コレナレ!お役立ち情報!
生活

一人暮らしのガス代をもっと安く!ガス代節約術!

リビングルーム

一人暮らしを始めてガス代を見てびっくりした人いませんか? 一人暮らしでそんなにガスを使ってないはずなのに・・・なんでこんなに高いの!って思いましたよね。

自分だけ高いのか、それとも一人暮らしをしている人は同じぐらいガス代を支払っているのか。一人暮らしの人のガス代の平均ってどのぐらいか気になりますよね?

一人暮らしのガス代の平均、ガス代の決まり方、ガス代の節約術を紹介していきたいと思います。

一人暮らしのガス代の平均はこのぐらい!

一人暮らしのガス代は地域によっても違いますが1ヶ月の平均は4400円ぐらいでした。地域別では、北海道などの寒い地域が東京などの関東地方に比べると30%ぐらいガス代が高くなっていました。

ガス代の決まり方を徹底解説

ガス代は、基本料金+従量単価×ガス使用量で決まります。基本料金はガスを一切使わなくてもかかる料金で、従量料金は使ったガスの分だけ支払う料金です。

基本料金も、従量単価も地域やガス会社によって異なっていて、寒い地方ほど基本料金も従量単価も高い傾向があります。同じ量のガスを使っても北海道の方が関東よりガス代が1000円以上高いなんてことも起こります。

また、ガスには都市ガスとプロパンガスの2種類があります。都市ガスの方がプロパンガスよりも一般的には安いですが、都市ガスは都市部にしか供給されていないので、利用できる地域は限定されています。

今すぐできるガス代節約術大公開!

ガス代を節約する一番の方法はガス会社を見直すことです。ガスの自由化でガス会社を自由に選べるようになったので、一番安いプランがあるガス会社に乗り換えることを検討するとよいと思います。

マンションやアパートなどの賃貸住宅に住んでいる人は、勝手にガス会社を変えることはできないので大家さんに相談してみましょう。その時は、できれば複数の住人で大家さんに交渉しに行った方がよいでしょう。

キッチンでガス代節約方法は、強火より中火や弱火を使って調理することを心がけることです。また鍋やフライパンから炎がはみ出ないように調理した方がよいです。煮込み料理はガスを長時間使うのでしないように。

蓋を使って熱をできるだけ逃がさないようにすることでも、ガス使用量を減らすことができます。電気代の方が安いので、電子レンジで調理できるものはできるだけガスを使わないようにしましょう。

お風呂でのガス節約方法は、お風呂にできれば保温シートを敷いて、お湯の温度を逃がさないようにすると追い炊き回数を減らすことができます。シャワーだけで済ませる日を週に何日か作るとよいでしょう。

お湯の温度は40度前後に設定し上げ過ぎないようにしましょう。シャワーの出しっぱなしはもったいないので節水シャワーヘッドという節約グッズを購入し取り付けると、水道代も同時に節約できるのでよいと思います。

まとめ

一人暮らしの平均のガス代は約4400円で地域やガス会社によって差があります。都市ガスの方がプロパンガスよりも一般的に安いです。

ガス代の節約は、まず一番安いプランがあるガス会社の乗り換えを考えましょう。キッチンとお風呂でも工夫すればガス代を節約できます。

一人暮らしなら自分で節約したらその分だけガス代を安くでき、自由に使えるお金を増やすことができます。工夫をして今より少しでもガス代を安くして、自分の好きなことのためにお金を使って楽しい人生をお送りください。

ガス代は安いガス会社にのりかえるだけでグッとお安くすることもできます。住んでる地域のガス会社比較を一括で、しかも無料でしてくれるサービスを使うのが一番ガス代を安くする近道かも!

毎月のガス料金を安くする方法無料相談

関連記事