コレナレ!お役立ち情報!
生活

小麦粉にダニが見える!適切な保存や対応方法とは

Flour

小麦粉にダニが見えると心配になりますが、適切な保存や使い方でダニを心配する必要もなくなります。

ここでは、肉眼でも確認できるのか、適切な保存方法や使い方について解説します。

すぐに読める内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

 

小麦粉のダニは目に見えるのか?

テレビなどで、小麦粉の中でダニが増殖する、見えるということを知り、この害虫によってアレルギーを引き起こすのではないかと心配している人もいるでしょう。

そんなニュースを見て、家にあるものは大丈夫なのかと、この害虫がいないかと確認した人もいるかもしれません。

小麦粉にはヒョウダニやコナダニなどが繁殖しやすく、ネットの写真で確認して気持ち悪いと感じた人もいるでしょう。

そもそもこの害虫は肉眼で確認できるのか気になりますが、とても小さいためぱっと見ではダニがいるかどうかは判断しにくいです。

この害虫がいるかどうか心配な人は黒い紙を使ってみると良いでしょう。黒い紙に撒いて動くものがあればこの害虫がいる証拠です。

ダニは数日で繁殖してしまうため適切な保存が必要になります。

 

小麦粉のダニが見える時でも加熱すれば問題ないのか?

ダニがいても調理をすれば問題ないのではと考える人もいるでしょう。

しかしアレルギーの原因はダニの死骸や糞が原因となるケースもあるので、 熱によって死滅させたからといって安心というわけではありません。

ダニはどこにでもいて、保存の仕方によってはどうしても多少のダニは侵入しますが、ほんの少しの量なら気づかずに摂取したとしてもそれほど大きな問題にはならないでしょう。

 

小麦粉にダニが見えるときの適切な保存方法

摂取しても問題ないのなら気にする必要ないのかと思ってしまいますが、摂取する量が問題です。

1~2匹程度なら問題ないでしょうが、何千匹、何万匹も摂取すれば、人体に悪影響を与えることになるでしょう。

開封してから2年以上も経過して賞味期限が切れているようなものでは、想像以上のダニが繁殖します。

ただ買ってきて間もないときはダニが見えても適切な保存によって繁殖を防げます。

ダニは湿度60~80%、温度25~30度の環境で増殖しやすいですが、冷蔵庫の中は湿度も温度も低いためダニが増殖しにくい環境です。

密閉できる容器や袋に入れ替えて冷蔵庫で保管することでダニの増殖を防げます。

 

ダニが見える可能性が高いのが通常の小麦粉ではなくお好み焼き粉やパンケーキミックス

薄力粉や強力粉でもこの害虫を見ることはありますが、さらに多く発生しやすいと言われているのかお好み焼き粉やパンケーキミックスです。

これらにはアミノ酸が含まれているためダニが繁殖しやすいと考えられています。

そのためこのような粉をよく使う人は、なるべく早く使い切るようにしましょう。

長く保存するのではなく必要な時に全て使い切ってしまうことで安心してミックス粉を使うことができます。

 

小麦粉にダニが見えるということは家が不潔なのか?

ダニが見える時には、家がそれだけ不潔ではないのかと気になる人もいるでしょう。

しかし日本の家でダニが発生するのは一般的なことで家が不潔だから発生するわけではありません。

そもそもこの害虫がいないような家は存在しないとも言われているほどです。

開封すれば侵入を防ぐのはほぼ不可能でしょう。そのため適切な場所で保存をする、早く使い切るなどの工夫が重要です。

 

まとめ

どこの家でもダニの侵入を防ぐのは難しいですが、適切な保存をすることで増殖を防ぐことができますし、早く使い切ることで健康被害の心配はないでしょう。

家庭料理では小麦粉は欠かせない食材の一つですが、適切な保存や使い方をすることで、安心して小麦粉料理を楽しむことができます。

 

 

 

関連記事