コレナレ!お役立ち情報!
健康

コーヒーが口臭を発生させる原因とは?

Coffee

香りを楽しむイメージが強いコーヒーですが、飲んだ後の口臭が気になるという方は多いのではないでしょうか。

特に体臭や口臭を気にする女性にとって、臭いの原因は知っておきたいところですよね。

実はコーヒーには口臭が発生する原因が存在します。では、コーヒーを飲んだ後の口臭を予防する方法には、いったいどんなことがあるのでしょうか。

そこで、コーヒーと口臭の関係や効果的な予防法をご紹介します。

 

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因とは?

コーヒーを飲んだ後の口臭の原因として考えられているのが、コーヒー豆の微粒子の付着です。

コーヒー豆には微粒子が含まれており、舌に付着しやすいことで知られています。舌に付着した微粒子は、放置すると口臭の原因になります。

さらに、コーヒーには酸味があり、酸性が強いため、バクテリアを増やす働きがあります。それが原因で、口内の最近が活発になることで、口臭が強くなる傾向にあります。

コーヒーが原因の口臭には、飲むタイミングも関係しています。

空腹時や喉が渇いている時にコーヒーを飲むと、胃腸を刺激し、不調が引き起こることがあります。胃の不調は口臭の原因になるので、飲むタイミングとしては食後が最も適しています。

では、コーヒーを飲んだ後の口臭を予防するための方法をご紹介します。

 

コーヒーが原因の口臭を予防する方法とは?

コーヒーを飲んだ後の口臭を予防するには、うがいをすることが効果的です。その際にはマウスウォッシュなどを利用するとさらなる効果が期待出来ます。

ほかにも、舌を磨き、舌に付着した微粒子を落とす方法や、口臭ラボと言われているサプリを飲む方法、最近話題のヨーグルトコーヒーで胃腸の環境を整える方法などがあります。

どうしても口臭が気になる場合には、口臭サロンなどを利用することもおすすめです。

ここまでご紹介した通り、コーヒーは口臭の原因になることで知られていますが、実はニンニクを食べた後には逆に臭いを緩和する働きがあります。

コーヒーがニンニクの臭いを緩和する?

食べた後の口臭が最も機になる食べ物としてあげられるニンニク。

ニンニクは食べた後しばらくの間口臭が残ります。コーヒーにはその臭いを消す効果があるタンニンという成分が含まれており、ニンニクの嫌な臭いを緩和する働きがあります。

焼肉を食べた後など、口臭が気になる際には、食後にコーヒーを飲むことをおすすめします。

 

まとめ

コーヒーと口臭の関係についてご紹介しましたが、実際本人が自覚がなければ改善することは難しいですよね。

旦那さんの口臭が気になる、といった場合には、さり気なく予防法を教えるなどの方法で改善を促してみましょう。

コーヒー好きの方にとって非常に気になる口臭の問題ですが、予防法を知り、取り入れことで、より美味しくコーヒーを飲むことが出来るのではないでしょうか。

 

 

関連記事