コレナレ!お役立ち情報!
お金

車を現金で買うのはお金持ちでなくバカな理由3つ

青い車

本当に車を現在で買うのはバカなのでしょうか?車を現金で一括払いすると「お金もちに見える」と思うかも知れませんが、それはバカかも知れません。

車を買う際には、現金一括払いか、ローンを組むかは人それぞれ意見が分かれます。

金利や債務など、キャッシュで購入する際には関係ないことまで気にしなければならないので、借金に抵抗があるという方も多くみられます。

中には車は現金で買うな、という方もいるようですが、その理由にはどんなことがあるのでしょうか。

順番に車を現金で買うのはデメリットがある理由3つを見ていきたいと思います。

 

車を現金で買うのはバカといわれる理由1:自動車ローンの金利はかなり安い

車をローンで買う際には、金利がかかります。ローンを組んだだけで元の値段より数十万円も多くお金を払わなければならないとなると、確かに損をしてしまいます。

しかし、現金は出来るだけ“いざ”という時のために手元に置いておきたいという意見が多くみられます。

また車の金利とは普通にお金を借りる場合に比べてかなり安く設定されています。それらの理由は以下の2つです。

【販売促進の為に安く・魅力的に設定されている】

自動車ローンの金利が安く設定されている理由はズバリ、車の購入を促すための車屋さんの戦略ですが、せいぜひ2〜3パーセントの利息に設定されています。

キャンペーンの時期にローンを組むと2パーセント以下なんていうものもありますよね?こんな金利では普通の人はなかなかお金を借りることはできない金利になっています。

普通に消費者ローンなどでお金を借りようと思えば10パーセント〜20パーセント以上なことを考えると破格な金利なので、自動車ローンはお得な感じがします。

なかには車を現金で買って、いざという時にカードローンなどを使いお金を借りて10%以上の金利を払っている人もいたりしますが、それはとてももったいないお金の動かし方になってしまうわけです。

【自動車自体が担保になっている】

いざお金を借りようと思うと担保がないとお金を借りれないことが多々ありますが、自動車ローンの場合は購入した車が即「担保」として使うことができます。

そして上記で述べたように自動車販売会社が販売促進の方法として安い金利を設定できる理由として担保が保証されているからなのも金利い理由です。

キャンペーン中に2パーセント以下の金利などでローンを組んだ場合ほとんど現金で買うのとさほど変わらなくなるのであれば現金を手元においておき、ローンを組んだ方が良いと思われる大きな理由でしょう。

 

車を現金で買うのはバカといわれる理由2:お金を運用して儲けるため

車をローンで買う際の金利が気になるという方も多くみられますが、ローン派にとって、車を買う分のお金を運用することで金利分のお金を稼ぐことが出来る、という意見があります。

【浮いたお金を資産運用して儲ける】

もしマネーリタレシー(お金の教養)の度合いを高めて、堅実に自動車ローンの金利以上に手元に残ったお金を資産運用して儲けられるのであれば自動車ローンはある意味、資産運用の戦略の武器として使えるわけです。

お金の教養を上げる

お金の教養を上げる方法にはいくつかの方法があります。

・本をメートル単位で読む

成功者の人が口を揃えて唱える学習方法に「本をメートル単位で読む」という方法があります。

これはそのジャンルの本を大体1メートル(50冊程度)から2メートル(100札程度)読むと、そのジャンルの専門用語が理解できるようになり、また広く浅く本を読むだけでも原理原則は見えてくるというものです。

まずは広く浅く、簡単に説明してくれる本を数冊読んでおけばとっかかりやすいと思います。

あとは自然とでてきた疑問をメモに書き、それから数冊の本を流し読みしていると大体答えが目に止まってくると思うので、その答えを書くようにする等小さな努力をしているうちに学習に加速がつくでしょう。

・参加費無料のセミナーに参加する

1人でコツコツ勉強するのも良いですが、その道のプロがどんなことを言っているのか情報集めをしてみるのも近道の1つです。

中立な立場で教えてくれる良質の講座のまずは無料のセミナーに参加してみてるだけでも少しづつお金の教養を高めることが可能です。

・同じ考えの仲間とつながる

同じことを学ぶ仲間との情報交換や意見交換は思った以上にパワフルです。

今の時代、繋がりたいと思えばフェイスブックなどSNSなどを通してインターネット上ですぐにコミュニティを見つけて仲間探しも簡単です。まずはコミュニティに参加してみましょう。

・お金の管理をしてみる

お金の勉強をしながら、実際にご自分のお金の流れも把握してみましょう。お金の管理を習慣化することによってお金の勉強をするときにも身近に見えてくるものがクリアになることでしょう。

以上がお金の教養を上げる方法のいくつかになっています。

お金の教養が身について手元の余った資産を運用することで車でローンを組んでもその金利以上のお金が流入するようになれば車の金利がお得な状態になるこでしょう。

【良い借金と悪い借金の違いを理解する】

良い借金と悪い借金の違いは簡単に言うと以下の通りです。

良い借金

借りた金利よりも入ってくるお金の額が上回る場合

悪い借金

借りた金利よりも入ってくるお金の額が少ない。もしくは入ってくるお金がない。

前述でお話ししましたお金の教養を上げることでこの良い借金と悪い借金がする見分けられるようになるでしょう。

綿密にいうと車のローンは何もお金を生み出すものではないので部類としては「悪い借金」の方に入ります。

ただ、必要な車を買う際に現金とさほど変わらない低金利で車を購入でき、そのおかげで手元に残ったお金で金利を上回る儲けを出すことにより良い借金に変換することが可能なわけです。

以上の理由で車を現金で買う際は「お金の教養」を武器に自動車ローンを悪い借金から良い借金に変換することをおすすめします。

 

車を現金で買うのはバカといわれる理由3:クレジットヒストリーを理解していない

車を現金で買うのはバカという理由の一つとして、クレジットヒストリーを理解していない!ということがあります。

一般社会では借金が出来るということは信用されている証なのです。

ちなみに過去に債務整理などを行ったことがあるという方は、一定期間ローンが組めなくなり、車を買う際も一括払いをすることになります。

反対にローンで車が買えるということは、返済能力があるということが認められているという証でもあります。

それではこの「クレジットヒストリー」がなぜ大事なのか順番にご説明いたします。

クレジットヒストリーとは?

まず、クレジットヒストリーとは何かというと、クレジットカードを利用した場合や、ローンを組んだ時の返済状況が信用情報機関に集められ、それらの情報はカード会社やローンを組む際に金融業者に共有されます。

すなわち社会で生きていく上のお金の通信簿のようなものです。

クレジットヒストリーはどう言う風に形成される?

クレジットヒストリーは数週間とかの短期間では作れません。お金を借りて、それを定期的にちゃんと返すことによりのみ形成できます。

反対に期日を過ぎて返済が遅れたり、返済しない、自己破産するなどをしてしまうとクレジットカードの評価がマイナスになってしまいます。

クレジットヒストリーはどんな時に必要?

クレジットヒストリーは人生の大きな岐路、家を購入したり、新しくクレジットカードを作ったりする時に必要です。

良いクレジットヒストリーは金利に違いが出たり、審査に通りやすくなったり人生をイージーモードにしてくれる有利性があります。

以上がクレジットヒストリーの簡単な内容ですが、自動車ローンは前述しました通り、購入する車自体が担保で低金利でローンを組めるため比較的組みやすいローンとなっています。

この自動車ローンを使ってご自身のクレジットヒストリーを形成することもできるのです。なので車を現金で買うのはバカだと言われる理由の1つにあがっているのです。

 

まとめ

以上が車を現金で買うのはバカといわれる3つの理由でした。

車を現金で買うのはバカという意見がありますが、実際現金で買うことにもローンを組むことにも、メリット、デメリットがあります。

そのため人によって意見は分かれますが、実際購入する際には返済のシュミレーションをきちんと行った上で決断することをおすすめします。

車を現金で買うのはバカかどうかはわかりませんが、ローンを組むことにもクレジットシストリーの形成など、様々なメリットもあります。

結局のところは車を購入する際の自動車ローン特有の安い金利をチャンスにできるかどうかはお金の教養を高めて、その上で実践する資産運用次第なのではないでしょうか?

日頃からお金の教養を高めておけば、車を購入する際、家を購入する際、ビジネスチャンスが現れた時などに人生のアドバンテージを得ることも可能です。

「車を現金で買うのはバカ」というセリフはもしかして、お金の教養を高めてお金を上手に運用している人達の世界観なのかもしれません。

ぜひそちら側の世界からものを見たい!と言う場合はお金の教養を高める行動を少しづつでも行動にうつすことをおすすめします。

 

まずは無料セミナーに参加するならオススメはこちら

参考文献:

関連記事