コレナレ!お役立ち情報!
生活

ステンレスソープの原理!効果的な使い方もご紹介

stainless soap

画像引用:Amaozn.co.jp

ステンレスソープの原理が気になっている人も多いでしょうが、効果は触媒反応が関係しています。

原理を知って、良い使い方をすることで料理をする時に気になっていた、生魚、ニンニク、玉ねぎなどの匂いも解消できます。

ここでは、原理だけでなく効果的な使い方についても紹介します。

使い方はとても簡単なので、購入すれば、ニンニクなどを調理した時の手の臭いの悩みも解消できるでしょう。

 

ステンレスソープの原理とは

ステンレスソープは本当に効果があるのか、どのような原理となっているのか気になっている人もいるでしょう。

ニンニクや生魚などの臭いは、通常の手洗いでは簡単に落ちにくく、これは効果の高い業務用品の石鹸などを使っても同じでしょう。なぜ落ちにくいのかというと、ニンニクなどの臭いが水にも油にも馴染みにくいためです。

しかしこの臭いには、水や金属などによって触媒反応を起こして水溶性に変わるという特徴があります。

この特徴を活用したのがこのアイテムです。手にニンニクや生魚の臭いがついた時に、このアイテムと水でよく洗うことで、今まで洗剤では落とせなかった手のニンニクや生魚の臭いを落とせるようになります。

ただ、得られる効果は消臭効果だけで、洗浄効果や除菌効果は期待できないので注意をしましょう。

 

原理を知ったらステンレスソープの使い方を知ろう

使い方はとても簡単で、水を流しながらこのアイテムで擦るだけです。

水と一緒に使えば、臭いや水、金属とが反応して落とせるようになります。

ただ、表面が汚れているとうまく反応せず効果が得られないこともあります。そのため、使い終わったら綺麗に洗って乾燥させておくことが大切です。

 

ステンレスソープの原理は科学的に証明されているの?

今まで使ったことがない人は、本当に効果があるのか、科学的に効果を証明されているのかと気になっている人もいるでしょうが、科学的根拠は不十分とされています。

ただ、2007年に販売されてから、今も売れ続けていることを考えれば、一定の効果は期待できるでしょう。

100均でも購入できるので、臭いが気になっている人は気軽に試してみることをおすすめします。

 

ステンレスソープの原理ならステンレス製のシンクを触っても効果はあるの?

このソープの原理で考えれば、水を流しながら金属に触れば臭いが取れることになります。

それなら、台所のステンレス製のシンクで水を流しながら触っても同じ効果が得られるのではと思う人もいるでしょう。

臭いが消える原理は同じなので、持っていない人も、ステンレス製のもので水に流しながらこするだけで臭いを消すことは可能です。

効果が得られるか疑問を感じている人は、まずは自宅のシンクを触って臭い消しを試してみるのも良いでしょう。

 

ステンレスソープの原理と石鹸を活用することで効果的な手洗いができる

シンクに触って効果が得られるなら、商品を購入する必要もないと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、この原理では、効果はあくまでも臭いだけです。手洗いをするのなら、臭いだけでなく、手の汚れも落としたいものです。

そこで、このアイテムを使う時には、水だけでなく、汚れも落とすために石鹸などを一緒に使うことで、臭いも汚れも一緒に落とすことができます。

これなら、このアイテムを購入する意味もあるでしょう。

 

まとめ

この商品は、水と金属とか化学反応を起こすことで気になる臭いを消してくれるアイテムです。

汚れを落とすための石鹸を一緒に使うことで、臭い取りだけでなく汚れも一緒に落とすことができます。

このアイテムを使うことで、料理を作るときに気になっていた手の臭いも解消することができるでしょう。

関連記事