コレナレ!お役立ち情報!
生活

人と比べない方法!人を気にせずいられるコツ

4People

人と比べない生き方をしたいと思っても難しいですが、これにはちょっとしたコツがあります。

人を気にせずにいられるコツを知ることで、自分らしく過ごせる時間も増えます。

ここでは、意識を変えるコツを紹介していますので、今の悩みもすぐに解消できるでしょう。

 

人と比べない生き方をしよう

人と比べない時間を過ごせば、今までとは違った楽な時間を過ごすことができます。

SNSが広まったことで知り合いのプライベート情報を知りやすくなり、入手した情報から人を気にする人も多いです。

しかし、この時に感じる、劣等感や優越感は、あくまでも自分が作り出した妄想にすぎません。

どんなに幸せそうな人に見えても、借金地獄で毎日お金の返済に悩まされている人もいれば、不幸に見えても家族の仲が良く家庭円満な人もいます。

幸か不幸かは、周りにいる人が決めるのではなく自分が決めることです。

知り合いではなく、昨日の自分と比較すると、日々少しずつのスキルアップでも数年もすれば大きな成長を感じます。

自分のスキルアップに目を向ければ人を気にせずいられるでしょう。

 

他人と比べてしまう人とそうでない人との意識の差

人が気になる人は、力量や行動、成果レベルだけで判断していると言われています。

人の脳は、曖昧なことをそのままにしておくのは難しく、「曖昧なことを明らかにしようと好奇心を持つ」、もしくは「遠ざけようとする」のどちらかです。

何ができるのか、どんな行動をしているのか、どれだけ収入を得ているか、どんな地位にあるかは、とても分かりやすく評価もしやすいです。

しかし、肝心なのは、自分が何に価値を感じ、何を大切にしているかです。

知識や技術は人工知能の発展によって取って代わることも可能ですが、感性や価値観は自分だけのもので、人工知能に代わることもありません。

日々、何を好きと感じ、何を嫌いと感じるのかと、自分自身と向き合うことで感性を磨くことができ、自分が何を大切にしているのかも分かります。

目に見える力量や行動、成果にとらわれるのではなく、自分が何を大切にしているかを知って、自分の感性や価値観を信じることで人との比較も自然と減るでしょう。

 

10の人と比べない方法とコツ

人と自分を比べない10の方法とコツは以下の通りです。

【自分の成功に目を向ける】

知り合いが成功すると羨ましいという気持ちも生まれてしまいますが、自分も受験や資格取得、就職や試合などで、今まで関わり合った人に影響を与えるような成果を出し、スキルアップもしています。

知り合いの力量や収入、プライベート情報ばかりに目を向けるのではなく、自分がしてきたことに目をむけましょう。

【なぜ比較するのかを考えてみよう】

力量や収入、行動や地位など、知り合いと比べるところは人によって違いますが、なぜ比較するのかを考えて、その考えを抱かないように心掛けましょう。

【物以外に意識を向けよう】

知り合いが持っている物に嫉妬する人もいますが、物ではなく愛情や友情などの物以外の目標に向かって努力をすると幸せに近づけます。

【ライバルではなく仲間】

周りにいる人は競争相手ではなく仲間と考えてみましょう。仲間と考えることで愛情や友情もわき、良い関係が築けます。

【有名人も一人の人間】

芸能人やアスリートなどの有名人も失敗することもあり、同じ人です。特別な人間ではなく、あなたと同じ人間だと思うことで劣等感も薄れます。

有名人の収入やプライベート情報などが気になる人も多いですが、自分のスキルアップだけに目を向ければ、特別な人間と感じる人と同じ存在にもなれるかもしれません。

【比較に意味はないことを知ろう】

前向きな人生を歩むためには、やる気を出して新しいことでも積極的にチャレンジする必要があります。

しかし、比較してやる気が出ないなら、あなたにとってマイナスであることが分かり、人の力量や収入を気にすることに意味がないと知るでしょう。

【リフレッシュを考える】

人が気になり頭がモヤモヤするなら、散歩をしてリフレッシュするのも良い方法です。

考えにとらわれたら散歩をすることを習慣にすれば、頭もスッキリさせることができます。

散歩でスッキリしないなら名言集を見るのも良い方法です。成功者の名言を見ることで前向きな気持にもなれて良いリフレッシュができます。

【手にしている物を書き出してみる】

今あなたが手にしている物や友人、才能などを書き出してみると、多くのものを手にしていることが分かり、自分が優れていることに気づきます。

【前の自分と比較をする】

前の自分を超える努力をすれば満足感も得られて、人の力量や収入、プライベート情報も気にならなくなります。

【自分を大切に育てよう】

人は誰でも失敗しますが、その失敗でスキルアップも可能です。

失敗した時に自分を責めるのではなく、「失敗しても大丈夫!」、「諦めずに頑張ろう!」、「頑張り過ぎているからリフレッシュしよう」など、自分に優しい言葉をかけてあげましょう。

 

他人と比べる心理を変えよう

人の良い点を見ると自分が劣っていると思ってしまいますが、人の良い点だけでなく、自分の良い点にも目を向けましょう。

ここは劣るが、ここは自分の方が良いと思えるとポジティブな気持になります。

結婚をして子供もいる友達に劣等感を感じる時でも、自分は独身だからこんなこともできる、子育てをしていないから時間もお金も自由に使えるなど、ちょっと視点を変えると自分の良い点が見つけられます。

 

他人と比べないで自分なりの「勝ち」を見つけよう!

「勝ち組」、「負け組」という言葉を聞くこともありますが、勝ち組になりたいと競い合っているとオーバーワークになって疲れてしまいます。

勝ち組か負け組かどうかは、自分の価値観によって決まります。

自分にとっての本当の幸せは何かを考えて、それを手にした時が「勝ち」だと考えれば、人と比べる必要もありません。

自分なりの「勝ち」を考えて、そのために日々過ごすことで自分の幸せも手に入るでしょう。

 

まとめ

人と比べるのではなく、前の自分と比較をして日々努力をすれば成長も感じられて幸せな時間が過ごせます。

知り合いが気になる人は、目に見える物ばかりにとらわれがちですが、自分の感性や価値観に目を向けることも大切です。

常に人が気になる人も、コツを覚えて訓練すれば徐々に人を気にせずにいられます。

自分の良い点を見つけておくと気持も楽になりますし、自分なりの「勝ち」を見つけることも良い方法です。

他人の収入や力量が気にならなくなれば自分のスキルアップだけに目が向き、自分なりの生き方を楽しめるようになるでしょう。

関連記事