コレナレ!お役立ち情報!
生活

落し蓋の代用品にはキッチンペーパーがおすすめ!

Kitchen

煮物を作りたいけど落し蓋がないと困っている人は、代用品としてキッチンペーパーを活用してみましょう。

このアイテムを使えば様々な嬉しい効果が得られます。

ここでは、このアイテムを使うことの利点、使い方や落し蓋の効果などについて解説します。

今まで落し蓋を使っていなかったことで煮物が上手く仕上がらなかった人も、このアイテムで美味しい煮物を作ることができるようになるでしょう。

 

落し蓋の代用にはキッチンペーパーが最適?

落し蓋の代用品としてキッチンペーパーがあります。このペーパーは料理をする人には欠かせないアイテムともなっています。

一般的なものには、木製、ステンレス製、樹脂製があります。

あまり日本料理を作らない人は、落し蓋を持っていない人も多いです。そんな人達に人気があるのがこのペーパーです。

よく使われているものよりも利点があり、多くの人が落し蓋の代わりとして活用しているようです。

似たものにペーパータオルがありますが、キッチンペーパーの方が吸油性に優れているので代用するには最適です。

 

落し蓋としてキッチンペーパーを代用する利点

代用する利点として余分な油やアクを取ってくれるという点があります。

一般的なものは吸収性が悪いので、油やアクは吸い取ってくれません。しかしペーパーであることで、料理に不要な油やアクを吸収してくれて美味しい料理を作ることができます。

また、素材にピッタリと密着するのも大きな利点です。熱を逃がさないので料理時間を短縮することにもつながるでしょう。浮き上がりにくく、吹きこぼれの心配も少ないです。

煮汁がまわりやすくなり、一般的なものよりも味が染み込みやすいです。

多くの利点があり、ネットに登録されているレシピなどでも、このペーパーを使うことを勧めている人もいます。

 

落し蓋としてキッチンペーパーを代用する時の使い方

使い方はとても簡単で、二切れ分取って二つ折りにします。9個程度の穴を開けたら、後は鍋に入れるだけです。

手軽に代用することができるので、落し蓋をあえて購入しなくても美味しい料理を作ることができるでしょう。

このペーパーがない時には、アルミホイルでも活用可能です。アルミホイルでは、ペーパーのようにアクを吸収できない印象がありますが、くしゃくしゃにして広げることで溝にアクが吸着されます。

 

代用品としてキッチンペーパーが良いのは分かったけど、そもそも落し蓋にはどんな効果があるの?

普段落し蓋を使う料理をしない人は、そもそもこのアイテムを使う効果がよくわからない人もいるでしょう。

使う利点は、少量の煮汁でもしっかりと味が染み込みやすくなる、煮崩れを防止する、水分の蒸発を防ぐ、保湿効果などがあります。

日本料理には味を染み込ませて作る料理が多く、このアイテムを使うことで日本料理を美味しく作ることができます。

 

落し蓋の代用品として最適なキッチンペーパーにも種類がある

このアイテムには、いくつかの種類があります。

素材には不織布とパルプがあり、価格はパルプの方が安いです。不織布は少し価格が高いですが、吸収性もあり、水に濡れても丈夫です。

形状では、ロールタイプとティッシュタイプがあり、ロールタイプなら冷蔵庫などにホルダーを付けて使います。ティッシュタイプならどこでも置けてティッシュのように使えます。

いくつかの種類があるので、用途に合った商品を選びましょう。

 

まとめ

キッチンペーパーは料理をする人には欠かせないアイテムとなっていますが、油ものをあげるときだけでなく日本料理を作る時の落し蓋としても代用可能です。

通常のものよりも利点が多いことから、積極的に活用することで美味しい料理を作ることができます。

落し蓋を持っていない、美味しい煮物を作りたい時は活用してみましょう。

 

 

 

関連記事