コレナレ!お役立ち情報!
生活

二階の暑さ対策をしたい!原因と対策法をご紹介

A house

夏は、二階が暑いと感じますが、そんな人は暑くなる理由と効果的な対策法を知ることが大切です。

理由や対処法を知ることで、快適な環境に変えることも可能です。

ここでは、原因と対処法を紹介します。

手軽な対処法もあり、今まで過ごしにくかった二階も快適な生活環境にできるでしょう。

 

二階が暑いと感じる時の原因と対策

一戸建ての二階では、夏になると一階と比べてとても暑いので過ごしにくいと感じやすいです。

暖かい空気は上にたまるためにどうしても二階が熱くなり、この暑さで夜も眠れない人もいるでしょう。

暖かい空気が上にたまるのも影響していますが、日差しで屋根が熱せられて天井裏の熱がこもっているのも二階が熱くなる要因です。

その他にも、日が当たる場所に窓がある、風通しが悪い、屋根の素材やベランダが熱くなるのも理由です。

この時の対処法の一つが換気で、うまく換気ができれば過ごしやすい環境になります。

換気のコツは、対面の窓を開けることです。そして、一方の窓を10~15cm程度開けて、もう一方を全開にすると熱い空気を外に出せます。

窓がひとつしかない場合には、扇風機やサーキュレーターを外に向かって使うことで換気可能です。

うまく換気をして熱い空気を室外に逃がしましょう。

ベランダが南側にあると照り返しが要因になりますが、打ち水をすると気化熱で熱を奪ってくれて涼しさを得られます。

 

二階が暑い時には窓の暑さ対策も重要

外からの熱は、窓から70%が室内に入ってくると言われ、この場所の対処が上手くできれば効果も実感しやすいです。

いくら換気をしても外からの熱を遮らないと思っているような効果は期待できないでしょう。

窓の暑さの対処では、昔から利用されているすだれを使ってみましょう。

すだれを使うと、直射日光が避けられて、室温の上昇も軽減できます。

出窓ではすだれの設置が難しいこともありますが、遮熱カーテンを利用する、窓に断熱・遮熱フィルムを貼り付けるのも良い対処法です。

その他にも朝顔やゴーヤなどを使ってグリーンカーテンを作るのも良いです。

すだれと同じような効果が得られますし、植物の水分によって冷却効果もあります。

 

二階が暑い時には天井裏も対策しよう

天井裏の熱は、アルミシートが便利です。

天井裏にアルミの遮熱シートを敷き詰めることで、熱を反射してくれるので部屋の中が暑くなるのを防ぐ効果が期待できます。

換気口があるのであれば、換気排熱ファンを取り付けることで効率よく熱を逃がせられます。

このファンをつけたことで、室温が35℃から30℃になったという高い効果を実感している人もいるので、費用はかかりますが暑さで悩んでいる人は、設置するのを考えてみるのも良いでしょう。

 

二階が暑い夜はサーキュレーターをうまく使う

暑くなりやすい二階の部屋は、夜になっても30℃を超えることもあり、そんな中で寝ていると熱中症になることもあります。

しかし、そんな時でも夜になれば外は涼しいこともあり、そんな外の空気をうまく部屋に取り入れるのも良い対処法です。

この時には、2台のサーキュレーターを使いましょう。

2階に窓がひとつしかない場合には、サーキュレーターで外の空気を部屋の中に取り込みます。

窓が二つあれば、一方からサーキュレーターで外の空気を取り込み、もう一方ではサーキュレーターで部屋の暑い空気を逃がしてやることで、空気の流れが生まれるので部屋の温度も下げられます。

 

二階が暑いと感じる時には屋根裏の点検口に換気扇を取り付けることを検討しよう!

屋根裏の温度が低下するだけで二階の部屋の室温も上昇しにくいのですが、ファンを取り付けるのは費用が高いです。

そこで、普段からDIYをしている人の中には、屋根裏の点検口に換気扇を自分で取り付けて対処する人もいます。

換気扇なら数千円で購入でき、低価格で対処可能です。

換気扇を取り付ける時には、点検口に木枠を作り、100均でも購入できるインテリアシートや隙間テープを貼り、換気扇のカバーをはめて完成です。

日頃からDIYをしている人なら、設置作業も1時間程度でできるようです。

費用を抑えたいと考えている人は、換気扇の設置を検討してみましょう。

 

まとめ

ネットでも、木造二階建ての二階はなぜ暑いのか、対処法がないのかと質問をしている人もいて、色々な人が良い対処法の回答をしています。

結局のところエアコンを使うのが一番といった回答もありますが、換気、窓や天井裏の対策をすれば、エアコンの効果を高められるでしょう。

DIYが得意な人なら、低価格な換気扇を上手く使えば安く対処できます。

原因を知って良い対処ができれば、部屋の暑さも感じにくくなって、快適な環境になるでしょう。

関連記事