コレナレ!お役立ち情報!
生活

オーブントースターにアルミホイルを使っても大丈夫?

Oven cookies

様々な調理ができるオーブントースター、調理の際はアルミホイルをしいて使う人も多いでしょう。しかし、オーブンにアルミホイルを入れると燃えて危険だという話を聞いたことはありませんか?

実際に加熱していたアルミホイルが燃えて火事になったという話もあります。では、実際の所オーブントースターにアルミホイルを入れて調理するのは危険なのでしょうか?

今回は、オーブントースターでアルミホイルを使う事の是非と、アルミホイルが燃える原理について紹介します。普段から調理の過程でこれらをよく使う人は、安全のためにもぜひ目を通してください。

 

オーブントースターでアルミホイルは使える

結論から言えば、通常の利用の範囲で使う分には問題ありません。特殊な調理や条件でもない限り、燃えて火事になる事はないので安心してください。

事実、これらを利用して調理するレシピは多数あり、連日多くの家庭で親しまれている調理方法ですが、これが原因で火事になったというニュースは極まれにしかありません。

ほとんどの場合で、オーブン内に入れても燃えたりはしないのです。では、無事に使える場合と燃えてしまう場合にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

オーブントースターでアルミホイルが使える理由

アルミホイルは薄いとはいえ金属に分類されるので、燃えないイメージを持っている人も多いでしょう。事実その通りで、耐熱性も非常に高いため自然に発火することは勿論、多少の加熱ではびくともしません。

勿論耐熱限界を超えれば燃えたり溶けたりはしますが、少なくともオーブントースター内ではそこまでの高温になる事はありません。ですから安心して使っても大丈夫なのです。

僅かながらに存在する燃えた事例に関しては、大多数が後述する特殊な環境で使用した結果です。むしろ、アルミホイルの使用には次の見出しで紹介するような様々のメリットがあります。

 

オーブントースターでアルミホイルを使うメリット

アルミホイルを使う事で、以下のメリットが得られます。

汚れ防止

普通にオーブン内で調理すると、肉の油や野菜の水分が網の下に落ちてしまいます。そこで下受けに利用することで、オーブンの中を汚すことなく調理が可能です。

オーブンにも下受けはあるとはいえ、固まった汚れは掃除も大変なので汚れがたまらない方法をとったほうが後々楽になります。

汚れものが減る

調理した料理は、外にだしてそのまま食べられます。わざわざ他の皿に移し替える必要がないので、調理の手間を省くことができます。

使った後は捨てれば洗い物も出ませんので、一人暮らしの料理には便利と言えるでしょう。ただしそのまま机などに置くと熱が伝わるので何かしらを下に事をお勧めします。

 

オーブントースターでアルミホイルを使う際の注意点

このように便利なアルミホイルですが、使用方法を誤るとニュースでみるような火事になる危険性もあります。特に以下の状態には気をつけてください。

ヒーター部分に直接触れさせる

オーブン内の温度では燃える事は無いですが、加熱の元であるヒーター部分では話が別です。直接触れたまま加熱を続けるといかにアルミホイルでも耐熱限界を迎えて燃えてしまうのです。

基本的にヒーターは網の上か下にあります。料理がこぼれるのを防ぐために必要以上に大きなサイズで使う際には、ヒーター部分に触れていないか十分に確認してください。

大量の油が出る調理に使う

脂身の多い肉など、調理の過程で油が多く出る料理は要注意です。アルミからこぼれたり、高温に加熱されてアルミを溶かす等の要因で下に落ちてしまう事があるからです。

油がヒーター部分に触れてしまうと燃えてしまうので、火事の原因になります。上の要因を恐れるあまりに節約しすぎるとよくこぼれてしまうので、適切なサイズを心掛けてください。

電子レンジ機能は使用しない

アルミホイルを入れた状態で電子レンジ機能を使用すると、電磁波と金属が反応して火花が散ります。非常に危険なので、必ず電子レンジには使用しないでください。

例え上の条件を満たしたとしても、必ずしも出火するわけではありませんし、火がついてもすぐに燃え広がるわけでもありません。こういった事態を予防するためにも調理中はオーブンから目を離さない事が一番の対策です。

 

オーブントースターでアルミホイルを使った方がいい料理

以下の食材を使うレシピでは、そのままよりもアルミホイルを使った調理方法をとったほうが断然楽です。

チーズを使った料理

チーズは加熱すると溶け出し、載せている料理から零れ落ちる事があります。溶けたチーズが下に落ちると焦げ付いて掃除に苦労するので、必ず利用したほうがいいでしょう。

野菜料理

油こそ出てきませんが、野菜を加熱すると水分がにじみ出てきます。加熱されているオーブンに水分はオーブン自体が故障する原因になるので、必ずしいて調理しましょう。

卵料理

卵は固まるまで液体状になっているので、当然零れ落ちる可能性があります。しかもなまじ粘着性がある分一気に零れ落ちる可能性があるので、料理を台無しにしないためにもアルミホイルをしいておきましょう。

代表的な食材は上記の通りですが、基本的にアルミホイルを使うデメリットはありません。余計な汚れを防ぐためにも、利用を検討してみましょう。

 

まとめ

オーブントースター内にアルミホイルを入れても通常の利用の範囲では燃える事はありません。アルミホイルは耐熱性能に優れているので、オーブン内の温度では燃える心配がないからです。

ですが、ヒーター部分に直接当てたり、大量の加熱された油で溶ける可能性はあります。このような状態で調理することの無いよう、使用中はオーブンから目を離さないでください。

アルミホイルを使う事で、オーブンを汚れから守ったり、汚れものを減らしたりと多くのメリットがあります。使い方さえ誤らなければ、とても便利な道具と言えるでしょう。

適切な利用を心掛けている限り、アルミホイルが燃えて事故になる可能性は極めて低いです。それ以上にメリットの多い道具でもあるので、目を離さない事を条件に、恐れず利用していきましょう。

関連記事