コレナレ!お役立ち情報!
ビジネス

事務職の種類と仕事内容とは?

Office work

事務職とは、書類の作成やデータ入力、来客対応などといった内容の仕事です。

事務職の仕事には種類があり、それによって仕事内容も異なります。では、事務職とはそれぞれどのような業務があるのでしょうか。

そこで、事務職の仕事内容や必要となるスキルなどについて調べてみました。

 

事務職の種類と仕事内容

事務職の仕事内容とは主に、書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対、来客応対などが一般的です。

他にも、コピーをとったりお茶を出したりと、周りの職員をサポートするという会社にとって重要な役割も担っています。

では、事務職の仕事の種類についてご紹介します。

 

事務職の種類一覧

事務職の仕事の種類には、営業事務、一般事務、経理事務、人事事務、総務事務、法務事務、貿易事務など、様々あります。

他にも、医療事務や学校事務など、身近な職場にも事務職は存在します。では、事務職にはいったいどのようなスキルが必要になるのでしょうか。

 

事務職の種類と必要なスキル

事務職の仕事に必要なスキルとして、コミュニケーション能力、パソコンスキル、スケジュール管理能力、作業の正確性、スピード、臨機応変な対応、などがあります。

これらは試験などで習得しなくても、事務職に慣れていくことで習得出来る場合もあります。しかし、それぞれの仕事の種類によっては資格があると役に立つ場合もあります。

 

事務職の種類と就職のポイント

事務職に就職をする際には、資格があると有利になることもあります。

例えば、人事事務の場合にはマイクロソフトオフィススペシャリストや社会保険労務士、貿易事務の場合は日商ビジネス英語、貿易実務検定など、それぞれの仕事によって役立つ試験が異なります。

そのため、自分が就職を希望する事務職に合った試験を受けることが、就職の際の大きなポイントになることを知っておきましょう。

 

事務職の種類と人気な理由

事務職の中でも人気が高い仕事は、医療事務です。医療事務は自分の生活に合わせ長く働くことが出来るところが人気の理由になります。

ほかにも貿易事務などといった種類もありますが、貿易事務とは専門的なスキルが必要となるため、医療事務や学校事務などといった種類の事務の方が身近なことも、人気の理由に繋がっています。

 

まとめ

事務職の業務には様々な種類があり、仕事内容もそれぞれ違いがあります。

そのため、自分に合った就職先を選び、必要なスキルをあらかじめ知っておくことが大事なのではないでしょうか。

 

関連記事