コレナレ!お役立ち情報!
学習

ネットワークの勉強方法とは?

机の上のコンピューター

ネットワークを勉強したいけれど、その方法がわからないという方。IT系の仕事に就くには、ネットワークの勉強が必要になります。

雑誌や本、参考書などで学ぶ方法が一般的ですが、基本情報技術者試験のネットワークについての問題を回答するなどの方法もあり、その勉強法は人によって異なります。

そこで、ネットワークの勉強のやり方について調べてみました。

ネットワークの勉強法:実践

ネットワークを勉強する際には、ある程度の知識がある場合実践することで学ぶ方法があります。

しかし、その場合お金がかかるためなかなか実践は難しいという意見もあります。そこで、お金をかけずに疑似体験出来るソフトを使うと、お金をかけずに実践することが出来ます。

フリーで使用出来るエミュレータソフトなどもあるので、うまく利用することをおすすめします。

では、初心者の方がネットワークを学ぶには、どのような勉強方法があるのでしょうか。

ネットワークの勉強法:参考書

ネットワークの勉強法として、最も初心者向けなのが、参考書による勉強です。参考書を読みながら基本情報技術者試験の過去問を解くなどして、まずは知識を学びましょう。

そうすることで、ネットワークに関する単語や、ネットワークエンジニアという仕事に関する知識などを知ることに繋がります。

ネットワークの勉強法:サイト

ネットワークを勉強する際には、様々な書籍が非常に役に立ちます。書籍は初心者から上級者と、自分のレベルに合わせたものから選べます。

最近では様々なサイトでネットワークを学ぶことが出来ますが、サイトは情報量が多く、初心者にとっては難しいため、まずは自分のレベルに合わせた書籍を読むことをおすすめします。

ネットワークの勉強法:実機を使う

ネットワークの勉強法として、実機を使って学ぶ方法があります。基礎的な理解を得るには、実機を使い実践することで効率良く学ぶことが出来ます。

実機を買うとお金がかかりますが、最近では中古で1万円以下のものもあるので、勉強用として購入するのもありではないでしょうか。

ネットワークの勉強法:動画

ネットワークの勉強法として最近人気を集めているのが、動画による勉強です。動画ではわかりやすい解説を聞いたり、図を使った説明などを見ることが出来るので、初心者にも理解しやすい内容になっています。

そのため、参考書に身が入らない時などには、動画を観ながら知識を得る方法があるということも知っておきましょう。

まとめ

ネットワークの勉強は、就きたい仕事によっては必要となる場合があるため、まずは自宅で学べる環境を整えることが大事です。

勉強方法は様々あるので、自分に合った方法で効率良く勉強を進めることをおすすめします。

初心者から中級者までの方にオススメの入門書

関連記事