コレナレ!お役立ち情報!
お金

任意整理のデメリットをわかりやすく説明!

落ち込む女性

きつい借金の返済から脱出したいから任意整理したい。だけど、デメリットがよくわからなくて決断できない人のために、任意整理について誰にでもわかるように説明します。

また、任意整理と債務整理の違いや、任意整理したらどうなるのか、費用はどのぐらいかかるのかなど疑問に思っている人が多そうなことを説明していきたいと思います。

これを読めば任意整理について今よりも詳しくなっていることは間違いありません!

任意整理ってなに? 債務整理との違いは?

債務整理には、裁判所を通して行う自己破産、個人再生と裁判所を通さずに行う特定調停、任意整理があります。任意整理は債務整理の中のひとつです。

任意整理とは、借金の返済が苦しくなった債務者が弁護士や司法書士に依頼して、裁判所を通さずに債権者と交渉することです。将来分の利息カットや元本を減らしてもらい今よりも少ない金額で返済していくことです。

一般的には任意整理の大部分は3年~5年程度の分割払いになります。債務者の収入次第ですが、任意整理する借金額は数百万程度であることが多いです。

任意整理をするメリットは、将来の利息がカットされる、自己破産などに比べると手続きが簡単、元本が減る可能性がある、裁判所を通さずにできることです。利息分のカットに応じてくれない業者もあります。

また、任意整理は複数の業者から借り入れをしている場合は、業者を選んで任意整理することができます。これに対して、自己破産や個人再生の場合は全業者が対象となります。

この制度は借金返済が無理なひとが利用する制度です。借金の返済が可能なのに利息を払いたくないという理由で任意整理の手続きを弁護士にお願いしても断られるでしょう。

任意整理をしたらどんなデメリットがあるの?

任意整理をした場合のデメリットは、ブラックリストに載って5~10年間クレジットカードが作れなくなります。けどこれはこれ以上借金をできなくなるのでメリットともいえるのではないでしょうか。

自己破産や個人再生に比べると、借金の免除額が少ない。けどこれも、自己破産はまた違ったデメリットがあるのでしょうがないと思います。

任意整理に応じてくれない業者がある。業者としては、自己破産されて返済がゼロになるなら、返済額が少なくなっても妥協しようと、任意整理に応じてくれていまが、義務ではないので応じてくれない業者もいます。

業者に任意整理を拒否されたときの対処法は、個人再生か自己破産など別の債務整理を執ることを考えなくてはいけません。その場合は、依頼している弁護士によく相談して選択してください。

任意整理をするデメリットってこのぐらいです。この程度だから借金返済が可能でも利息を払いたくないから任意整理したいと思う人がいるのでしょうね。

任意整理にかかる費用ってどのぐらいなの?

任意整理にかかる費用は依頼する弁護士や司法書士によって異なっています。相場は着手金と報酬金の合計で5~10万円で、さらに借金が減額したらその額の10%ほどの報酬を支払うことが多いです。

意外と安いなと思った人もいるかと思いますが、この費用は任意整理する1業者に対する費用です。複数の業者に任意整理するとその数だけかかることになるので、高額になる場合もあります。

弁護士や司法書士も任意整理を希望する人が一括で多額の費用を支払うのが難しいことはわかっています。費用の分割払いに応じてくれるところもありますので、一括で支払えないからと言って諦めないでください。

 

まとめ

任意整理は、裁判所を通さずに債権者と交渉して、将来の利息カットや元本を減らしてもらい今よりも少ない金額で返済していくことです。返済しなくていいというわけではありません。

任意整理のデメリットは、クレジットカードを作れなくなること、借金の免除額が少ないこと、応じてくれない業者がいることです。応じてくれなかった場合は個人再生か自己破産の検討をしないといけません。

任意整理の手続きにかかる費用は、分割払いに応じてくれる弁護士や司法書士もいます。一括で費用が支払えないからと言って、任意整理することを諦める必要はありません。

現在の借金返済が苦しくてどうしようもない人は、任意整理のメリットやデメリットをよく理解して任意整理を利用できるようなら利用して、無理のない返済をするようにした方がよいでしょう。

※まずは無料で相談の場合、件数が少なくても対応してくれる司法書士さんもいます。
⬇︎
司法書士に任意整理の無料相談

関連記事