コレナレ!お役立ち情報!
生活

仏滅の納車は縁起が悪い?考え方と対策を紹介!

Car

大切な車やバイクの納車日、ゲン担ぎのために、念のため仏滅を避ける人も多いはずです。大切なものを買う日なら、ゲン担ぎにあやかるのは当然です。

でも実は、必ずしも悪い事ばかりではない事はご存知ですか?忌避すべき日だとする人も多いですが、解釈次第によってはあえて仏滅を選ぶ事もあるのです。

仏滅の納車はいいのか、悪いのか?今回は、仏滅と納車の解釈を紹介します。ゲン担ぎはしたいけど縁の事はよくわからない人は、ぜひ参考にしてください。

 

仏滅と納車の関連性

仏滅は、歴中の一つである六曜において悪いとされた日です。どこに行ってもろくな目にあわないため、なるべくじっとしているべき日として知られています。

特に結婚や新居の購入、引っ越しなどの大掛かりな事は必ずと言っていいほど仏滅を避けて行われます。逆に縁起が良い日とされるのは、大安が一般的です。

そして納車は、自分にとって新しい車が手元に届く日で、決して小さな出来事ではありません。普通に考えれば避けたほうが賢明ですが、納車に限って言えばあえて選ぶ人もいるのです。

その背景には、どういった解釈の差が生まれているのか、見ていきます。

 

仏滅の納車が悪い根拠

悪い意見としては、以下の解釈があります。

仏滅はダメな日

何を始めるにも好ましくない日です。当然納車にも否定的な考えをもつ人も多く、ディーラーの人によってはあえて仏滅を外す提案をしてくる人もいるほどで、どれだけ世間に忌避されているかがわかるでしょう。

中古車だと前の事故歴が気になる

中古車は前の持ち主の運勢や事故歴を引きずってしまうといったジンクスもあります。ただでさえ不安要素のある中古車の納車に仏滅を選ぶと、不幸が降りかかると考える人も多いです。

実害がなくとも、風水や運勢等を気にする人にとってはやはり真っ先に避けるべき日にちと言えるでしょう。では対して、あえて仏滅を選ぶ人の意見を見てみます。

 

仏滅の納車が良い根拠

これだけ縁起の悪い日に納車を決行する人の考えには、以下の解釈があるのです。

新しく物事が始まる日

仏滅には、物滅(一度滅び、再び始まる)といった考えもできます。新しい事に手を出すには実は良い日と考える解釈もあり、新車を買うならうってつけであるとも言えなくはないでしょうか。

一番悪い日→これ以上悪くならない

逆に考えればその日の運勢が最低なので、それ以上は悪くならないといえます。その後の幸運を祈ってあえてこの日を選ぶ選択肢もあるのです。

じゃあ大安は後は下がるだけかといった話にもなりますが、これは考え方によるので一概に決められません。あくまで解釈の一つと受け取ってください。

あえて気にかけない

仏滅の周期は6日毎で、年間で数えれば60日にも上ります。うまくいかない日が年に60日もありますが、全部の日を家にこもりきるわけにもいきません。

そんな頻繁にあるなら、いっそ気にしないのも一つの考え方です。特別理由がなければ、現実の予定を優先することも大切です。

あえて納車日に設定するする人がいる位、好意的な解釈も存在します。では続いて、不本意で仏滅に納車する際の対策を見ていきます。

 

仏滅に納車してしまったら?

やっぱり運気が気になる、やむを得ず仏滅に納車したといった人は、以下の対策を試してください。少しは気が楽になります。

午後から納車する

終日悪い運勢の日と考えるのが一般的ですが、中には午前中のみで午後は運気が回復するといった解釈もあります。納車の時間を午後からにずらせば、最も悪い時間は回避できます。

お祓いをしてもらう

縁が気になる人は、神社に行けばお祓いをしてもらえます。費用は5,000円前後で手軽に行えるので、ゲン担ぎを重視する人は一度神社に足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、忙しければ自分でお祓いも可能です。方法はお酒と塩、お米を用意してタイヤ周辺にかけるだけです。その時間すらない人は、車の前で両手を叩いて合わせても浄化の効果が見込めます。

 

仏滅に納車するかは考え方次第

結論として、自分が好ましいと思う方に従えば良いといえます。仏滅を行動してはいけない日とらえるのか、新たなスタートの日とらえるのかは自分次第です。

因みに仏滅や大安以外でも、例えば友引は友引→友を轢くと縁起が悪かったり、先負は早い時間帯には運気が無かったりの解釈ができます。縁を第一に考えるなら大安の日以外は避けるべきでしょう。

一応現実的なメリットを挙げるなら、仏滅の日は避ける人が多いため、予約が取りやすかったり大安の日より価格が安かったりする可能性があります。現実的な人はあえて仏滅を選ぶのもありです。

逆に、心配性な人は万が一事故にあった際に、仏滅が原因だと考えてしまいがちです。納車した日で後悔する位なら、最善の日に納車して愁いをなくしてしまった方が健全と言えます。

 

まとめ

仏滅とは、悪いことが起こるとされる日で、当然納車にも適さない日と考える人も多いです。ただし、仏滅には新たに始まる解釈もあり、あえて新車を納車する人も最近では徐々に増えてきています。

やむを得ず仏滅に納車する人は、午後からの納車にしてもらうかお祓いをして厄を落とせます。お祓いは神社で行う他、自分で手軽に行えるので、面倒事が苦手な人でも安心です。

結局のところ両方の解釈ができてしまうので、自分がいいと思った方の解釈に従った方が後々後悔しないといえるでしょう。ポジティブに考えるなら仏滅を、心配性なら大安を選べば間違いないです。

タイミングを気にするあまり好機を逃すくらいなら、あえて仏滅に新しいスタートをきる事も一つの選択肢と言えます。

関連記事