コレナレ!お役立ち情報!
生活

運転免許の違反履歴を確認できる書類とは?

A girl driving

運転免許の違反履歴が気になることがありますが、犯歴は書類発行で知ることができます。

無事故を証明できたり点数を知ったりできるので、とても役に立ちます。

ここでは、調べられる書類の種類、誰でも発行可能なのかなどについて解説します。

すぐに読める内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

 

免許の違反履歴を知るための書類を知っておこう

免許の交通違反履歴照会ができる書類は1種類ではなく、4種類あります。

「無事故・無違反証明書」

どのくらい無事故・無違反の期間が経っているかを証明できます。

1年以上、事故や違反の記録がなければSD(セーフドライバー)カードを発行可能です。

「運転記録証明書」

違反や事故、免許の行政処分の記録が分かります。

記録は過去5年までで、期間は5年以外にも3年・1年を選択できます。この書類でもSDカードを発行可能です。

「累積点数等証明書」

免許の点数を調べるられます。事故を起こしたときには今の点数が気になりますが、そんな時でもこの書類を確認することで正確な点数が分かるでしょう。

「運転免許経歴証明書」

この書類は運転免許証と基本的には同じ内容で、身分証明書として活用可能です。

 

免許の違反履歴は何年分調べられるの?

違反歴をできるだけ長い期間証明したい、して欲しいと考えている人もいるでしょう。

そんな時には、書類で何年分を調べられるのかと気になります。

「運転記録証明書」なら最大5年分です。

できるだけ長い期間証明したいなら「無事故・無違反証明書」で可能です。

この書類ではいつから続いているのかを記載されているので、5年以上前の証明もできます。ただこの書類では、犯歴を調べることはできません。

 

免許の違反履歴って会社が調べられるの?

運送会社などでは、安全運転することを従業員に求められます。

そのため、安全運転をしているかを確認するために運転違反履歴を調べることがあります。

このような会社では本人の同意を得て証明書を一括請求することもあります。

 

免許の違反履歴を申請できる人とは

他人でも調べられるなら、就職先が知りたいときには自分の知らない時に調べられている可能性もあります。

申請時は、本人以外なら委任状が必要です。このことからも、本人の同意がないと調べることができません。

代理人が申請をするときには、委任状意外に、代理人の身分証明書が必要です。

会社で一括請求をするときには、一人ひとりの委任状を提出してもらい申請をします。

 

免許の違反履歴を調べる時には点数のことも知っておこう

免許の更新時に違反歴がある人は今の点数を知りたいところでしょう。

交通違反の点数は減点方式ではなく加点方式で、点数が増えるほど処分も厳しくなります。

点数が加算されると、免停や取り消しなどの行政処分となり、この処分を受けると前歴が加点されます。

前歴が0点なら15点以上で免許取り消しですが、前歴1点なら10点以上で免許取り消しと、前歴の点数が増えるほど厳しい処分を受けます。

 

まとめ

証明書には4種類あり、目的に合った書類を発行してもらうことで無事故の証明、今の点数が分かります。

委任状さえあれば本人でなくても申請可能で、会社が業務のために調べることもあります。

これらの書類で、違反をしないように気を付けるようにもなるでしょうし、無事故であることが証明できて就職でも役立てることも可能です。

何度か違反をしている人は、免停になるのではと不安を感じてしまいます。

点数などによって更新時の講習時間にも影響し、その日の予定を立てる時にも事前に犯歴を知れば都合をつけやすくなるでしょう。

ゴールド免許になれば、5年ごとの更新、更新時の講習時間の短縮、講習手数料の軽減などの特典もあります。

保険会社によっては保険料が割引になる特典も受けられるので、証明書を発行して安全運転を心掛ける、違反しないように気を付けたりと上手く活用しましょう。

 

 

 

関連記事