コレナレ!お役立ち情報!
生活

ベットの向きに悩む!ベットの向きの決め方をご紹介

Bed

ベットの向きで悩んでいる人もいるでしょうが、ベットの向きの決め方にはいくつかの方法があります。

ベットの向きの決め方を知ることで毎日気持ちよく寝ることができるでしょう。

ここでは悩むベットの向きの決め方について紹介します。

すぐに読める内容となっているので、ベットの向きで悩んでいる人はぜひ最後までお読みください。


ベットの向きで迷った時の決め方

ベットの向きを決める時にはまず部屋のレイアウトをよく考えてみましょう。

ベットの置く位置や向きだけを考えていたのでは生活しにくい環境になってしまうことがあります。

レイアウトを決めたら、ベットの向きを決める方法として風水があります。

風水では性別や生まれた年によって良い方向が決められ、ベットの向きを吉方向にすることで安眠や開運効果が期待できます。

また一般的に方角には意味があるとされ、その方角の意味によって自分に合った方角を選ぶのも良いでしょう。

一般的に北枕は悪いとされていますが、北枕にすることで疲労回復効果が期待できるとも言われています。

東枕は若さを保つ、仕事運を高めるとされています。

南枕は風水ではあまり良い方角とはされていませんが、直感力を高め、名声運が得られる効果がある方角です。

西枕は熟睡するのには良い方角とされ、恋愛運や金運を高める効果が期待できる方角と言われています。

風水でのベットの向きのポイント

風水でのベットの向きを決めるときには「本命掛」を用います。この本命掛では、性別や生まれた年によって吉方角が異なります。

例えば平成2年に生まれた男性は東四命となり、東の方角が良いとされ、東以外にも北や南南東向きも良いとされる方角です。

また風水では方角だけでなく色もポイントになります。

ベッドカバーは寝室のインテリアに合わせている人もいるでしょうが、ベットの向きによってベットカバーの色を変えることで安眠効果や開運効果が期待できます。

方角のカラーは下記の通りです。

  • 南向きはピンクやオレンジ、ベージュ
  • 北東はホワイト
  • 南はブラウンやグリーン
  • 南東は暖色系
  • 東はグリーン
  • 南西はイエロー
  • 西はイエローやベージュ
  • 北西はベージュ


ベットの向きを決める時に注意をしたい事とは

ベットの向きを決める時には方角だけでなく、いくつか注意しておくべきことがあります。

注意するべきポイントとしては下記の通りです。

  • 入り口に頭を向けない
  • 姿が鏡に映らないようにする
  • 窓の近くは避ける
  • 家具や柱、梁などの角が指す方向は避ける
  • ベットと壁に隙間を開けない
  • できるだけ電気製品を置かない

これらのどれかがあてはまると、睡眠が妨げられたり運気が下がったりしてしまいます。


ベットの向きを変えられない、物も動かせない時の対処法

ベットの向きを決める上でいくつか注意するべきポイントがありましたが、ベットの向きを変えることが難しかったり家具の移動が難しかったりすることもあるでしょう。

マットレスは大きく一人では動かせないこともありますし、ギャッジアップなどの様々な機能が付いた介護ベットでは移動も難しいこともあります。

鏡がどうしても移動することができない場合には、布をかぶせて映らないようにするだけで大丈夫です。

また入り口に頭を向ける必要がある場合にはのれんや間仕切りなどをしましょう。

窓が近くにある時には厚めのカーテンをする、角がある場所にはコーナークッションを活用するなどの工夫をすることで、ベットの向きを変えなくても良い効果は得られます。


ベットの向きを気にし過ぎるのも良くない

ベットの向きを変えるだけで安眠効果や開運効果が期待できるのですが、間取りによっては変えたくても変えられないケースもあるでしょう。

ベットの向きはとても大切なことですが、方位を気にしすぎるのもよくありません。

気にしすぎるあまり不眠になってしまう人もいるでしょう。

ベットの向きを変えられないことで不眠に悩んでいる人は、その他の対策を考えてみましょう。

睡眠には適用とされる温度や湿度があります。夏場では約25~26℃、冬場は22~23が適温で、湿度は50~60%が理想です。

またラベンダーやカモミールの香りには安眠へと導いてくれる効果があるので、アロマの香りを利用するのも良いでしょう。

その他にも、日光浴をすると睡眠促進ホルモンのメラトニンの材料となるセロトニンが作られるので、朝早く日光浴をすることで夜には安眠効果が得られるようになります。

まとめ

ベットの向きがなかなか決められない人は、風水を取り入れることで安眠効果だけでなく運気を変える効果も期待できます。

ベットを簡単に動かせない人は、向きにこだわらず他の方法で安眠効果を得ることも可能です。

毎日充実した生活を送るためには睡眠がとても重要です。

ベットの向きを変えたり安眠を得やすい環境を整えたりすることで十分な睡眠がとれて、毎日の生活も充実させることができるでしょう。

関連記事