コレナレ!お役立ち情報!
生活

共働きの忙しい夫婦にこそ知ってほしい死亡保険の重要性

Family

 

みなさん、「遺族年金」という言葉をご存知ですか?遺族年金は共働きの夫婦にこそよく知ってほしい制度です。

共働きの夫婦はもらえる遺族年金の種類が複雑です。忙しい共働きの夫婦では相談する時間を取ることすら難しいかもしれませんが、一度遺族年金について話し合ってみませんか?

中にはただ単純に、「遺族年金がもらえるから大丈夫」と思っている方もいらっしゃるみたいです。しかしそれは本当にもらえる年金の種類を把握されていますか?

遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の二つがありますが、家庭によって受け取れる年金の種類に違いがあります。

この記事では、「遺族年金の支給金額の違い」と足りない分を補うための「死亡保険の重要性」についてご紹介します。生命保険への加入をお考えの方はぜひご一読ください!

 

共働きの夫は要注意。妻に万一があった場合にどうなる?

以前は遺族年金を受けとることができなかった夫も、現在は受け取れるようになりました。しかし夫であれば誰でも受け取れる訳ではありません。

夫が死亡した妻であれば、18歳未満の子供がいれば遺族基礎・厚生年金ともに支給されます。18歳未満の子供がいない場合は遺族厚生年金のみの支給となります。

しかし妻が死亡した夫の場合、遺族基礎年金は支給されますが、遺族厚生年金に関しては18歳未満の子供がいれば子供が受け取る形になります。そして高校を卒業すると支給されなくなります。

子供がいない場合は遺族基礎年金は支給されず、遺族厚生年金に関しても自身が55歳以上であり、一定の条件を満たさないと支給されません。金額も夫が死亡した際に支給されるものとは差があります。

つまり、共働きで妻の収入もあるし、厚生年金にも加入しているから大丈夫だと思っている夫婦こそ、いざとなった時に支給されると思っていた年金が支給されないということになりかねないのです。

18歳未満の子供がいても、大学進学などを目指す際には遺族年金の支給が終わっているため、資金繰りに困窮する家庭が多いのが現状です。そういった際に注目したいのが、「死亡保険」の存在です。

 

備えあれば憂いなしは本当だった!死亡保険は家族みんなのために

遺族年金だけでは十分ではない場合があると分かった今、注目すべきは「死亡保険」です。では死亡保険とは一体何なのか、その必要性をご説明します。

死亡保険とは、一般論として「世帯の大黒柱に働けなくなるような万一のことがあった場合残された家族が先の生活に困窮することのないように備える」ためのものです。全体の90%の家庭が死亡保険に加入しています。

人が死亡した際、残された家族は悲しいだけではなく、様々な資金繰りが必要となってきます。生活費のみならず、葬儀費用や子供の学費などが必要な場合もあるでしょう。

つまり、かなりの額のまとまったお金が必要となります。それを補うために今から備えられるのが死亡保険です。

特に若い世代の夫婦では、子供がまだ小さいことなどもあり、万が一の時のための貯蓄が十分にされていない場合がほとんどです。細かい計算をしていることも少ないかもしれません。

しかし、人生は何が起こるか分かりません。人の生死に関してはある日突然何かが起こるケースがあります。

保険に加入するということは、その突然の出来事に備えるということです。そしてそれは、ご自分のためだけならず、大事なご家族のためにもなります。

この先何が起こるか分からないけれど、家族みんなが困窮することのないように備える。そのために必要なのが死亡保険への加入なのです。

 

大事な家族のために死亡保険

死亡保険で保険金が支払われるケースは、家族が死亡した時だけではありません。高度障害によって働けなくなった際にも支払われる場合があります。

つまり収入が減ってしまっただけではなく、医療費などが必要となってしまった場合でも安心です。十分な貯蓄があれば問題ありませんが、そういったお金は果たしていくらぐらい必要なのかははかり知れませんよね。

更に、死亡保険には資産運用としての利用できる面があります。契約から一定の年数が経過した後に解約をすることで、定期預金などよりも高い金利が期待できるからです。

また、死亡保険金は一定の金額までは相続時において非課税のため、相続税の減額としての効果も期待できます。死亡保険に加入することで減税のメリットもあるということです。

まとめ

このように、人が死亡した際には金銭面でも様々な問題が浮上してきます。悲しみに暮れる間もなく、現実問題は厳しく降りかかってきます。

遺族年金は残された家族をサポートする大事な制度です。しかし前述した通り、それだけでは十分ではないのも現状です。

共働きで仕事に家事に育児に、毎日頑張っていらっしゃる夫婦の方々!ご自分のため、そしてご家族の大切な将来のためにも死亡保険への加入をご検討されてみてはいかかでしょうか?

 

※ 我が家では保険は定期的に今どんなものがあってお得なのか情報集めをして常に情報のアップデートを行います。 

そういう時は保険会社一軒一軒話すより、色んな保険を取り扱うファイナンシャルプランナーさんがこちらに来てくれるサービスが便利でオススメです。

無料の保険相談

関連記事