コレナレ!お役立ち情報!
健康

ゴーヤのわたは栄養豊富!栄養成分や料理法をご紹介

Bitter gourd

ゴーヤのわたは食べられるのかと気になりますが、意外にも栄養がたくさん含まれています。

わたも食べることで美容や健康に役立てることができるでしょう。

ここでは、わたに含まれる栄養成分、食べ方などについて紹介します。

身近な料理法で食べられるので、ゴーヤがあればすぐにでも活用することができるでしょう。

 

ゴーヤのわたに含まれる栄養成分

ゴーヤのわたは捨ててしまう人も多いですが、この中には栄養もしっかりと含まれているので食べることをお勧めします。

わたに含まれる栄養成分には、

  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄分

などがあります。

いつも捨ててしまうわたにも、色々な栄養が含まれていることがわかります。

ゴーヤを食べる時には、わたも食べることで美容や健康に良い効果が期待できるでしょう。

 

ゴーヤのわたに含まれる栄養にはどんな効果があるの?

ビタミンCは美容効果が高いことでよく知られています。コラーゲンの生成にはビタミンCは欠かせませんし、シミやしわ、ニキビなどの肌トラブルにも効果的です。

抗酸化作用もあり、紫外線から受けるダメージも軽減してくれます。夏には夏バテしやすいですが、このビタミンCは夏バテ対策にも有効な成分です。

ビタミンCは加熱すると壊れやすいと言われていますが、ゴーヤのわたに含まれるビタミンCは壊れにくいようです。そのため調理をしてもビタミンCを摂取できます。

わたに含まれるビタミンCの量は、皮よりも3倍も含まれていると言われていて、ビタミンCの摂取を考えている人は皮よりもわたを食べる方が良いでしょう。

わたの中にある種子には、共役リノール酸が含まれていて、脂肪燃焼効果、中性脂肪を抑える効果が期待できます。

食物繊維には便秘解消効果もありますし、カルシウムは骨を丈夫にしてくれ、鉄分は貧血予防になります。

このように、ゴーヤのわたの中には美容や健康に役立つ栄養成分が豊富です。

 

ゴーヤのわたに含まれる栄養が摂取できる料理法

わたの中にたくさんの栄養が含まれていることが分かっても、どのように食べたらいいのかと思う人もいるでしょう。

ネットでも色々レシピが紹介されていますが、皮のように苦味がないわたは、様々な料理に活用できます。

種を取り除いて、卵焼きや味噌汁の具、天ぷらにするのも良いですし、種を取るのが面倒なら、素揚げにしたりお好み焼きの具として入れたりするのもおすすめです。

素揚げといっても、フライパンにサラダ油を多めに入れて揚げるだけなので、お手軽料理です。

後は、塩を振って味付けするだけで美味しく食べることができます。

 

栄養のあるゴーヤのわたはジュースにも最適

夏バテをしやすい時期は食欲があまりない時もあるでしょう。

そんな時には、夏バテ予防の効果のあるゴーヤのわたを使ったジュースを作ってみましょう。

わただけなら、皮のような苦味もなく美味しいジュースを作ることができます。

好きな果物や野菜などを入れて、はちみつなどで甘みもつけることで美味しいジュースを作ることができるでしょう。

ジュースなら手軽に食欲がない時期でも手軽に栄養摂取することができます。

 

栄養豊富なゴーヤのわたは新鮮なうちに食べよう

ゴーヤがたくさんある時には、保存方法が気になります。

常温でそのまま置いておくと黄色く変色してしまい、味が落ちてしまいます。

ゴーヤをすぐに使わない場合には、中身を取り除いて、洗わずラップに包んで保存するのがよいとされています。

皮部分であれば保存ができて後からでも楽しめるので、この時に取り除いたわたや種を使った料理で楽しみましょう。

新鮮なうちに食べることで、含まれている栄養もしっかりと摂取することができます。

 

まとめ

ゴーヤのわたの中には、ビタミンCや食物繊維、カルシウムや鉄分などが含まれているので、美容や健康に役立てることができます。

わたは皮のように苦味もないので、お味噌汁や天ぷらなど様々な料理で活用することができるでしょう。

皮だけでなく、わたや種をしっかり食べて、美味しいゴーヤを楽しみましょう。

関連記事