コレナレ!お役立ち情報!
お金

二人暮らしのガス代はこうやって節約!

男女が料理

二人暮らしの方であれば毎月の光熱費は気になるもの。特にガス代は冬はもちろんのこと、年中気になる悩みのタネのひとつですよね。

二人暮らしであれば自分は気にしていてもパートナーの方が無頓着であればなおのこと…。この記事ではその悩みのタネを解決できるようにガス代の節約術を紹介します!これを機に光熱費を見直しましょう!

二人暮らしのガス代の平均は?

そもそも二人暮らしの一ヶ月の光熱費平均額はどれくらいなのかご存知でしょうか?総務省の調査データによると、月23,197円になります。

月別に見ると最も高い月が2月で31,846円で、最も安い月が10月の18,191円です。

やはり暖房器具が必要な月は高い傾向があります。貧乏の敵は寒さなのか…。
暖房以外にはお風呂も光熱費を押し上げる大きな要因になります。

夏場はシャワーで済ましても冬になるとしっかり体を温めたいという人が大半だと思います。

光熱費のおよそ半分は電気代です。その次に高い割合のおよそ30%を占めているのがガス代です。ガス代は基本料金と従量料金の合計金額になります。

また、プロパンガスか都市ガスかによっても価格は違ってきます。プロパンガスは都市ガスの大体2〜3倍程度の相場になります。

二人暮らしのガス代が高くなる原因

光熱費の平均額を見て頂きましたが皆さんの今の光熱費は平均と比べていかがでしたしょうか?もし高かったという方はこれを機にもう少し今より節約を意識してみましょう!

ガス代を押し上げる要因は先ほども少し触れましたが、やはり暖房器具が一番高くつきます。すぐに温まるガスファンヒーターなどは冬の心強い味方ですが、ガスの消費量は多くなります。

次にお風呂。お風呂は平均で180〜200Lくらいですが、その大量のお湯を沸かすというのは大量のエネルギーを使うことになります。

ガス給湯器であればそれだけガスを消費してガス代に跳ね返ってきてしまいます。

あとは料理でももちろんガスを消費します。特に鍋料理やじっくりことこと煮込んだ料理が好きな方はガス代も高くなっていると思います。

しかし寒さを凌ぐため、そしておいしいご飯を食べるための調理には惜しみなくガスを使いたいもの…。次は同じ使用量でも少しでもガス代を減らすための下準備を紹介したいと思います。

二人暮らしのガス代の見直しはガス会社の見直し!

今とあまり使う量は減らしたくないけどガス代はやっぱり減らしたいという方には今現状のガス会社の見直しをおすすめします。

都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは公共料金ではなく自由料金です。プロパンガスを利用している方は、一度今契約されている会社の価格を確認してみて下さい。

ひょっとすると適正価格よりもずっと高い価格で契約しているかもしれません。基本料金1,500円程度に300〜400円/㎥の従量料金が適正価格と言われています。

それよりも現状が高いようでしたらお住まいのご地域のプロパンガス会社を調べてもっと安いところと契約するべきです。

都市ガスに変更できる地域であれば、都市ガスに変更するのも有効な選択肢です。

切り替えの工事費が30〜40万円ほどかかってしまいますが、月々のガス代はグッと安くなるので長期的な目でみればメリットは十分にあると思います。

二人暮らしでもこれでガス代は安心!節約術

安い会社に切り替えたからと言って、ガス代の使用量が多ければやっぱり請求額は高くなってしまうもの…。どうしても高くなりがちなガス代ですが、節約を意識すれば今よりも安くすることは簡単です。

シンプルにガスの使用量を減らすことを意識しましょう。例えば料理で言うと火力の調整に気をつけましょう。フライパンや鍋底からはみ出した火は無駄になっています。調理器具の大きさに合わせて火加減を調整して無駄をなくしましょう。

また、電子レンジの方が効率よくものを温めることができるため事前に電子レンジで温めた後にフライパンなどで加熱するといった具合にすれば効率よく調理でき、ガスの使用量も減ります。

お風呂に関しても溢れるほどお湯を貯めないようにしたり、温め直しをしなくていいように間を空けずに入浴するなどできるだけ無駄なガスを使わないように意識して下さい。

その他お風呂のふたを使ったり、できるだけシャワーで済ますなど節約を意識すればできることはたくさんありますので皆さんもきづいたところから実践して見て下さい!

ガス代を節約した分は幸せな二人暮らしを!

せっかく二人で暮らして光熱費も節約できたならお互いにご褒美はいかがでしょうか?節約して浮いたお金は貯金もいいけどたまには使ってしまうのもいいと思います!

二人で旅行に出かけたり、美味しいものを食べたり少しだけいつもよりグレードアップしたプランで楽しみましょう!

もちろん節約した分以上のお金は使わないよう注意です(笑)

節約して贅沢はほどほどにして、是非二人の将来のためにお金を有効活用して下さい!

 

まとめ

ガス代節約についてでしたがいかがでしたでしょうか?意識すれば節約のポイントも段々とわかってくると思います。

二人暮らしであればお互いに気をつけて気持ちよく過ごしましょう!

節約した浮いたお金で遊びに行ったり、便利なアイテムを買ったり、将来のために貯金したりと今まで無駄になっていたお金を有意義に使って下さい!

ガス代は安いガス会社にのりかえるだけでグッとお安くすることもできます。住んでる地域のガス会社比較を一括で、しかも無料でしてくれるサービスを使うのが一番ガス代を安くする近道かも!

毎月のガス料金を安くする方法無料相談

関連記事