コレナレ!お役立ち情報!
学習

楽に生きる!コツを知って快適な人生を歩もう

Happy girl

もっと楽に生きる方法はないのかと悩んでいる人もいるでしょうが、自分の考え一つで変えることも可能です。

上手く生きるコツさえ知れば、誰でも楽に生きることができます。

ここでは、楽に生きるためのコツを紹介していますので、悩みもすぐに解消することができるでしょう。

楽に生きたいならこだわりを捨てることが大切

最近疲れを感じ、もっと楽に生きる方法はないのかと考えている人もいるでしょうが、そんな人は、今持っているこだわりを捨てて生活を送ってみることを考えてみましょう。

老後に不安を感じ、生活費を切り詰めて貯蓄をしている人も多いですし、理想とする自分になるために日頃から努力をしている人もいます。

しかし、余裕のない生活を送っていると、ゆとりがないために、「つらい」、「苦しい」、「楽しくない」と感じやすく、こだわりを捨てれば楽な時間が過ごせます。

そんなことは分かっているけど、それでは老後が不安になったり、そもそも生きる意味も感じなかったりしてしまいますが、こだわりをすべて捨てるのではなく、今の目標のハードルを少し下げてみましょう。

高い目標に向かうのはとても大変なことです。目標のハードルを下げることで楽に生活を送ることができます。

早く目標額を貯めたいと、全くゆとりがないお金の貯め方ではつらいのは当然でしょう。目標額を貯める期間を少し延ばして、少し生活にゆとりを持たせることで楽な生活が送れます。

理想の自分になりたいと思っている人も、理想が高すぎれば理想と現実とで苦しむことになります。

高い目標を持って努力することは大切ですが、高すぎる目標に向かうのは非効率と言われています。

高い目標を目指す場合には、今の自分が達成しやすい小さな目標に分割して、一つひとつクリアしていくことで、楽に進むことができて、高い目標にも一歩一歩近づくことができます。

こだわりを捨てるといっても、自分の目的を捨てることではなく、高みだけを見て進むことを捨てて、楽に進める道筋を自分で作って一歩一歩進むことです。

このことで、日々達成感も得られることから、つらさも軽減できて楽に生きることができるでしょう。

 

楽に生きるコツ

楽に生きるコツとしては、

  • 他人と競い合わない
  • 今の自分を認める
  • 集中すべきところを見極める
  • 自分のルールを見直す

以上のことが大切です。

他人を物差しにして理想を作り上げる人もいますが、実力が伴っていないとハードルが高すぎて苦しい時間を過ごすことにもなります。

目標は、今の自分の実力をもとに、現実的な目標を設定することが大切です。他人と競うとプライドも邪魔することもあるので、他人を意識し過ぎないようにしましょう。

目標を設定して努力していても上手くいかないと、自分はダメな人間だと思ってしまう人もいますが、完璧な人間はどこにもいません。

人は誰でも不完全なものなので、自分を認めて一歩ずつ前に進みましょう。

いつも全力疾走では疲れてしまいます。利益の8割は全体の2割から生まれるという「パレートの法則」もあることからも、集中するタイミングを見極めるだけでも楽に生きられます。

楽に生きられないと感じている人は、今の自分が決めているルールを見直すことで、力が入り過ぎていたことに気づき、力を抜いて人生を歩むことができるでしょう。

 

人生を楽に生きる方法では人付き合いも重要なポイント

生きていることがつらいと感じるのは、人間関係という人も多いのではないでしょうか。

恋人や配偶者、仕事や近所付き合いで悩んでいる人も多いです。

職場では、正社員の人なら、同じ職場の人と何十年も付き合っていくことになりますし、派遣社員の人でも短期間の付き合いばかりで、上手く会社の人と馴染めず悩む人もいます。

人間関係に疲れている人は、被害者意識を強く持ちやすい、かみ合わない人と付き合っている、人の悩み事を良く聞いている人が多いのではないでしょうか。

自分が相手のために色々行動して上げているのに、相手はそんな自分を大切にしてくれないと思う人も多いです。しかし、マイナス思考のままでは疲れるばかりで、幸せにもなれません。

相手が自分に都合の良い行動や返事をしてくれなくても、プラス思考でいることで楽に生活をすることができます。

友達が多いことは良いのですが、中には話がかみ合わない、一緒に居ると違和感がある人もいるでしょう。そんな人と無理に付き合っていてもつらい思いをすることが多いです。

人との価値観の違いは解消できないので、違和感があるなら距離をおくのも良い方法です。

自分が悩んでいると、同じような悩みを持った人が近づいてくることもあります。他人の悩みを真剣に聴いていると、負の連鎖によって自分もさらにつらくなってしまうこともあります。

何とかしてあげたいという気持ちは分かりますが、力になりたいと思っても解決できないことがほとんどです。

無理に力になろうとするのではなく、人の悩みは聞き流す程度にしておくことで楽な時間が過ごせるでしょう。

 

人生を楽に生きるためには相手に期待しすぎないことも大切

生活では人付き合いも重要なのですが、自分と関わっている人達に期待しすぎるのもよくありません。

相手がこんな返事を返してくれるのではと期待しすぎていると、期待していた返事がなかった時には落ち込んでしまう原因にもなります。

相手の行動や返事に振り回されていると、毎日とても辛い日々になってしまいます。

相手が常に自分のことを考えてくれることはまずないでしょう。

相手にも自分とは違う考えや生活があり、行動や返事を予測したり期待したりするのは無意味です。

相手に対して期待しすぎないことで楽な時間を過ごすことができます。

 

楽に生きるコツでは考えすぎないことも重要

失敗した時には誰でも落ち込んでしまいますが、そんな失敗を気にし過ぎるとつらいだけです。

過去の失敗はいくら悩んだとしてもやり直すことはできません。

失敗した時には、次は失敗しないように対策などをたてて、良い対策が見つかれば後は気にしないことがコツです。

過去のことを気にし続けるような時間を過ごすことをやめて、前向きな時間を過ごしましょう。

 

まとめ

何か目標を決めて努力していて、今の生活がつらいと感じるのなら、こだわりを捨てるのも楽に生きるコツです。目標のハードルを下げることで、達成感も感じやすくなるでしょう。

他人と競い合わない、自分を認める、自分のルールを見直すことも楽に生きるコツです。

人生では人付き合いもとても重要ですが、合わない人とは無理に付き合わない、被害者意識を持たない、相手に期待し過ぎないことも重要です。

過去の失敗にもとらわれず、前向きに歩んでいくことで楽に生きることができるでしょう。

関連記事