コレナレ!お役立ち情報!
生活

プロパンガス料金を節約したい!節約術を紹介します

Cooking

一人暮らしではプロパンガスもそれほど使わないため節約を考えないかもしれませんが、家族が多い人はガス代が大きな負担と感じることもあります。

また賃貸物件では、物件によって同じ使用料でも料金が違うケースもあります。

ガスの使い方によっては光熱費のガス代が大きな割合を占めている家計もあるでしょう。このガス代の節約方法を知ることで家計を潤すこともできます。

ここではプロパンガスの節約術について紹介します。すぐに試せる節約術もあるので、少しでも支出を減らしたいと考えている人は参考にしてください。


すぐにでもできるプロパンガスの節約術をお教えします

給湯器でガスを使っているケースでは、プロパンガスの料金を節約するポイントがお風呂です。

お風呂では使用料も多く、このお風呂に使っているガス代を節約することで毎月のガス料金を大幅に減らすこともできるでしょう。

お風呂に使うガス代は、

  • ためるお湯の量を減らす
  • 家族の入浴時間をそろえて追い炊きを控える
  • 熱が逃げないようにこまめに蓋をする

などの工夫をするだけで節約をすることができます。

料理をするときには、

  • 鍋底から火がはみ出さない程度に調整をする
  • 電子レンジを活用して料理をする
  • 煮物では落し蓋をする
  • 洗い物の時には節水を心掛ける

などの工夫をすると良いでしょう。


グッズを活用するとさらに効果的にプロパンガス代を節約できる

お風呂のプロパンガス代を節約するためにはグッズを使うのも良い方法です。

お風呂の暖かさを保つためにはこまめに蓋をすることがポイントなのですが、この蓋をお風呂の保温シートに変えるだけで保温力を高めることができます。アルミの保温シートは価格も安くおすすめのグッズです。

シャワーをよく使う人は節水シャワーヘッドに変えるのも良い方法です。仕事などによって家族がバラバラな時間にお風呂に入る場合には、電気でお湯を冷めないように保温してくれるグッズも良いでしょう。

プロパンガスの節約はオール電化にするのも一つの方法

プロパンガス代の節約を考えている人は、オール電化にしてしまうのも一つの方法です。

オール電化にすれば当然ですがガス代は必要なくなりますし、給湯器は深夜帯の電気料金が安い時にお湯を沸かしてくれてとても経済的です。

オール電化するために給湯器やクッキングヒーターの買い替える必要もあるので初期費用が高いと感じるかもしれませんが、長い目で見れば光熱費を抑えることにもなります。


プロパンガスの節約は支払方法でもお得になることを知っていますか?

プロパンガスは支払い方法によっても料金を節約することができます。ガス代の支払方法には、口座振替、銀行振込、クレジットカード払い、コンビニ支払い、集金などの方法があります。

銀行振込での支払いでは手数料が自己負担となるケースがほとんどです。1回の手数料は数百円ですが、これを数年間続けるだけで大きな出費と感じることでしょう。

ガス会社によっては口座振替にすることで口座振替割引をしてくれるところもありますし、クレジットカード払いにすることでポイントがもらえることもあります。

支払方法によって手数料を支払うこともあれば、割引をしてもらえたりポイントがもらえたりするので、今のガス会社ではどのような支払い方法がお得なのかを調べてみましょう。

プロパンガス会社を変えて節約をする

プロパンガスの料金の節約を考えている人は、ガス会社選びも大切です。プロパンガス(lpガス)の料金は自由にガス会社が決められるためガス会社によって料金が異なります。

ガスの単価の平均を調べたいと考えている人も、ガス会社によっては単価を公表していないところもあります。国は料金を透明化するために指針の施行を進めていますが、まだ不透明だと感じている人もいるでしょう。

また、今のガス会社を利用することになったのは勧誘されたからという人もいるかもしれません。業者によっては調査と称して営業活動をするところもあるようですが、これは消費生活条例などで禁止されています。

ガス会社を選ぶときには、公式サイトなどで単価などが確認できるような会社を選ぶことが大切です。料金を公表している会社は適正な価格で販売している可能性が高いと判断することができます。

複数ある時には、最新の情報を確認するようにしましょう。自由に価格を決めることができるため、改稿されて数年前の料金とは異なるケースも考えられます。

まとめ

プロパンガスの料金を節約するには、料金の中でも大きな割合を占めているお風呂などから節約を考えるのが効果的です。

さらに単価の安いガス会社に変える、オール電化を考えるなどをすることで大幅に節約することもできるでしょう。

生活には欠かせない光熱費を上手く節約すれば、浮いたお金を趣味などに活用して充実した生活を送ることができます。

関連記事