コレナレ!お役立ち情報!
お金

高額収入印紙の買い方、2000円分の印紙はどう用意する?

Paper work

高額な買い物をした時などに必要になるのが、切手のようなデザインをした収入印紙です。しかし普段から1000円、2000円レベルの高額な収入印紙が必要な買い物をする人はそんなに以内かと思います。

ですが人生に一度くらいは、普通の生活をしている人でもそれら高額な収入印紙が必要になる場面はあります。購入方法や用意の仕方を知っておけば、いざという時に焦る事もなくなるでしょう。

今回は、高額な収入印紙を使う場面と、購入の方法について解説していきます。これから大きな買い物や契約などで高額収入印紙が必要になる人は、ぜひ目を通してください。

 

収入印紙が2000円分必要になる場面

通常5万円以上の取引が会った場合、200円の収入印紙が必要になります。’(以前は3万円以上でしたが、法律が変更されました)そして2000円もの印紙が求められる契約金額とは、ズバリ500万円以上1千万円以下です。

これほどの金額が発生する取引と言えば、主に不動産取引や一部の高級車の売買契約時が一般的です。ですから、これらの契約を結ぶ際にはこのような高額な収入印紙が必要になるわけです。

しかし、そんな収入印紙は普段使わないのでどこで売っているのか分からないという人も多いでしょう。続いて、高額な印紙が購入できる場所について解説します。

 

収入印紙を2000円分購入できる場所

一般的な200円の収入印紙であれば、コンビニで購入する人も多いでしょう。しかし、それ以外の金額の収入印紙の購入はコンビニではできないので、別口を探す必要があります。

では高額な収入印紙がどこで売っているかと言えば、ずばり郵便局です。間違えられやすいですが、銀行で購入するものではないので、気を付けてください。

郵便局に行けば2000円に限らず、高額な印紙を購入できます。ちなみに郵便局の中には休日でも印紙の購入が出来る場所もあるため、平日仕事の人でも購入が可能です。

とはいえ普段は200円の収入印紙を使う人が多く、200円のものばかり沢山持っている人も多いのではないでしょうか。実は、2000円丁度の印紙が無くてもこれらを使っても良いのです。

 

200円の収入印紙を2000円分張り付けても大丈夫?

例えば1000円分の収入印紙が必要な場合、千円のものを1つ貼ってもいいですが、100円のもの10枚でも同じく1000円分の印紙として利用することができるのです。

ですから2000円分の収入印紙がないが、どうしても今印紙を貼りつけたいという人は200円の収入印紙を10枚貼り付けて2000円分の金額としてください、問題なく利用できます。

ただし、複数の印紙が貼られている光景はお世辞にも見栄えが良いとはいえず、ビジネスマナー的にも微妙です。複数貼りは最後の手段としておき、基本は決まった金額の因子を一枚張り付けるようにしましょう。

 

高額収入印紙は2000円以外にも種類がある

因みにこの収入印紙、1000円以上を高額と言っていますが実際にはもっと大きな金額の印紙も普通に存在しています。金額に応じて、必要な印紙も大きくなっていくからです。

現在最大の収入印紙は20万円のものであり、これが必要になるのは、実に10億円以上の売買契約が成立した場面です。一般の人にとっては雲をつかむような話であるといえます。

とはいえ、普通に生活していれば、一万円以上の印紙を使う事はないかもしれません。普段はもっぱら200円のものを使う事になるので、想像以上に高額なものもある、という事だけ覚えておけば大丈夫です。

 

収入印紙を2000円分用意するなら郵便局へ行こう

ここまで紹介した通り、2000円もの収入印紙は郵便局に行かなければ入手は困難です。もしかしたら近くの郵便局は休日でもやっているかもしれないので、諦める前に確認してみましょう。

郵便局では受付の人に、欲しい収入印紙の枚数と金額をいえばそれで大丈夫なので、実際のやり取りも簡単です。分からない事は受付の人にどんどん聞きましょう。

また、近くに休日営業の郵便局がないのであれば、なんとか平日に時間を作って購入を目指しましょう。余裕があれば、少し多めに買っておくと2回目以降の取引がスムーズに進みます。

 

まとめ

2000円のような高額収入印紙は、コンビニで購入できません。購入には一部の金券ショップか郵便局に行くしかないので、付近のお店の営業時間をよく確認しておきましょう。

どうしても2000円の印紙が用意できなければ、200円の因子10枚を張り付けて代用できます。ただし見栄えが悪いのとビジネス的にはアウトなので、キチンと収入印紙を事前に買っておきましょう。

収入印紙は、最大で20万円ものものがかかります。しかし一般的な生活であれば10奥を超える買い物や契約を結ぶ機会はないので、実際に覚えておいた方がいいのは200円の印紙だけと言えるでしょう。

高額契約の収入印紙は分かりにくい部分もあるので、面倒になってしまう人もいるかもしれません。しかし印紙を貼らないのは立派な脱税になるので、必ず印紙を用意してください。

今回紹介した内容を参考に、今一度自身の周りで高級印紙が買える場所を調べておくといざという時に慌てる事の無いようにしましょう。

関連記事