コレナレ!お役立ち情報!
子育て

1歳児に酢飯を食べさせても大丈夫?注意点をご紹介

Baby

1歳児に酢飯を食べさせても良いのかと気になりますが、いくつかの注意点があります。

注意点に気をつけながら与えれば問題なく食べさせることができるでしょう。

ここでは、酢飯を食べさせても良いのか、回転寿司で食べられるものなどについて紹介します。

注意点を確認しておくことで、安心して色々なものを食べさせることができるようになるでしょう。

 

1歳の子に酢飯を食べさせても大丈夫?

酢飯をいつから食べさせたら良いのかと気になりますが、1歳児なら問題なく食べさせることができます。

1歳になれば、ミルクではなく離乳食を与えている時期で、この時期であれば酢飯を食べさせても大丈夫でしょう。

酢飯に使われている、酢や砂糖、塩は離乳中期以降から与えても良いとされ、離乳中期は生後7~8ヶ月頃です。

ただ、酢飯は通常のご飯より固めに炊きますし、大人好みの味付けでは小さな子供の体に負担がかかることもあります。

そのため、ちらし寿司などを作る時には子供用に作ってあげると良いでしょう。

酢が子供の胃腸に負担がかかるのではと思う人もいるかもしれませんが、原液でなければ心配する必要はありません。

酢の刺激成分が気になるようであれば、加熱をすることで酢を飛ばすことができます。

寿司酢を作る前に、鍋や電子レンジで加熱することで、子供でも食べやすい酢飯が作れます。

 

1歳のお誕生日に酢飯を使ったちらし寿司を食べさせても大丈夫?

1歳の誕生日に、カラフルなちらし寿司を作って祝ってあげたいと考えている人もいるかもしれません。

ちらし寿司は見た目にも綺麗で、作ってあげるととても喜んでくれるでしょう。

ただ、注意が必要なのが、ちらし寿司は様々な具材を使っているということです。

このちらし寿司を作る時には、酢飯だけでなく具材の味付けにも注意が必要です。

大人用に濃い味付けにしてしまうと塩分も増えてしまうため、小さな体には負担がかかります。

薄味で煮た野菜などを使うと良いでしょう。

その他にもご飯を柔らかめにする、酢の量を少なめにすることで安心して食べられるちらし寿司が作れます。

1歳半までは食物アレルギーが出やすい時期でもあるので、市販のちらし寿司やちらし寿司の素を使う時には、使っている具材や成分表などをよく確認してから与えるようにしましょう。

子供用のちらし寿司だけでなく、酢飯を使った料理には、お寿司のケーキ、薄焼き卵で作った手巻き寿司、キャラ巻きなど、工夫次第で様々な料理を作ることができます。

酢飯を使った料理も、具やおかずに気をつければ赤ちゃんに合った料理を作ることができます。

ネットでは1歳用のお寿司のレシピなども紹介されていることから、誕生日料理の参考にすることもできるでしょう。

ただ、ネットレシピを参考にするときには、誕生日にいきなり参考にして作るのではなくて、事前に一度作ることをおすすめします。

実際に作ってみると、子供が全く食べてくれない味付けだったということも起こります。

事前に作って、食べてくれそうなら誕生日に作ってあげてもよく食べてくれるでしょう。

気に入った料理は、お気に入りなどに登録しておくことで、すぐにでも活用することができます。

 

酢飯は大丈夫でも1歳児に生ものを与えるのは控えよう

子供と一緒にお寿司屋さんに出かけたいと考えている人もいるでしょう。

1歳なら酢飯を与えても大丈夫なのですが、お刺身などの生ものを与えるのは控えます。

小さな子供に生ものを与えると、アレルギーや食中毒を引き起こすリスクが大人よりも高いと言われています。

そのため、お寿司屋さんでは生ものを与えるのは注意が必要です。

 

1歳の子供と回転寿司に行く時には酢飯以外に何が食べられるの

回転寿司に行けば子供メニューも多く、卵焼きやうどん茶碗蒸しなどを食べさせることができるでしょう。

その他にも、天ぷらまきやアナゴ、かっぱ巻きや納豆巻き、コーンやカニカマなども食べることができます。

ただ、油が多い揚げ物の食べ過ぎは注意が必要ですし、アナゴでは骨に注意する必要があります。

軍艦巻きでは、海苔は取り除いてから食べさせる方が良いでしょう。

その他にも、ワサビに気を付ける、醤油は塩分が多いのでつけずに食べさせるなどの注意点があります。

意外に食べられるものは多いのですが、食べさせる時には与え方には注意をしましょう。

 

1歳児への酢飯は無理に与えないようにしよう

お寿司が好きな人は、子供も好きになるようにと早くから酢飯に慣れさせたいと考える人もいるでしょう。

食べさせることには問題ないのですが、酢飯の味を好きになってくれるかどうかは別問題です。

無理に食べさせて寿司飯が食べられないようになってしまう可能性もあります。

与えてみて嫌がるようであれば無理に食べさせるのではなく、時間をおいてからもう一度試してみると良いでしょう。

好き嫌いを作るような原因にならないためにも、くれぐれも無理に食べさせるようなことはやめましょう。

 

まとめ

2歳の頃の子供に寿司飯を食べさせることは問題ないですが、ちらし寿司に使う具や寿司ネタには注意が必要です。

回転寿司でも、生ものは控える必要がありますし、その他にも、軍艦巻きなら海苔を海苔除く、アナゴは骨に気を付ける、ワサビや醤油はつけないなどの注意点があります。

食べさせても問題はない酢飯も、嫌がるようであれば無理に与えることはやめます。

上手く食べさせることで酢飯が好きになって、大きくなってから一緒にお寿司を楽しめるようになるでしょう。

関連記事