コレナレ!お役立ち情報!
お金

引越しのバイトがきついって本当?大変な点を紹介!

people in the city

数多くあるアルバイトの中でも、特に引越しのバイトはきついといわれることが多いです。大変だからという理由で、両親に引越しのバイトを止められたことのある人もいるのではないでしょうか。

例えアルバイトでも、仕事である以上はどの仕事でもそれなりに大変な部分はあります。それなのになぜ引越しだけきついという話が多く語られているのでしょうか。

今回は、引っ越しのアルバイトがにおけるきつい点や、そのきつさを乗り越えた先で得られるものについて紹介していきます。これから引っ越し屋のバイトを始めようと考えている人は、ぜひ一度目を通してください。

 

引越しのバイトはきつい仕事なのか?

結論から言えば、引っ越しのバイトは一般的な仕事よりもきつい面がいくつかあります。中でもきついといわれる最たる所以は、肉体的、精神的に両面からきつさを味わう事になるという事です。

確かに引っ越しの仕事は重たい荷物を沢山運ばなければいけないため、肉体的な辛さをイメージするのは容易でしょう。ですがそれだけにとどまらず、引越しの仕事は精神的に追い詰められる場面も出てくるのです。

精神と肉体、どちらかが辛い仕事は数あれど、両方に大きな負荷がかかる仕事はそう多くはありません。そのため、引っ越しの仕事は他に比べて大変だといわれる事が多いのです。

では、具体的にどんなつらさがあるのでしょうか。次の見出しで一つずつ紹介していきます。

 

引越しのバイトできつい点(肉体面)

この仕事における肉体面での辛さは、主に以下の点があります。

荷物運び

引越しで運ぶ荷物は冷蔵庫やタンス等、とても一人で軽々持ち運べないものが数多くあります。またそれらを運ぶ際も、狭い階段や通路を慎重に運ぶことになる場合がほとんどです。

そんな作業を何十往復も繰り返さなければならないため、体にはかなりの負担がかかります。荷物を傷つけないため運んでいる最中は力を緩める事も出来ず、休まる間がないことも辛さに拍車をかけています。

作業時間

引越しの仕事は忙しい時期は本当に忙しく、繁忙期には一日何軒も作業を行わなければいけません。そのため一軒あたりの作業時間が決まっており、常に時間に追われながら作業をしなければなりません。

当然お客様の荷物を雑には扱えないので急ぎながらも丁寧な仕事が要求されます。正確に仕事をこなす集中力も必要になるので作業全体での疲労感は他の仕事の比ではないでしょう。

これらのことから、引越しはとても疲れる仕事と言えます。普段運動をしていない人であれば、次の日の筋肉痛は避けて通れないでしょう。

さらにこれに加えて、精神的な負荷も多々あります。それは次の見出しで解説していきます。

 

引越しのバイトできつい点(精神面)

精神面でもつらい場面があるこの仕事、主に以下の場面はメンタルの強さが試されます。

体育会系のノリが多い

上記の通り体力を使う仕事なので、自然と職場には体育会系の人間が多く集まります。すると会社全体のノリも体育会系に近くなるので、苦手な人にとっては本当に居心地の悪いものに感じるかもしれません。

上下関係が厳しいので甘い態度をとっているとすぐに叱責が飛んできますし、作業が遅くなればそれだけ怒鳴られる場面も増えてきます。怒られ慣れていない人には非常につらい職場と言えるでしょう。

作業する家が汚い

作業する家は選ぶ事ができず、時々とても汚い家の引っ越しを依頼されることもあります。汚れ方にもよりますが、精神衛生上よくない環境で作業をすることもあるでしょう。

特に夏場は何かと腐食しやすい季節であり、家の中に悪臭が漂っている事も珍しくありません。ですが引っ越しの仕事である以上淡々と作業を進めなければいけないので、心の強さが試されるといえます。

お客からのクレーム

前述の通り職場の人間から叱られることの多い仕事ですが、一番つらいのは担当したお客からのクレームです。特に新築での引っ越しでは、些細な傷が大きな問題になる事もあります。

クレームの中には、引っ越し業者を下に見て心無い言葉を浴びせてくる人もいます。例えこちらが悪かったとしても、人格を否定されるような言葉を浴びせられるのはとても精神的に参ってしまいます。

このように引越しの仕事は肉体的、精神的にかなりの負担がかかる仕事と言えます。軽い気持ちで働こうと思っていると、思わぬしっぺ返しをくう事になるやもしれません。

 

引越しのバイトをきついと感じやすい人の特徴

特に以下の特徴のある人は、この仕事をとても辛いと感じてしまう可能性があるため、よく考えて応募したほうがいいでしょう。

体力に不安がある人

当然ながら途中でばててしまっては仕事にならないので、体力のない人はこの仕事を避けたほうが賢明です。スポーツ選手レベルの体力が必要とは言いませんが、最低限人並みの体力がないと続けるのは難しいでしょう。

気持ちの切り替えが遅い人

仕事中の叱責は仕方ないですが、いつまでも気にしていては仕事に支障が出てしまいます。叱られてもすぐに気持ちを切り替えて仕事に望めないと、連鎖して何度も怒られてしまい非常につらい思いをするでしょう。

 

引越しバイトはきついだけじゃない!

ここまでで、引っ越しのバイトがいかに大変な仕事なのかを紹介しました。ですが、勿論この仕事はただ辛いだけではありません。続けられれば以下のメリットもあるのです。

体力がつく

力仕事なので、続けていけば確実に体力がつきます。確実に平均以上には体力が鍛えられるはずなので、部活等のために体力がつくアルバイトをしたい人にはうってつけと言えます。

給料が高い

重労働のためか、普通の仕事より時給が高い場合が多いです。日雇いのバイトも多いため、すぐにまとまったお金が必要な人にもおすすめなアルバイトと言えるでしょう。

連帯力を学べる

引越しは全員で協力して行う仕事なので、自分一人だけでなくチーム全体として動くためのいい練習になります。体育会系のノリで協調性も鍛える事ができるので、引っ込み思案な性格の矯正にも効果的です。

総じて肉体と精神の両面で辛いことが多い分、どちらも成長の機会を得られる仕事です。引越しのバイトは大変ですが得るものも多いので、例えば高校生のようにエネルギッシュな人は挑戦する価値があります。

また、今回紹介した内容では女性お断りのような雰囲気を感じるかもしれませんが、実際には梱包などの仕事で活躍する女性スタッフも多いです。引越しのバイトは女性でも出来る仕事なので安心してください。

 

まとめ

引越しのアルバイトは、精神的、肉体的のどちらもきつい思いをする仕事と言えます。荷物を運ぶ重労働や先輩からの叱責、お客からのクレームなど辛い点を挙げればきりがありません。

特に体力に自信が無かったり、怒られると気持ちが沈んで切り替えが上手くできない人にとっては辛い仕事場になるかもしれません。そんな人は別のバイトを探すのも一つの手です。

ただし、引っ越しの仕事を継続できれば体力がついたり、協調性を身につけられたりと言ったメリットもあります。時給も高いので、お金に困っている人にとってもよいアルバイトです。

引越しの仕事が大変な仕事である事には変わりありませんが、その分得られるものも多いのが現状です。また、体力以外は特に必要ない仕事でもあるので、働き始めのハードルも低いといえます。

今回紹介した内容で少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ一度バイトしてみてください。きっとこれからの人生に役立つものが得られることでしょう。

関連記事