コレナレ!お役立ち情報!
健康

豆乳の無調整と調整とでは味に違いがある

Soy bean milk

豆乳を飲むときには無調整と調整の違いが気になりますが、味や含まれる成分に違いがあります。

目的にあわせた選び方をすることで、豆乳嫌いの人も好きになるかもしれません。

ここでは、無調整と調整の違いを解説します。

すぐに読める内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

 

豆乳の無調整と調整とでは味に違いがある

豆乳はまずいと思っている人も多く、無調整と調整とでは味に違いがあるのか、飲むのに抵抗がある人はどっちを選んだらいいのかと気になります。

この飲料がまずいと思っている人は調整豆乳の方が良いですが、豆腐などが好きな人は、調整された商品では物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

無調整と調整とでは、大豆固形分の割合が違います。無調整は8%以上、調整は6%以上となり、無調整は原材料が大豆のみで素材そのものの味を楽しめます。

飲みにくさを感じる人は、バナナシェイクにするなど工夫をすることで抵抗なく飲むこともできるでしょう。

 

豆乳の無調整と調整、牛乳とでは栄養やカロリーに違いがあるの?

調整豆乳は香料や甘味を添加され、まずいと感じる人でも意外に飲めると感じる人もいます。

香料や砂糖などの甘みを添加している飲料はカロリーは高くなることが多いです。しかし多くの商品がどちらもカロリーに大きな差がなく、栄養面でも大きな差はありません。

ただ調整豆乳の中には低カロリーの商品もあり、ダイエットをしている人は調整豆乳の低カロリー商品を選びましょう。

大豆を煮て絞って作られた豆乳と似た飲料に牛乳があり、豆乳と牛乳とではどちらがいいのかと悩んでしまいます。

カロリーでは、素材そのものの味が楽しめる無調整でも一般的な牛乳と比べればカロリーは低めです。

牛乳はタンパク質やカルシウムが豊富で、豆乳は無調整も調整でも女性特有の症状にも有効な成分の大豆イソフラボンが豊富なのが特徴です。

この成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。この成分を摂取することで若々しさを保つだけでなく、多くの女性が悩む更年期障害にも有効とされています。

栄養面では、それぞれに含まれている成分が違うためどちらが優れているかは判断できません。

 

豆乳は無調整と調整とではダイエット効果や健康効果にも違いがあるの?

ダイエットでは、食事のカロリー調整は重要なことからも、低カロリーの商品を選びます。

健康効果を得たいと考えている人は、含まれる栄養成分の量が気になるところですが大きな差はありません。

微量ですが、カルシウムや鉄分などのミネラル成分は無調整の方が多いです。

女性特有の症状にも有効な成分は素材そのものの味が楽しめる無調整の方が多く、この成分を摂りたい人は無調整を選びましょう。

大豆を煮て絞って作られていることもあり、大豆の体に良い成分によって健康や美容効果が期待できます。

この飲料に含まれるビタミンEには冷えや肩こりの緩和、レシチンには脳の老化や動脈硬化の予防、サポニンには肥満予防の効果が期待できます。

どちらを選んでもこれらの成分を摂れることから、摂りやすい商品を選んで効果を実感しましょう。

 

料理では豆乳の無調整・調整・牛乳を使うのに違いはあるの?

料理やお菓子作りでは牛乳を使うことが良くあり、見た目や味が似ている豆乳を牛乳の代わりに使う人もいます。

牛乳と豆乳とでは風味が異なるので、牛乳を使った時とは違った仕上がりになることがあります。

無調整なら素材の味だけなので、料理の味に大きな影響を与えることはないですが、調整では甘味料などが使われていることが多いので注意が必要です。

また大豆に含まれるタンパク質は長時間加熱すると分離することもあります。

ただ牛乳よりもカロリーが低いので、低カロリーの料理を作りたいときには牛乳よりも豆乳を選びましょう。

 

豆乳は無調整や調整の違いを確認して継続して飲めるものを選んだり飲める環境を整えたりしよう

大豆を煮て絞って作られたこの飲料には、女性特有の症状にも有効な成分が摂取できるのが大きな特徴です。

しかし、まずいと思いながらでは長続きせず、効果も得られません。効果を得るためのコツは、継続して飲むことができる商品を選ぶことです。

無調整でも飲める人は問題ありませんが、味や風味が気になる人は調整されている方が良いでしょう。

また、果汁などを添加して苦手な人でも飲みやすくした商品もあります。この商品は無調整と比べて濃度が半分程度になるかもしれませんが、まずいと思っている人でも好きになるかもしれません。

毎日飲むためには、いつも家にある状態にしておくことも大切です。

大手通販サイトでは、定期的購入ができるところもあります。支払方法も口座振り込みや代金引換、クレジットカードや楽天ペイなど、様々な方法を選ぶことも可能です。

飲みやすい商品をいつでも飲める環境を整えて良い効果を得ましょう。

 

まとめ

無調整と調整とでは、味に違いはありますが、含まれる成分やカロリーには基本的に大きな差はありません。

美容や健康に良い効果があることから豆乳グルメが楽しめるお店もあり、家だけでなく外食でも成分を摂ることも可能です。

違いを確認して自分に合った豆乳を選んで、日頃から良い成分を摂ることで体に良い効果も期待できるでしょう。

 

 

 

関連記事