コレナレ!お役立ち情報!
生活

寝室が寒い時の対策法!対策をして冬を乗り切ろう!

A couple on the bed

寒い冬は、寝室の寒さ対策で悩みますが、この対策には効果的な方法があります。

寒さ対策のコツを知ることで、快適な寝室を手にすることができるでしょう。

ここでは、寝室の寒さ対策について紹介します。

費用もあまりかけることなく対策ができる方法もあるので、すぐにでも対策をすることができるでしょう。

 

対策をするには寝室が寒い原因を知ろう

冬は、寝室が寒いとなかなか眠れないこともありますが、うまく寒さ対策をすることで快適な睡眠が得られるでしょう。

寝室の寒さ対策では、

  • 寝室の室温を上げる
  • 布団の中を暖かくする

などの対策が重要なポイントになります。

部屋の温度を高めるには、エアコンやオイルヒーター、ファンヒーターなどを使うのも良いですが、寝室が寒い原因の一つが窓です。

窓の対策を行うことで寝室の室温が下がりにくくなり、快適な環境を手にすることにつながります。

その他にも、寝室が寒くなる原因には、壁や天井からの冷え、日当たりが悪いなどが関係していることもあります。

室温を上げる対策を行った上で、布団の中を暖かくする工夫をすれば快眠を得やすい環境を作ることができるでしょう。

 

寝室が寒いと感じる時の窓の対策方法

寝室の寒さ対策では、窓の対策がとても重要です。窓からの放熱量は5割にもなると言われていることから、窓の対策をすることで大きな効果を得ることができるでしょう。

窓の対処法には、

  • 梱包材でも使用されているプチプチシートを貼る、断熱シートや発熱シートを貼る
  • 床まである厚手のカーテンを活用する
  • カーテンボックスを付ける

などがあります。

窓にプチプチシートや断熱シートなどを貼ることで、窓からの冷気を防ぐことにもなりますし、結露対策にも効果的です。

貼るのが面倒と感じる人もいるかもしれませんが、商品によっては水だけで貼れるものもあります。

長いカーテンで床まで覆ってしまえば窓からの冷気をしっかりと防ぐことにもつながるでしょう。

カーテンを閉め切っても隙間があると冷気が侵入する、熱が放出する原因になってしまいます。

カーテンボックスを使用することで、外気の流入を防ぐことができて、暖房効率を高めることもできます。

 

寒い寝室では布団の中も対策をしよう

布団の中を温める方法として、電気毛布や湯たんぽを使う方法があります。

ただ、電気毛布では電磁波が心配な人が多いですし、湯たんぽでは温められる範囲が限られています。

布団に入ると寒さを感じる時には敷き毛布がおすすめです。

寒い時には毛布を何枚もかけて寝る人も多いかと思いますが、その毛布を一枚敷くだけで暖かさを感じやすくなります。

それでも寒い時には、アルミシートを活用するのも良い方法です。

アルミシートは100均などでも売られていますが、このシートを掛け布団と毛布の間に挟むようにすることで熱が逃げるのを防いでくれます。

布団だけでなく、保温下着、レッグウォーマー、ネックウォーマーなどを活用することで、より効果的な対策となります。

 

寒い寝室は床対策も重要

寝室の寒さは窓からだけでなく、床からも冷えが生じます。

そのため、床の対策を行うことで、しっかりとした寒さ対策になります。

床には寒さ対策のためにカーペットを敷いている人もいるでしょう。

そんなカーペットの下にプチプチシートやアルミシートを敷くことで効果的な対策ができます。

これらのシートは100均でも購入できるので、費用をあまりかけずに効果的な対策をすることができるでしょう。

ネット通販や宅配便のダンボールがある場合には、ダンボールを敷いても効果的な対策になります。

 

寒い寝室は隙間も埋めて対策をしよう

冷気は窓のサッシやドアの隙間からも入ってきます。

そのため、この隙間を埋めておかないと十分な対策にはならないでしょう。

この隙間を埋めるためには隙間テープが効果的です。

このテープには、幅や厚みが違う様々な種類の商品が販売されていて、ただ貼るだけなので誰でも手軽に対策ができるのが魅力です。

このテープも100均で購入できるので、費用をあまりかけずに手軽に対策ができるでしょう。

 

まとめ

寝室の寒さ対策では、窓屋布団の中の対策だけでなく、床や窓の隙間にも対策を行うことが大切です。

十分な対策を行うことで、寒さを感じにくい寝室にすることができるでしょう。

大人なら我慢できる寒さでも、子育て中のママさんは、赤ちゃんに寒さを感じさせたくないとエアコンを一日中つけている人もいるでしょう。しかし、これでは電気代が気になってしまいます。

十分な寝室の寒さ対策をすることで、部屋も冷えにくくなるので、一度部屋を暖めるだけでエアコンを使わなくても快適な睡眠が得られる環境となります。

快適な環境を作って、冬でもぬくぬくの寝室で快眠を得ましょう。

関連記事