コレナレ!お役立ち情報!
生活

缶ジュースは賞味期限が過ぎても飲めるの?

Can

缶ジュースの賞味期限が過ぎると飲めるのかと気になりますが、少し過ぎている分には問題ありません。

賞味期限のことをよく知っておくことで、缶ジュース以外の食品も安全に摂取することができるでしょう。

ここでは、期間を過ぎてもなぜ飲めるのか、賞味期限と消費期限の違い、この期限がどのように決められているのか、期限に近づくことでお得に商品が購入できることについて解説します。

すぐに読める内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

缶ジュースは賞味期限を過ぎても飲めるの?

以前購入した缶ジュースが賞味期限切れをしていて、これはまだ飲めるのかと気になる人もいるでしょう。

この賞味期限の意味は、美味しく飲める期限ということで、期間を過ぎると味は落ちるかもしれませんが飲むことはできます。

缶に入っている食品は密閉されているため、空気の影響を受けにくく品質を保ちやすいです。

賞味期限が少し過ぎた程度なら安心して飲むことができます。

この期間が表記されていても、見方が分からない人もいるかもしれません。

日本製であれば、左から順に年月日が表示されています。表記は国によって違い、英国式では日・月・年、米国式では月・日・年の順で表示されています。

これは缶ジュースだけでなく、食べ物などの缶詰でも同じです。

缶ジュースの賞味期限と消費期限の違いとは

賞味期限とよく似た言葉に消費期限があり、この消費期限とは安全に飲める期間のことです。

賞味期限を過ぎると味に変化があるかもしれませんが、基本的には安全性に問題はありません。

しかし消費期限を過ぎると安全に飲める保証はないので注意をしましょう。

(小見出し③タイトル)

缶ジュースの賞味期限はどのように決められているの?

そもそも、記載されている賞味期限はどのように求められているのかと気になる人もいるでしょう。

この賞味期限は、安全に飲むことができる期間に安全率の0.7をかけて求めます。

60日間が安全に飲める期間の商品があれば、その60日に0.7をかけると42日となり、この42日間が賞味期限となります。

賞味期限は、本来なら60日間なら安全に飲める商品に安全率をかけて求められているため、少し賞味期限を過ぎたとしても安心して飲めるというわけです。

缶に入った食品は日持ちをしますが、何年も賞味期限を過ぎていれば品質が心配です。

ネットでは「賞味期限が過ぎた缶ジュースはいつまで飲めるのか」というような質問に対して、「味を気にしなければ5~10年は大丈夫かもしれない」といったような回答がされていることもあります。

安全に問題がなくても、美味しくないのであれば飲むことすら困難です。食材によっては品質が変わりやすくなることもあるので、1年以上も経過している物は避ける方が良いでしょう。


賞味期限は、缶ジュース以外のペットボトルや紙などの容器で違いはあるの

缶だけでなく、ペットボトルや紙パックも未開封なら空気に触れないので、缶ジュースのように長持ちするのかと思う人もいるかもしれません。

しかし、この容器の違いによって賞味期限も違ってきます。最も賞味期限が長いのが缶で、後は、ペットボトル、紙パックの順です。

糸などを作るときには精練工程で不純物を取り除きますが、缶に使われる金属も精錬技術の向上で純度の高い金属を作ることができるので、腐食することなく長く品質を保つことができます。

しかし、ペットボトルでは少しですが空気を通しますし、紙パックも缶のように密閉ができないために賞味期限も短くなります。

このように、容器で賞味期限に違いがあります。

賞味期限に近い缶ジュースは安く買える

安全に飲むためには、やはり賞味期限が長い商品を購入することが大切なのですが、期限に近づくほどお得な商品となることがあります。

お店では、この期限が近付いても商品が売れない場合には処分する必要があります。

しかし期限前なら味も保障されているため、捨ててしまうのはもったいないです。

そこで、この期限が近づいている商品を値引きして販売するケースも多いです。

お店によっては、他店で捨てるような期限が近づいた商品をタダ同然で仕入れて、訳あり商品として販売しているところもあります。

大量に購入しても期限までに飲み切れないかもしれませんが、飲み切れる量で少しでも安く購入したいと考えている人にはおすすめの商品です。

まとめ

缶ジュースは少し賞味期限が過ぎている程度なら安全に飲むことができます。

缶に入っている商品は数十年でも大丈夫という見解もありますが、安全に美味しく飲んだり食べたりするには、この期間を守る方が良いでしょう。

缶に入った食品は災害時用にとストックしている人も多いですが、この期間をよく確認して入れ替えることも大切です。

この期間をよく確認して保管することで、いつでも安全な食品を食べることができるでしょう。

関連記事