コレナレ!お役立ち情報!
生活

一週間入院になった時の持ち物は?必須品を紹介!

Hospital food

簡単な手術や検査入院などで一週間程度入院することはそれほど珍しくありません。その時、持ち物はどうしたらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

入院中は自由に行動できない事もありつい荷物を増やしがちですが、結果的に使わずに徒労に終わる事も少なくありません。入院理由や自分の状態と相談しながら、出来る限り必要最低限にまとめたいものです。

そこで今回は、一週間程度の入院の際に必要な持ち物を分野別に紹介します。必需品を中心に紹介していきますので、これから入院の予定があるという人は参考にしてください。

 

一週間の入院に必要な持ち物(衣類編)

 

一週間分の衣類を全て持ち込むとかなりの量になります。季節にもよりますが、最低限以下のものがあれば事足りる場合も多いでしょう。

長袖パジャマ3組

病院内は比較的快適な温度に保たれているため、基本的にどの季節でも長袖のパジャマがあれば大丈夫です。初日などは検査のために専用の衣類が支給される場合もあるので、3着もあれば事足ります。

下着類5枚

基本的に寝っぱなしなので毎日交換する必要はないかもしれませんが、下着類は何かと汚すかもしれないので、多少多い方が安心です。

厚手の上着1着

気温の変化に対応できるよう、少し厚めのパーカーなどもあると便利です。毎日使うものではないので1着あれば十分です。

 

衣類に関しては、最悪病院の売店で購入も可能です。ですから汗っかきで毎日全部着替えるという人でない限りは、この程度の持ち込みで十分なのです。

続いて、持っていく日用品を見ていきましょう。

 

一週間の入院に必要な持ち物(日用品編)

日用品は入院中もいつも通り使う場合が多いので、忘れずに持っていきましょう。

歯磨き用品、タオル(3~4枚)

歯磨き用品もなければ売店で購入することが可能です。また、入院中は毎日お風呂に入らない場合も多いので、タオルは多少少なめでも大丈夫です。

化粧、洗顔用品

普段から使用しているものに関しては持っていきましょう。細かいものが多いので、ひとまとめにしておくと便利です。

スリッパ

入院中に自力歩行するのであれば必要です。病院によってはかかとのないスリッパは危ないので禁止されている事もあるので気を付けてください。

レジ袋

単純なゴミ箱代わりの他、急な体調不良の際のエチケット袋としても役立ちます。なにかとあって損はないので、何袋か持っていきましょう。

日用品に関しても、ほとんどのものは売店で購入できます。ですから化粧品などのこだわりのあるものだけは持っていくようにすると荷物を減らすことができます。

続いては、娯楽用品に関して見ていきましょう。

 

一週間の入院に必要な持ち物(娯楽編)

一週間寝たきりの生活になると、娯楽用品もなにかしらあったほうが良いでしょう。当然ながら病院内なので、持っていくものは厳選しなければなりません。

スマートフォン

最近の病院内では、電子機器も問題なく利用できるところも増えてきました。入院中はどのみち大したこともできないので、実際の所これとイヤホンがあれば十分という場合も多いはずです。

テレビに飽きた時には重宝します。パソコンと違い、急に気分が悪くなっても取り出しや片づけも楽なので、何冊か持っていくといいでしょう。

実際の入院中は、だるさや急な体調不良が多くパソコン等の大掛かりな機械類はあまり向きません。一週間程度あれば、上の二つがあれば事足りるでしょう。

 

一週間の入院に必要な持ち物(必需品編)

ここで紹介するのは、入院する際に必ず必要な備品類です。忘れると面倒なので、必ず全部持ったか事前にチェックしてください。

入院手続きに必要なもの

診察券や保険証、印鑑などが該当します。後々気付いても自力で家に戻れない可能性もあるので、必ず入院前に準備しておきましょう。

 

普段から服用している薬

毎日服用している薬を一週間抜いてしまうのは危険です。勿論入院中の処置次第では薬を飲めない場合もあるので、可能であればお薬手帳も一緒に持ってきたうえで医師の判断を仰ぎましょう。

 

これらのものは忘れると大変です。入院前に普段の生活習慣を頭に思い浮かべて、ないと困るものをイメージすると持ち忘れを減らす事ができます。

 

一週間の入院の際は持ち物リストを作ろう

ここまで様々なものを紹介しましたが、全て覚えておくのは大変です。ですから、事前に持ち物リストを作って入院前に確認する方法をとりましょう。

リストに関しては、データ上のファイルであれば紙媒体と違ってなくさずに済みます。作成したリストを自分の携帯などにPDF形式で保存しておけば、いつでも確認できるのでお勧めです。

入院前日には、必ずそのリストを見ながら全部持ったか確認をしましょう。当日になって足りないものがあると大変なので、前日までには荷造りを完了させておくとよいでしょう。

 

まとめ

一週間分の入院をする場合、衣類は一週間分全て用意しなくても大丈夫ですが、日用品は毎日使うものもあるので忘れず持っていきましょう。娯楽品は携帯と本があれば事足りる場合も多いです。

持っていくものは沢山あるので、事前にリストを作って前日までには荷造りを完了させましょう。特に保険証などの必需品は必ずひとまとめにしてなくさないよう気を付けてください。

一週間の入院というと暇を持て余すと感じる人も多いかもしれませんが、実際は検査や処置、それに伴う体調不良やだるさで寝たきりで過ごす時間が大半です。結果的にそこまでの荷物は必要ない場合がほとんどなのです。

遠足や旅行と違い、自身が健康でない事や院内で買い足すこともできるという点を踏まえ、山ほど荷物を持ってきて徒労に終わったという事の無いようにしましょう。

関連記事