コレナレ!お役立ち情報!
お金

フリーターは住民税に注意!住民税についてご紹介

Town

フリーターで働いていると住民税の納付書が送られてくることがあるので事前準備が必要です。

事前準備をしておけば納付書が送られてきても慌てることなく対応することができるでしょう。

ここでは、フリーターに注意が必要な住民税について紹介します。短時間で読めるので、住民税に対しての知識を身につけておきましょう。

 

あなたはフリーターが住民税に注意をする必要があることを知っていましたか?

自由に働けるフリーターは、その自由さから税金のことは自分で管理する必要があります。特に住民税には注意をしましょう。

正社員として働けないために仕方なくフリーターをしている人も多いですが、趣味の時間を充実させるために比較的自由に働けるフリーターを選んでいる人もいます。

アルバイトの求人は求人サイトなどでも見つけることができて、フリーターは仕事を見つけやすい環境です。

そんなフリーターとして働くためには税金に注意する必要があります。

特に注意が必要なのが住民税です。正社員などでは住民税は給料から天引きされるのですが、フリーターでは住民税が天引きされていないケースがあります。

天引きされていないことで住民税納付書が送られてきて慌てることにもなります。

 

フリーターに注意が必要な住民税の計算方法

住民税の計算は、前年度の収入によって決まります。フリーターとして稼いだお金が多ければ、それだけ高い住民税になるということです。

ただ収入が少ないと非課税になることもあります。住民税は給与所得控除額を引いた収入分に税金がかかります。

控除された残りが少なければ非課税となることもあり、この時には住民税を支払う必要もありません。

この住民税は前年度の収入によって決まるので、今妊娠中で働いていないというケースでも、前年度に一定の収入があれば住民税を支払う必要があります。

 

あなたはフリーターが住民税をいつ払うのかを知っていますか?

フリーターとして働き始めてまだ一年経過していない人は、住民税はいつ払うのかという疑問もあるでしょう。フリーターの住民税の納付は、市区町村から送られてくる住民税納付書で納めることになります。

一括で支払うのではなく、6月・8月・10月・12月の4回に別けて支払うので、収入によってはそれほど負担と感じないケースもあるでしょう。

しかし、収入の多い人は急に数万円の住民税を支払えと言われても払えない人もいるかもしれません。

払えないからと滞納をすると滞納税がかかることがありますし、最悪の場合には財産の差し押さえとなることもあるので、事前に住民税が支払えるようにお金を残しておきましょう。

 

フリーターの住民税だけでなく所得税の払い方についてもお教えします

住民税を納付所で納めるなら、所得税も同じ払い方なのかと思う人もいるかもしれませんが、一般的に所得税は給与から自動的に引かれています。

給与明細を確認すると所得税分が引かれていることが分かるでしょう。フリーターに限らず、正社員と同じように所得税は給料から天引きされるので住民税のように気にする必要はありません。

ただ転職をしたり2か所以上で働いたりしている、年末調整をしていない、所得税が引かれていない場合には自分で確定申告をして所得税を納める必要があります。

 

フリーターで住民税が心配な人へのアドバイス

自由度の高い働き方ができるフリーターは、扶養控除や配偶者控除を上手く利用して支払う税金を少なくすることもできます。そのためには税金のことについて勉強をしておく必要もあります。

正社員などであれば、税金は給料から天引きされるので気にする必要はありませんが、自由度の高いフリーターは自分で税金の管理をすることが大切です。

一定の収入があれば必ず税金は支払う必要があります。税金がかからないような働き方をする、一定の収入を得ている人は税金を払うための貯えをするなどの工夫が必要です。

 

まとめ

フリーターでも一定の収入があれば会社から住民税も天引きされるのですが、そうでない場合には自分で支払う必要があります。

納付所が送られてきてから慌てないように事前にお金を用意することが大切です。

税金の対策さえしっかりできれば、フリーターでも充実した生活が送れるでしょう。

 

 

関連記事