コレナレ!お役立ち情報!
人間関係

新入社員歓迎会での適切な服装やマナーを知ろう

Restaurant party

新入社員歓迎会では服装に悩む人も多いですが、避けるべき服装を知ることで適切な服選びをすることができます。

ここでは避けるべき服装やマナーなどについて解説します。

すぐに読める内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

 

新入社員歓迎会での適切な服装

新入社員歓迎会の服装は、どのようなものがいいのかと悩む人もいるでしょう。

そんな服装で悩んでる人も、出勤するときはいつもスーツならそのままでもかまいません。これは女性の場合でも同じです。

ただ居酒屋などで開かれる場合には「私服で」と指定されることもあり、この時にスーツで参加すると一人だけ浮いてしまいます。とはいってもカジュアルしすぎるのは良くありません。

ジャケットを着るだけでも良い印象を与えられますが、女性は服装にも幅があり、悩んでしまう人も多いです。

服装選びで悩む人は、どんな服装が良いのかと考えるよりも、避けるべき服装を知ることで場に見合った服選びができるでしょう。

 

新入社員歓迎会で避けたい服装

新人歓迎会といっても、友達同士の飲み会とは違うため適切な服装をすることが大切です。

この時に避けるべき服装を知っておくことで服も選びやすくなります。

男性では、ハーフパンツ、デニム、フード付き、Tシャツは避けます。女性は、デニム、ノースリーブ、ショートパンツを避けるようにしましょう。

女性はスカートをはいて行く人も多いですが、この時にはスカート丈に注意しましょう。スカート丈は膝上は避けるべきです。

これらの点に注意して場に見合った服装選びをしましょう。

 

新入社員の歓迎会で服装意外に注意をしたい事

歓迎会では服装だけでなく、注意しておきたいことがいくつかあります。

まず注意したいのが遅刻です。歓迎会では先輩や上司なども参加していることから、遅刻をすると印象を悪くする原因となります。

その他にもはしゃぎ過ぎないことも大切です。大学時代と同じようなノリで飲み過ぎたり調子に乗ってはしゃぎすぎたりすることで周りに迷惑をかけることにもなってしまいます。

また、このような会は苦手で参加しない人もいるようですが、新入社員のための会ですからできる限り参加するようにしましょう。

 

新入社員歓迎会では服装以外のマナーも知っておこう

服装もマナーの一つですが、それ以外にも様々なマナーがあり、歓送迎会ではマナーを意識して行動をしましょう。

マナーを守ることはモテポイントにもなり、異性だけでなく同性の先輩からも可愛がってもらえます。

この会は自分たちが主役ですが、個室が予約されている場合には下座に座るのがマナーです。

また料理を食べるときには、職場の上司や先輩が食べてから自分も食べる、グラスが空になっていったらお酌をすることも大切です。

主役だからと何もしないのではなく、率先して動くことで印象を良くすることができるでしょう。

 

新入社員歓迎会適切な服装で印象を良くしたらお礼を言ってより印象良くしよう

場に見合った服装は良い印象を与えることになります。

ただこの会が終わった後にお礼をいうことでさらに印象が良くなります。

お礼といっても特別なことをする必要はなく、会った時に「新人歓迎会を開いていただきありがとうございました」とお礼を述べるだけで印象も大きく違います。

会社勤めでは人間関係がとても重要です。お礼を述べるのはちょっとしたことですが、このようなことをすることで良い人間関係が築けて会社勤めも楽しくなるでしょう。

 

まとめ

この会では、適切な服装をする、マナーを守ることが大切です。

この場では上司から無礼講と言われることもありますが、これは決して友達のように接しても良いという意味ではありません。

マナーを守ることで社会人として認められて評価も高まり、会社勤めも楽しいものとなるでしょう。

社会人としてふさわしい服装やマナーで新人歓迎会を乗り切りましょう。

 

 

 

関連記事