事!振られた後の復縁に効果的なセリフ!

復縁が上手く行くためには言い回しも大切です。いくつか効果的な例を紹介しますので、参考にしてみてください。

① 別れてからあなたの大切さに気付いた

鉄板セリフです。ただし未練なく綺麗な別れ方をしていて初めて効果があるセリフでもあります。未練たらたらで別れていたら説得力が無くなるので気を付けてください。

② 別れてしまった事をずっと後悔していた

喧嘩別れ等突発的な別れだった場合の復縁に効果的なセリフです。当時感情的に鳴ってしまった事への謝罪もセットで添えると説得力がますでしょう。

③ もう一度やり直したい

最終的にはこのセリフに行き着くはずです。自分の気持ちを素直に打ち明けてください。相手があなたに未練を感じてくれていれば、かなり成功率は高いはずです。

 

まとめ

振られた際に復縁を成功させるためには、別れ際に相手にいい印象を持たせることと、今までと違った自分をつくることが重要です。以前の自分とのギャップを見せることで再び相手の気を引くことが出来るのです。

そのためには相手に好印象を与えるための綺麗な別れが必須条件です。すがりたい気持ちはあるでしょうが、ここを綺麗に終わらせられるかどうかでその後の復縁の道のりが見えてくるのです。

一度は離れ離れになりますが、最終的には以前よりも良好な関係を築くことができるはずです。今まさに別れの淵に立たされているという方は、ぜひ参考にしてください。

 
関連記事