コレナレ!お役立ち情報!
健康

ガムシロップの成分はなに?成分や代用品をご紹介

Ice coffee

ガムシロップの成分は砂糖と思っている人もいるかもしれませんが、別の成分が使われています。

使われている成分のことをよく知ることで、肥満や糖尿病対策もできるでしょう。

ここでは、使われている成分や注意点、低カロリー商品などについて解説します。

成分のことをよく知って低カロリーの商品を選ぶことで、安心して利用することができるでしょう。

 

ガムシロップの成分とは

ガムシロップはどんな成分でできているのかと気になる人もいるでしょう。ガムシロップとは砂糖で作られたものと思っている人もいるかもしれません。

成分は異性化糖と呼ばれる果糖ブドウ糖液糖です。これはサツマイモやトウモロコシのデンプンを原料として作られた食品です。

 

ガムシロップの成分は飲み物と相性が良い

コーヒーショップなどでは、飲み物と一緒に出てくることがよくあります。

角砂糖や粉砂糖でも良いのではと思ってしまいますが、ガムシロップは溶けやすく、冷たいものでも甘みを感じやすいので、アイスコーヒーなどを頼むとよく一緒に出されるようです。

 

ガムシロップの成分は肥満の原因にもなる?!

ガムシロップはカロリーは比較的低めなのですが、肥満や血糖値が気になる人は注意が必要です。

ガムシロップを摂取することは、ブドウ糖を摂取するのと同じです。そのため急激に血糖値が上昇することにもなります。

血糖値の急激に上昇は、インスリンが大量に分泌される要因です。

インシュリンは血糖値を下げるために余った糖を脂肪に変えて蓄えるので肥満の原因となります。

ブドウ糖は急激に血糖値を上昇させる原因ともなるので、摂取する量には注意しましょう。

 

ガムシロップの名前は成分が由来

なぜこの名前が付けられたのかと思う人もいるでしょう。この名前の由来は成分が関係しています。

糖分が結晶化しないようにアラビアガムという成分が含まれています。これはマメ科のアラビアゴムノキの分泌液です。

このアラビアガムのガムが名前の由来となっているようです。

 

ガムシロップの成分でカロリーが気になるなら低カロリーの商品を選ぼう

日頃から愛用している人は、肥満が気になっても生活習慣の修正は難しいかもしれません。

そんな人は、低カロリーの商品を選んでみましょう。商品の中にはオリゴ糖配合のものもあります。

オリゴ糖は砂糖と比べて半分程度のカロリーです。このような低カロリー食品を活用してカロリーを抑えている商品もあります。

頻繁に利用している人は、商品選びでカロリーもチェックすることで健康管理につながるでしょう。

 

まとめ

ガムシロップは、冷たい飲み物との相性が良いので便利なのですが、ブドウ糖が使われていることもあり使いすぎには注意が必要です。

カロリーが気になる人は低カロリーの商品を選ぶことが大切です。過剰摂取には気をつけて便利に活用しましょう。

 

 

 

関連記事