コレナレ!お役立ち情報!
お金

任意整理で整理後もクレジットカードを残す方法とは?

クレジットカード

月々の返済が苦しい、でも債務整理をすると新しくクレジットカードが作れなくなるのは困る、そんなお悩みをお持ちの方。

債務整理の一つである任意整理なら、お使いのクレジットカードを残すことが出来ます。

そこで、任意整理についての情報をまとめてみました。

 

債務整理をした後、新しくクレジットカードは作れる?

債務整理をすると、新しくクレジットカードを作ろうとしても審査は通りません。つまり、新しいクレジットカードは作れなくなります。

債務整理をすると、信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。任意整理の場合も、債務整理の一つなので当然審査は通りません。

任意整理とは?

任意整理とは、司法書士が債権者に交渉し、利息のカットや長期分割弁済などの和解により支払いを楽にすることを言います。

債務整理の中で最も多く利用される任意整理ですが、様々なメリット、デメリットがあるので、利用する前に情報収集する必要があります。

任意整理のメリットとは?

任意整理を利用される方は、毎月の支払いに困っている方がほとんど。任意整理を行なうことで、将来利息の免除により完済が早まるというメリットがあります。

さらに、自己破産などに比べ手続きは簡単で、一部の債権者のみ整理することも可能です。

任意整理のデメリットとは?

任意整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が登録され、新しくクレジットカードを作ることが出来なくなります。そのため、5年間は借入自体が出来なくなるというデメリットがあります。

自己破産や個人再生に比べ債務の減額という効果が低い上に、5年間借入出来なくなるということをデメリットに感じる方も多くみられます。

任意整理後にクレジットカードを残すことが出来た事例

任意整理を行なうと、新しくクレジットカードを作ることが出来ないだけではなく、お使いのクレジットカードの利用が止められてしまいます。

しかし、中にはクレジットカードを残すことが出来たという事例もあります。

任意整理の場合、未使用のカード、または債務残高がほとんどないカードに関しては利用を止められない場合があります。

ほかにも任意整理後にカードを作る方法としては、審査不要のデビットカードなら銀行口座に残高があれば作ることが可能です。

まとめ

借金でお悩みの方、最近では無料で相談出来る法律相談所が多く存在します。

債務整理について詳しく知りたいという場合には、法律相談所に相談するなどの方法で、自分に合った対応を取ることをおすすめします。

※まずは無料で相談の場合、件数が少なくても対応してくれる司法書士さんもいます。
⬇︎
司法書士に任意整理の無料相談

関連記事