コレナレ!お役立ち情報!
生活

ドライヤーを利用した合皮の臭い取りの方法!

Leather jacket

合皮特有の臭いを抑えたいと思っている人に朗報です。ドライヤーを使う事で効果的にを抑える事ができるといわれているのを知っていますか。

合皮のもつ独特な臭いは生地の特性上どうしても発生するもので、着ているとどうしても気になる人も多いはずです。ですが、そんな嫌な臭いをドライヤーを使う事で抑える事ができるのです。

今回は、ドライヤーを使った合皮の臭い取りの方法を紹介します。せっかくの服が臭いで着られず困っているという人は、ぜひ目を通してください。

合皮の臭い取りに効果的なのはドライヤー

合皮の臭いをとる方法に関しては、重曹や酢、炭を使うなどいくつかあります。ですがこれらの方法は手間がかかる上に、常に常備しているとも限らないので余計な出費になってしまうかもしれません。

そんな時に役に立つのがドライヤーです。ドライヤーであれば生活する上でだれでも持っているでしょうし、手順も簡単なので、家事の合間を縫って気軽に処置することができます。

また、温風を当てるだけなので失敗する心配もなく、誰でもすぐに実行できるのもいい点です。以上の点から、合皮の臭い取りに一番効果的なものという問いに対しての回答はドライヤーであるといえるのです。

では具体的な方法を紹介する前に、ドライヤーで臭い取りが出来る原理についてお話しします。

ドライヤーで合皮の臭いが消える原理

そもそも合皮特有の臭いが発生する原因は、合皮の構成物質にあります。合皮は化学物質を用いられてできているため、ウール製品などの天然ものと違いどうしても独自の臭いが生まれてしまうのです。

また、製造過程でボンドなどを利用している場合もあるため、ボンドやシンナーの臭いもする場合があります。それらの臭いが混ざってあの独特の臭いを生んでいるという訳です。

そしてこの臭いは揮発性なので、ある程度の高温を当て続ける事で臭いを飛ばすことができます。そのため、臭い取りにドライヤーが効果的になるという訳なのです。

では早速、ドライヤーを使って臭い取りを行う方法を確認していきましょう。


ドライヤーを使って合皮の臭いを取る方法

方法は単純で、ドライヤーの温風を合皮製品に満遍なく当てて、化学物質を揮発させるだけです。ドライヤー以外には何一つ必要なものはありませんので、すぐにでも試すことが出来るでしょう。

注意点としては、あまり調時間温風を当ててしまったり、至近距離で温風を当て続けると製品がダメージを受けてしまいます。元々短い合皮製品の寿命がさらに短くなるので、気を付けましょう。

ドライヤーを当てる時は、およそ10センチ程度離れたところから当てるのがコツです。


ドライヤーでの臭い取りはどんな合皮製品にも有効?

揮発の原理はどれも一緒です。そのため、基本的にはどの合皮製品に対してもドライヤーで臭いの成分を揮発させるのは効果的と言えます。

合皮を部分利用した衣類は勿論、合皮の利用率が多い靴にも同じように対応可能です。靴には専用のドライヤーもあるので、使い分けたい人は検討してみるのも良いでしょう。

また、バイク乗りの人でicon製のヘルメットを使う人も多いと思いますが、それらの合皮部分の臭い取りにもドライヤーは有効です。ヘルメットは臭いがこもりやすいので気になっている人は試してみてください。

ドライヤーで合皮の臭い取りをする際の注意点

方法自体は簡単なのですが、合皮自体はデリケートな品物なので、加減を間違えてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。以下に注意点を紹介するので、ドライヤーをあてる際は気を付けてください。

近くで当てすぎない

上でも少し述べましたが、合皮製品は寿命が短く、少しのダメージでも劣化を早める原因になってしまいます。至近距離からのドライヤーは臭いの揮発も早まる一方、製品に与えるダメージも大きくなります。

すぐに臭いを飛ばしたい場合でも、適度な距離を保つことが大切です。

伸びないよう気を付ける

合皮製品は性質上、熱を加えると伸びることがあります。少し暖かいくらいでは問題ありませんが、ドライヤーレベルの熱を長時間当て続けられるとその部分だけ伸びてしまう可能性があるのです。

ドライヤーをあてる際はなるべく一か所に熱がたまらないよう、満遍なく当てていくことが大切です。

まとめ

合皮製品の臭い取りには、手軽さや常備性の面から見てもドライヤーを利用するのが一番効果的です。温風を当てるだけで化学物質特有の臭いが揮発していき、臭いを抑える事ができるのです。

ドライヤーをあてる際は、10センチほど離しながら、一か所に熱がたまらないよう満遍なく当ててください。過度な加熱は製品の寿命を縮める他、生地が伸びてしまう原因にもなります。

合皮製品は洗濯も気軽にできないため、臭い取りの方法で悩んでいる人も多いでしょう。ですが、誰もが持っているドライヤーを利用することで、簡単に臭い取りが出来るのです。

当てすぎにだけ気を付ければ、もう合皮の臭いとは無縁の生活を送る事ができるはずです。

関連記事