コレナレ!お役立ち情報!
子育て

修学旅行で便利な持ち物を知って楽しい時間を過ごそう!

Travel bags

修学旅行では、指定された持ち物だけでよいのかと気になりますが、あると便利なモノも多いです。

しっかりした準備をすることで、良い時間が過ごせるでしょう。

ここでは、あると便利なモノ、不要と感じやすいモノ、注意点について紹介していますので、持ち物の悩みや疑問もすぐに解消できるでしょう。

 

修学旅行で役に立つ持ち物をご紹介

それでは修学旅行に持っていくと役に立つものをご紹介します。

【リュック】

修学旅行中に必要な持ち物は、キャリアケースなどに入れて持って行きますが、旅行先に到着してからの移動では必要なものだけ入れて持ち歩けるリュックがあるととても便利です。

コンパクトにたたむことができるリュックを一つ持って行くことをおすすめします。

【スマホ】

スマホでアプリを利用すれば、知らない土地でも地図お手軽に見ることができますし、時刻表や飲食店を調べるのも簡単です。旅行先が海外の場合には、通訳の役割も果たしてくれるので、スマホ一つあるだけで楽しい時間を過ごしやすくなります。

【モバイルバッテリー】

スマホを使う際に困るのが電池切れです。スマホを便利に活用するためにもモバイルバッテリーを用意しておきましょう。

【複数口のコンセント】

宿泊先ではコンセントが足りないケースが多いです。携帯やスマホ、ドライヤーなど、コンセントが必要になるモノは多く、一部屋に複数人で宿泊するケースでは、複数口のコンセント一つあるととても便利です。

【腕時計】

スマホで時間を確認することもできますが、修学旅行では時間厳守となるため、すぐに時間が確認できる腕時計があるととても役に立ちます。

【ポケットティッシュ・ウェットティッシュ】

旅行中には公衆トイレを使用することになりますが、旅行先によってはトイレットペーパーが用意されていないケースも考えられます。このようなアイテムを用意しておくことで、そんな時でも対応しやすくなります。

【薬】

時期によっては蚊に刺されたりしますし、飛行機や車などに長時間乗ることで、乗り物酔いをしたり、飛行機での気圧の変化で頭痛を引き起こすこともあります。

飲み物や食べ物でお腹を壊してしまうこともあるかもしれません。そんな時に備えて薬を用意しておくと安心です。

【トランプ・UNO】

携帯型のゲームや音楽プレイヤーは禁止しているところも多いですが、トランプなどならOKとしているところも多いです。

移動中や宿泊先の部屋では、おしゃべりだけでは意外に盛り上がらなかったり、暇と感じてしまったりすることもあります。そんな時でも、トランプやUNOがあれば、みんなで楽しい時間が過ごせるでしょう。

【食べ物】

お菓子などの食べ物も持参しておくのも良いでしょう。コンビニなどもあるので、現地調達すればよいと思ってしまいますが、意外に修学旅行は行動が制限されて、上手く調達できないこともあります。

男子では夜にお腹が空いてしまう人も多いですが、カップラーメンを一つ持って行くだけで空腹を満たすことができるでしょう。

 

修学旅行で必要だと思った持ち物が不要だと感じたモノをご紹介

必要だと感じるものは意外に多くあるのですが、必要だと思って持っていったものが全く使わなかったと感じるものが多くあるようです。

もしものためにも、予備の着替えを持って行ったけど必要なかったという人も多いです。着替えはかさばるので、必要最小限にしておくと良いかもしれません。

また、ヘアアイロンやコンセントも、自分が持って行かなくても誰かが持ってきてくれるから必要ないという意見もあるようです。

このようなアイテムは、事前に同じ部屋の友達と話し合って、持って行く人を分担して決めると良いでしょう。

その他にも、暇つぶしのために、書籍を持って行く人もいますが、修学旅行は意外に忙しくて読む暇もないと感じることもあります。

 

修学旅行への持ち物ではトラブル対策も考えよう

集団行動をするため、犯罪に巻き込まれることは少ないのですが、小学生のような小さな子供の場合には、もしものために防犯ブザーなどを持たせておくと安心です。

鞄に取り付けられるアクセサリーのような防犯ブザーも販売されています。

また、修学旅行では、持って行ける金額が決まっていますが、財布を落としてしまって楽しいはずの旅行が何もできなくなってしまうことも考えられます。

そのため、財布を二つに別けて、数千円でも別に持たせておくと良い旅行ができるでしょう。

 

修学旅行では旅行先に合った持ち物を用意しよう

旅行先に沖縄を選ぶ学校も多いです。

沖縄が旅行先の場合の持ち物では、着替えも T シャツや短パンなどを用意し、海に入るのであれば、水着やゴーグル、ビーチサンダルなどを用意します。

また海に入った後は濡れた水着や服などを入れるために、ナイロン袋を数枚用意しておくと良いでしょう。

日差しが強い場所でもあるので日焼け止めなども用意しておくと安心です。

事前に必要となるモノを考えていても、当日になると入れるのを忘れてしまったということも良くあります。

女子中学生(jc)は、生理が始まったばかりの子も多く、漏れが気にならないように着替えなどもしっかりと準備する必要があるでしょう。

旅行前には、持ち物リストを作ってチェックをしながら準備をすると忘れ物もなく、楽しい時間が過ごせるようになります。

 

修学旅行の持ち物で注意したいのが空港での手荷物検査

国際線では基本的に化粧品は問題ないですが、国際線では、手荷物に液体やチューブに入ったモノを入れていると空港内の検査に引っかかることがあります。

100ml以内の容器で、透明の袋にまとめて入れておけば問題はないでしょう。

国内線でも、カッターやハサミなどの刃物は持ち込めません。 T 字カミソリや爪切りなどの小さいものであれば問題はないでしょう。

格安航空会社では、荷物の重量制限が設定され、少しでもオーバーすれば追加料金が請求されることもあります。

このように、飛行機に持ち込むときには色々注意点も多いので、事前にチェックしておくことが大切です。

 

まとめ

修学旅行では、持って行くと便利なモノも多いですが、意外に役に立たなかったと感じるモノもあるので、旅行先での過ごし方をよく考えて、必要なモノを選ぶことが大切です。

また、旅行中にトラブルが発生することも想定して、防犯ブザーや予備のお金も持って行くと安心です。

しっかりとした準備をすることで、楽しい修学旅行となるでしょう。

関連記事